【食レポ】フィリピンで大人気!「INASAL(イナサル)」のバーベキューチキンを食べてみた!

【食レポ】フィリピンで大人気!INASAL(イナサル)でバーベキューチキンを食べよう

今回はフィリピンで大人気のローカルフードチェーンの「マン・イナサル(Mang INASAL)」をご紹介します。

イナサルと言えば、でかいバーベキューチキンにライス食べ放題が代名詞。お腹が満腹になり、かつめちゃくちゃ安いのでフィリピーノに大人気のお店です。

前回、フィリピン旅行の際にイナサルにも訪問したのでレポートします!

マン・イナサルとは?

INASAL(イナサル)
マン・イナサルとはフィリピンで460店舗(2014年3月)を展開しているバーベキューチキンの大型チェーン店です。ちなみにイナサルは、フィリピン国内でNO1チェーンのジョリビー(Jollibee)の親会社でもあります。

人気の秘密は、炭火で焼いたチキン、ライスの食べ放題を低価格で提供している点でしょう。こういった理由からイナサルは多くのフィリピン人の心を鷲掴みにしているローカルフードチェーン店です。

ちなみにMangはタガログ語で「Mr.」という意味で、INASALは「ローストグリル」という意味です。

店内の様子

私はマニラのペドロギル通りにあるイナサルに訪問しました。マニラの雑踏の中にありました。
INASAL(イナサル) ペドロギル
駐車場付きのエントランス。
【食レポ】フィリピンで大人気!INASAL(イナサル)でバーベキューチキンを食べよう
カウンター。ここで注文します。マクドナルドなどのファーストフード店と同じ方式。
INASAL(イナサル) カウンター
調理場。機械でローストしてるんですね。
INASAL(イナサル) 調理場
店内はファーストフード店と同じ作り。
INASAL(イナサル) 店内
私が訪問したペドロギル店は2階もあり、広めの作り。
INASAL(イナサル) ペドロギル 2階 店内
フィリピンのトイレは便座なしがデフォルト。ちょっと腰を浮かして用をたします。
INASAL(イナサル) トイレ
あとイナサルではチキンを手で持って食べる人が多いので、各フロアに手洗い場があります。
INASAL(イナサル) 手洗い場

イナサルでの注文方法

入り口入ってすぐのカウンターでオーダーします。今回、私がオーダーしたのはボリューム感たっぷりの「PABORITO MEALS 2」。

あとお約束の5ペソほどプラスして「UNLI RICE(アンリミテッド ライス)」、つまりライスのおかわり自由を選びました。
INASAL(イナサル) カウンター
会計をしてあと番号札をもらいます。
INASAL(イナサル) 番号札
カウンター横でフォークとスプーンを取ります。ちなみにナイフはありません。

番号札をテーブルに指し、テーブルに届くまで10分ほど待ちます。
INASAL(イナサル) 番号札 テーブル

バーベキューキチンの食べ方

10分ほどで今回オーダーした「PABORITO MEALS 2」がテーブルに到着。友人も同じものを頼んだけど、形がまったく違うのがフィリピンらしい。
INASAL(イナサル) PABORITO MEALS 2
友人のチキン。
INASAL(イナサル) PABORITO MEALS 2
一緒にカラマンシーも付いてくる。これはフィリピンで人気の柑橘類。
INASAL(イナサル) カラマンシー
テーブルの上には、ソイソース、BBQソース、ビネガーソースがあり、カラマンシーを絞った皿に好みのソースを入れ、そこにチキンを付けて食べます。今回はソイソースをチョイス。
INASAL(イナサル) ソイソース、BBQソース、ビネガーソース
食べ方はスプーンとフォークを使って、チキンを器用に切り分けて食べます。ナイフがないのと、骨があるので切り分けにくいけど、フィリピン人はスプーンとフォークがデフォルトスタイルなので、彼らは器用に切り分けて食べています。

最後、身が少なくなってきたらチキンを手に持ってむしゃぶりつくのがフィリピンスタイル。

またライスのお替わりが欲しい場合は、ライスがたっぷり詰まったバケツを持ったスタッフ呼んで、おかわりをもらいます。
INASAL(イナサル) おかわり
かなりワイルド(笑)
INASAL(イナサル) おかわり
その際に希望があれば、シニガーというフィリピンの酸っぱいスープも無料で貰えます。
INASAL(イナサル) シニガー

イナサルの食レポ

いざ、実食。

食べてみて、まったく予想と違う味でした。フィリピン特有の甘ったるいタレがかかった照り焼き味のチキンかなっと思っていたのですが、全然違いました。

外側が乾燥したチキン。食べてみるとチキンにほのかな甘い味がします。おそらくチキンにタレをかけて炭火でじっくり焼いているんだと思いました。

そのまま食べてもうまいけど、カラマンシーとソイソースのMIXソースにチキンを付けて食べるとチキンの甘さとソースの辛さが合わさってライスが進む進む(笑)

チキンも大きくて、結局、私は3杯ライスをおかわりしました!

だいたい日本円でコーラもあわせて300円いかないくらいの値段なので、全然ありではないでしょうか。特に留学生などお金を節約している学生さんには強い味方になると思います。

ぜひフィリピンに行った際は訪問されることをオススメします!

本日のお役立ち

ちなみにイナサルという名前でも、「MESA INASAL」など「Mang INASAL」とまったく関係ないお店もありました。だけどINASALがローストグリルという意味なのでメニュー内容は似ています。

私は「MESA INASAL」の方が好きな味です。
MESA INASAL

●訪問した店舗の情報
店名:Mang INASAL Paco Manila店
住所:1226-1228 Pedro Gil St., Paco, Manila
電話番号:不明
営業時間:8:00〜23:00
定休日:不定休
行き方:LRT1のペドロギル駅からタクシー、ジプニー、トライシクルで5分。
その他:大人気のバーベキューチキンの店。

他のフィリピン旅行記はこちらから
関連記事:フィリピン旅行記

食べ歩きに関する他の記事はこちらから
関連記事:食べ歩き

【食レポ】フィリピンで大人気!INASAL(イナサル)でバーベキューチキンを食べよう

コメントを残す