【フィリピン】マニラにあるキアポマーケット、キアポ教会を散策してきた

キアポ教会 正面

先日、キアポマーケットキアポ教会に行ってきました。

キアポマーケットはLRTカリエド駅からキアポ教会の間に広がる大きな市場です。お土産を安く買ったり、美味しいストリートフードを堪能したり、400年の歴史があるキアポ教会を見学したりと、なかなか楽しめるエリアでした。

今回はそんなキアポ地区をたくさんの写真とともにレポートします。

フィリピン旅行記についてはこちらから。


キアポマーケットとは

キアポはサンチャゴ要塞の北側、パシグ川を越えたあたりに広がる地区です。その地区にあるLRTカリエド駅からキアポ教会の間に広がる大きなマーケットがキアポマーケットです。

バクラランマーケットと同様、庶民の台所的な存在ですが、こちらの方がお店が密集しているイメージ。そして食品、洋服、生活用品、アクセサリー、バッグ、宗教関連グッズなどあらゆるものが売っています。

キアポ教会 見学レポート

まずはキアポ教会から。こちらはスペイン統治時代の1582年に宣教師によって建てられたローマカトリックの教会。ここにある「ブラックナザレ」と呼ばれる黒いキリスト像が有名で、像の足に触れると願いが叶うと言われています。

教会正面から。
キアポ教会 正面
夜はライトアップされより一層、厳粛な雰囲気に。
キアポ教会 夜
さっそく正面エントランスから入場してみましょう。
キアポ教会 正面
エントランスを入ったところ。教会はどこも入場無料。サン・アグスチン教会は博物館が有料なだけ。
キアポ教会 入り口
黒いキリスト像。みんな足を触れながら祈っています。
キアポ教会 ブラックナザレ
聖堂に入ると呪文のような言葉が大音量で流れていました。人々はそれを聞いて祈っています。
キアポ教会 聖堂
にしても聖堂内は広い。見渡す限り人、人、人。ここがカトリック教国だと実感できますね。
キアポ教会 聖堂 横
聖堂の中にも像があります。
キアポ教会 マリア様
ちなみに聖堂の横からも入場できます。
キアポ教会 聖堂 横 入り口

キアポマーケット 散策レポート

教会をあとにし、キアポ教会前に広がっているキアポマーケットへ。ここにはあらゆる生活用品が売っています。
キアポマーケット
野菜。日本では見たことない野菜もチラホラ。
キアポマーケット 野菜
果物。買うふりをしたら試食できました(笑)
キアポマーケット 果物
大量のバナナ。
キアポマーケット バナナ
衣類、靴などの生活用品が売っているエリア。
キアポマーケット
通路が狭く店舗が密集しているエリア。
【フィリピン】マニラにあるキアポマーケット、キアポ教会周辺を散策してきた
ここには1972年創業のフィリピン初のSMデパートがあります。路上の店よりは少しお値段高め。
キアポマーケットSM Quiapo
地下街もあり、携帯電話のコピーや衣類などが売っていました。天井が低いので圧迫感がある(笑)
キアポマーケット 地下街
地下街を歩いていると人だかりが。近づいて見ると調理器具の実演販売。地下にもいろんな生業の人がいますね。怪しげな占い師もいました。
キアポマーケット 調理器具 実演販売
屋台もたくさんあります。こちらは「トゥロン」というバナナを春巻きにして脂で揚げたもの。
キアポマーケット トゥロン
こちらでは「マイス」と呼ばれている茹でとうもろこしはよく見るのですが、焼きとうもろこしは珍しい。
キアポマーケット マイス
「フィッシュボール」という魚の練りもの。
キアポマーケット フィッシュボール
甘いソースにつけて食べます。
キアポマーケット フィッシュボール ソース
キアポマーケットをしばらく歩いていると1894年に創設された歴史ある建物「ドン・ローマン・サントス・ビル」がありました。現在はバンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランド(BPI)の支店になっています。
ドン・ローマン・サントス・ビル
ビルの前には、1952年から1962年までマニラ市長をしていたArsenio Lacson(アルセニオ・ラクソン)の像がある「ラクソン広場」があります。
キアポマーケット ラクソン広場

本日のお役立ち

いかがでしたでしょうか?

ちなみにキアポマーケット周辺はちょっと治安が悪いです。2017年5月にはテロも起きています。友達のフィリピン人に行ったことを話したら、「なんでそんな危険な場所に行ったの!」と怒られてしまいました。

地元の人も危険と言っているくらいなので、かなり用心して行った方がいいかもしれません。

またスリも多いので、バックは必ず前にくるように背負い、高額なお金やアクセサリーなどの貴重品は持って行かないようにしましょう。

●訪問した名所の情報
名称:Quiapo Church(キアポ教会)
住所:363 Quezon Blvd, Quiapo, Manila, 1001 Metro Manila
電話番号:+63-2-733-4945
営業時間:不定期
定休日:無休
行き方:LRT1号線のカリエド(Carriedo)駅から徒歩10分。


フィリピン旅行記まとめ
フィリピンポーカー旅行記1日目「成田からマニラへ移動編」
フィリピンポーカー旅行記2日目「スラムツアー参加からのカジノ編」
フィリピンポーカー旅行記3日目「やることないのでショットガンを撃ってきた編」
フィリピンポーカー旅行記4日目「マニラからボラカイ島への行き方編」
フィリピンポーカー旅行記5日目「ボラカイ島アイランドホッピング編」
フィリピンポーカー旅行記6日目「ボラカイ島いろんなアクティビティに挑戦編」
フィリピンポーカー旅行記7日目「アンへレスでポーカー編」
フィリピンポーカー旅行記8日目「海外初のポーカー惨敗編」
フィリピン マニラのポーカールーム情報
フィリピン旅行でのお役立ち情報と注意点まとめ
フィリピン・ボラカイ島で圧倒的オススメのレストラン5選
フィリピンで大人気!「INASAL(イナサル)」のバーベキューチキンを食べてみた!
フィリピン最大の海洋水族館マニラ・オーシャンパークに行ってきた!
フィリピンにベネチア出現!? ベニスグランドキャナルモールに行ってきた!
1日で周れるマニラの絶対行くべき3大教会
世界遺産サン・アグスチン教会はマニラNO1の観光スポットだった
マニラにあるキアポマーケット、キアポ教会を散策してきた
イントラムロスのシンボル「マニラ大聖堂」に行ってきた
パサイにあるシーサイドマーケットDampa(ダンパ)に行ってきた
どこよりも詳しいマニラからパグサンハンへの行き方の説明
パグサンハン川急流下りを体験しに日帰り旅行に行ってきた



●フィリピン旅行するならこの一冊で十分です

地球の歩き方編集室, ダイヤモンド・ビッグ社
この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 また広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。» 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています





●こちらも合わせてどうぞ