韓国ひとりポーカー旅行記 1日目「海外ポーカーデビュー編」

韓国ポーカーひとり旅 1日目「海外ポーカーデビュー編」

2016年11月初旬のとある日の深夜、ソウルの凍えるような寒さとは裏腹に暖房が効きすぎているカジノのポーカールームに私はいた。幾度となく繰り返されるマネープレッシャーを乗り越え、私はリバーでスタックの半分をベット。

(ここが山場だ・・・)心の中でそう思った。
そして相手は30秒ほど考え、「オールイン」と小さな声で言った・・・・。

私がポーカーを始めたキッカケはこちらから。
関連記事:【賞金18億】私がポーカー(テキサスホールデム)を始めた理由7選

韓国ポーカーひとり旅のキッカケ

今回、韓国のソウルへ2泊3日のポーカーひとり旅に行ってきた。

ひとり旅をするキッカケとなったのは、この旅行から1ヶ月後の12月に友人のポーカー仲間とマカオへのポーカー遠征が決まったからだ。

なぜ韓国に行くかというと、マカオは他の国に比べ最低レートが高めに設定してある。そのため海外カジノデビューがマカオでは、レートの高さにビビっていつも通りのプレイができない懸念点があった。それに比べ韓国はレートが安い。なので、まずはレートの安い韓国でカジノデビューしてカジノという空気に慣れておこうという魂胆があったのだ。

羽田空港〜金浦空港間を利用し、最短距離の移動で時間節約

羽田空港からはアシアナ航空を使った。理由は羽田空港〜金浦空港と東京都内からソウル市街地までの最短距離を結んでいるからだ。
アシアナ航空

チケット代が安いLCCを使うと、「都内から遠い成田空港」と「ソウル市街地から遠い仁川空港」を結んでいるのでどうしても時間ロスがでてくる。短い旅行期間なので時間ロスはなるべく避けたい。なので今回は限られた時間内に目いっぱいポーカーと観光をしっかり楽しみたかったので少し値のはるレガシーキャリアのアシアナ航空を利用した。

地下鉄でホテルまで

ソウルの金浦空港に定刻通りに着き、金浦空港駅の改札前にあるコンビニでT-moneyを購入。T-moneyは日本のSuicaやICOCAのようなものだが、現金で買うより100wほどお得に乗れる。またチャージも駅の券売機が日本語対応しているので、Suica並に簡単にチャージできる。

地下鉄で予約したホテルがある新沙駅を目指す。
ソウル地下鉄

地下鉄の乗り換えはSUBWAY KOREAというアプリを使うと便利。取説なしでも感覚で使えるように設計されていて優れモノすぎ! 日本でもこういったアプリ欲しいな〜。

地下鉄の注意点としては、日本語の車内アナウンスが流れたり流れなかったり駅の看板表記がハングル文字だけだったりするので、降りる駅のハングル文字の形を覚えるか、現在は何駅目か数えるようにして目的の駅でちゃんと降りよう。私は一度、乗り過ごしました。。

関連記事:韓国旅行で超便利な地下鉄乗換アプリSUBWAY KOREAの使い方

広蔵市場のユッケ屋で腹ごしらえ

ホテルに着いたのは夕方16時くらい。お腹が減ってたけど、そのままカジノに行こうか悩んだ。というのも韓国のカジノではプレイヤーに無料でご飯が提供されているとネットの情報で知っていたからだ。

だけどせっかく韓国に来たんだし、日本で食べれない料理を食べようと思い、目星をつけていたユッケ専門店がある広蔵市場(カンジャン市場)へ。

地下鉄の鍾路5街(チョンノオーガ)駅を降りてすぐに広蔵市場がある。
市場に一歩足を踏みいれたら、そこはTHE韓国!! 日本にはない独特な韓国の市場の熱気を感じることができる。
広蔵市場

人・人・人の中をかき分け、おそらくユッケ専門店で一番有名なお店「チャメチッ」に着く。日本のメディアにも紹介されたこともあるので、日本人にも人気のお店だ。ちなみに3号店まであり、1号店が本店らしく一番人気で行列ができていたので、私は3号店に案内してもらった。

さっそくユッケ、生レバー、センマイをオーダー。こちらが日本では幻となったユッケと生レバーだ。
チャメチッのユッケ

超美味しい!!

来てよかったと思えた。ただね、1人で来ているお客さんが私だけだったのでちょっと恥ずかしかった。。 周りは団体客ばかりで、私の隣席にいたっては大学生っぽいカップルだったので、近年稀に見る爆速食いでそそくさと店をでた(笑)

そして量が多すぎる! 最後苦しくなったので、センマイは少し残してしまった。2名からだね、このお店は。

いよいよ海外ポーカーデビュー!

そのあとはいよいよカジノだ。地下鉄2号線江辺駅まで行き、そこからホテルの無料シャトルバスに乗れば10分ほどでパラダイスカジノ・ウォーカーヒルに着く。

シャトルバス乗り場は駅の近くにあった。わからなければ駅員に聞こう。目印はこの看板。夜はわかりにくいので注意。
ウォーカヒルホテルシャトルバス乗り場

シェラトングランデウォーカーヒルの入り口付近にバスは止まる。写真の奥に見えるネオンがカジノの入り口だ。
ホテル

カジノの入り口まで来るとテンションUP!
パラダイスカジノ入り口

カジノ内はものすごく広くもなく狭くもなく適度な広さだ。
パラダイスカジノ内部

カジノでポーカーをプレイするには、まずポーカールームというポーカー専用の部屋に行かなければならない。そのポーカールームがカジノの隅っこにあって分かりづらかった。フロアスタッフに聞いてようやく着いた。

ポーカールームに着くとカウンターがあるので、最低ステークスのW1,000-W2,000NLHのテーブルが空いてるか聞く。すぐ座れるシートがあったので、とりあえずW300,000分(日本円で約30,000円)のチップを購入してシートに案内してもらった。

ちなみにネット情報によれば、パラダイスカジノではW1,000-W2,000であれば、ほとんど常に卓が立っていて、W2,000-W5,000だと希望者が何人かいれば卓が立つと書いてあった。カジノ側からしたらより高レートの方がポットが膨らみやすくレーキが取れるので、滞在期間中、W2,000-W5,000はどう?と何回か勧められた。

いよいよ海外デビュー! 案内されたテーブルの面々はみんな強そう!
パラダイスカジノ ポーカールーム

場に慣れるまでタイトに打とうと思っていたので、いいハンドのときだけプレイしていたが、なぜかチップを半分まで減らす。ちょっと打って原因に気づいた。

まずプリフロ時のレイズ額が平均より高い。だいたい2.5BB〜4BBくらいなんだけど、みんな普通に5BB以上打ってくる。ステークスが安すぎてポットを膨らませようとしているのが目的だと思う。

その次にポストフロップでのマネープレッシャーが激しい。ステークスが低いので全員の平均BBが300BBのディープスタックなので、こいつカード持ってなさそうと思ったら平気でオーバーポットのベットやレイズをしてくる。する人しない人に分かれるけど。

何周かして、だいたいテーブルの特徴は理解できた。正直プレイヤーレベルは高くない。普通に強いハンドのとき、強い役のときだけ参加すれば勝てるはず。なので忍耐のポーカーをした。そのおかげで、3wayのオールイン対決に勝つなどして初日は+70000円くらい勝った。

こんだけ勝てたのは私の右に明らかに金を撒き散らすだけのfish (カモ)がいたから。びっくりしたのがターン時に相手のAAオールインにそのfishがコールして開いた手札が5のサードヒット・・・・もちろんドローもなしw 2人ともスタック結構あるのに。

相手は、よし!って顔してたw
おい、fish殺すなよ!って心の中でさけんでしまったw

しかしリバーで非情の5が落ち、fishが「よっしゃー」っぽい言葉を絶叫!! 

なんで5のワンペアでコールしたのかでみんな騒然となっている横で、さっきまでドヤ顔してたお兄ちゃんは落胆しすぎて顔面蒼白。。明らかにFishプレイしてた相手をようやく捕まえて約96%の勝率で金をぶんどれると思った矢先、リバーでアウツ2枚を引かれて逆にぶんどられた心中は同じポーカープレイヤーなら痛いほどわかります。

That’s poker.

久々にポーカーの怖さを身にしみたが、それと同時にfishが生き残ってくれて内心嬉しかったw もちろん、そのfishはみんなに食い散らかされて何周かして消えた。

ちなみに途中から自分のいるテーブルがW2,000-W5,000になった。フロアースタッフになにか同意を求められるように声かけられたのはこのことか。自分の語学力のなさを痛感した(笑)

まーラッキーもあったけど初日勝ててよかったです! 帰りに、お祝いもかねて6,000円もするカンジャンケジャンを食べすぎて気持ち悪くなるw
カンジャンケジャン

本日のお役立ち

韓国は近くて遠い国と言われるけど、現在はスマホ1台あれば、ほとんど不自由なく生活できました。

よく使ったアプリは、SUBWAYという地下鉄乗り換えアプリ、Google Map、Google翻訳です。Google翻訳の精度はちょっと低いですが、画像の文字を日本語化してくれる機能は駅や飲食店ですごく使えました。

今後、海外で役立つアプリについても書いていこうと思います。

●訪問した店舗の情報
店名:チャメチッ3号店
住所:ソウル特別市 鍾路区 鍾路5街 138-7(서울특별시 종로구 종로5가 138-7)
電話番号:02-2272-3036
営業時間:10:00~22:50
定休日:第1・3月曜、1月1日・旧正月・秋夕(チュソク)の連休
行き方:地下鉄1号線鍾路5街(チョンノオーガ)駅 8番出口 徒歩3分

●訪問したカジノの情報
店名:パラダイスカジノ・ウォーカーヒル
住所:ソウル特別市 広津区 広壮洞 山21, シェラトングランデウォーカーヒル B1F
(서울특별시 광진구 광장동 산21, 쉐라톤그랜드워커힐 B1F)
電話番号:02-450-4823
営業時間:24時間
定休日:年中無休
行き方:
・地下鉄5号線クァンナル(クァンナル)駅 無料シャトルバスまたはタクシーで約5分
・地下鉄2号線江辺(カンビョン)駅 無料シャトルバスまたはタクシーで約10分

●訪問した店舗の情報
店名:プロカンジャンケジャン 新沙本店
住所:ソウル特別市 瑞草区 蚕院洞 27-1, プロビル 1~5F
(서울특별시 서초구 잠원동 27-1, 프로빌딩 1~5F)
電話番号:02-543-4126
営業時間:24時間
定休日:年中無休
行き方:地下鉄3号線新沙(シンサ)駅 4番出口 徒歩3分



【2016年11月】韓国ポーカー旅行記の続きはこちらから
関連記事:韓国ひとりポーカー旅行記 2日目「初めての敗北編」

関連記事:韓国ひとりポーカー旅行記 3日目「南大門市場と明洞観光編」

関連記事:韓国ソウル旅行でのお役立ち情報と注意点まとめ

【2016年12月】マカオポーカー旅行記はこちらから
関連記事:マカオポーカー旅行記1日目「いろんなホテルへカジノホッピング編」

【2017年1月〜2月】フィリピンポーカー旅行記はこちらから
関連記事:フィリピンポーカー旅行記1日目「成田からマニラへ移動編」

韓国ポーカーひとり旅 1日目「海外ポーカーデビュー編」

コメントを残す