フィリピンポーカー旅行記5日目「ボラカイ島アイランドホッピング編」

フィリピンポーカー旅行記5日目「ボラカイ島アイランドホッピング編」

フィリピン旅行1日目を読んでいない方はこちらから。


フィリピンポーカー旅行5日目、起床したのは朝7:00。
前日寝るのが遅すぎてやや眠い。

本日は前日の夜に申し込みをしたアイランドホッピングツアーに参加してきます。

バルコニーから見たヘナン・ガーデン・リゾート。
ヘナン・ガーデン・リゾート ボラカイ

アイランドッホッピングツアーのLet's go!

集合場所へ行くためにホワイトビーチに出てみると夜と全然違う姿が!
真っ白なビーチが広がっています!
ボラカイ島 昼のホワイトビーチ
海がきれい・・・。
ボラカイ島 昼のホワイトビーチ
AM9:00に集合してバンカーボートに乗り込みます。今回のボートはこちら。
ボラカイ島 バンカーボート
参加者は20人ほどかな。結構多い。
バンカーボート内部
乗船してから気づいたことが。。

水、買うの忘れた・・・(涙)

酷暑の中なのに3人とも水のことを忘れてしまいました。帰るのは16時。それまでどうしようか〜と3人で話し合っていたら出発してすぐに喉がかわいてきた(笑)

もう綺麗な海どころではない。考えたら考えるだけ喉がかわいてくる。ホテルにはいっぱいあるのに(涙)

話し合いの結果、ランチまで耐えるしかないと覚悟を決めた矢先、はるか遠くに1艇のボートが・・・。それも近寄って来る。

それもヤシの実を大量に積んでいる。。

で、ヤシの実売りのおじさんが私たちのバンカーボートのアウトリガー(船体の両端についているアメンボの足みたいなもの)をつかんだ! もちろん私はお金出してスタンバイ! もういくらでも買う!(笑)

その瞬間、バンカーボートが謎の猛ダッシュ(笑)

あ〜〜〜俺のヤシの実(涙)

だがしかし! 客を逃がすものかとヤシの実おじさんが必死に漕いでくれて、なんとか3つ購入できました!

いくらでも買うと言ってたくせに1つ500ペソと高すぎたため、250ペソまで値引きしました(笑)
ボラカイ島 ヤシの実
ヤシの実はあまり好きじゃないけど、この時ばかりは生命の水がごとく大切に飲みました(笑)

そうこうしている内にシュノーケリングポイントに。30分くらいシュノーケリング

だけどあまり魚いない。石垣島、宮古島の方が断然いいと思いました。
ボラカイ島 アイランドホッピング シュノーケリング
次に行く予定だったプカシェルビーチは波が高くて上陸できないとのこと。そのままランチ場所のとある島へ。島名聞いたけど忘れました。

プカシェルビーチを遠目から。
ボラカイ島 プカシェルビーチ
島に近づくと地元の子供たちがバンカーボートまで泳いできて、アウトトリガーの上で器用に踊りだした。
フィリピン バンカーボート 子供
だいたい予想はついたけど・・・ダンス後、乗客にチップくれ攻撃(笑)
ここがフィリピンだと当たり前の光景です(笑)

島に上陸。
ボラカイ島 アイランドホッピング
ランチ場所へ。
ボラカイ島 アイランドホッピング ランチ
ランチはフィリピン料理のビュッフェ。味は可もなく不可もなく。写真は撮らず。
ボラカイ島 アイランドホッピング ランチ
ランチ後、飛び込みができるマジックアイランドへ。入島税が1人150ペソかかります。
ボラカイ島 アイランドホッピング マジックアイランド
マジックアイランドといえばクリフダイブ。3m、5m、7m、9m、10mがあり、好きな高さから飛ぶことができます。アリエルズポイントには15mがあるんですが(汗)
フィリピンポーカー旅行記5日目「ボラカイ島アイランドホッピング編」
一番上が10m。
マジックアイランド クリフダイブ
10mの飛び込み台。なかなか、みんなすぐには飛び込みません。
マジックアイランド クリフダイブ 10m
私は5mからスタートして、最後に10mを飛びました。この日は波が高かったので飛び込みより、飛び込んだあと地上にあがるためのハシゴまで泳ぐのが大変でした(笑)

その後、クリスタルケーブへ。ここでは入島税が1人200ペソかかります。この島のウリは“青の洞窟”とも言われている洞窟です。
ボラカイ島 クリスタルケーブ 入り口
完全に観光地化されている島です。
ボラカイ島 クリスタルケーブ 看板
まずは島内を歩いて観光。展望台。
ボラカイ島 クリスタルケーブ 展望台
展望台から。結構いい眺め。
ボラカイ島 クリスタルケーブ 展望台
記念撮影できるポイント。
ボラカイ島 クリスタルケーブ 看板
島内に洞窟は2つあります。相方のトイレが長かったおかげで1つしか行けなかったが。

下記の穴から階段で下に降りる。
ボラカイ島 クリスタルケーブ ケーブ1
階段はらせん状。
ボラカイ島 クリスタルケーブ 階段
中は本当に洞窟。波がかかるので居心地のいい場所ではない(笑)
ボラカイ島 クリスタルケーブ 洞窟内
その後、16時頃にホワイトビーチに戻ってきて終了。

ディナーはオシャレに浜辺のオープンテラスで

ツアー後、一度ホテルに帰り、シャワーを浴びてディナーへ。

ディナーのお店はイタリアンの人気店、aria
ボラカイ島 Aria メニュー
浜辺の席はものすごくムードがあり、オシャレ!
ボラカイ島 Aria 浜辺の席
ま〜言わなくてもわかりますが、こういうお店は恋人と来たら間違いなく楽しいと思います(笑)

明日のアクティビティの申し込み

ディナー後、明日のアクティビティ探し。

いつも通り、キャッチに捕まる。
ヘリコプターに乗る予定にしていたけど、5,000ペソで高い。日本円で考えたら十分安いんだけどね(笑)

なので他のメニューも見てみる。
ボラカイ島 アクティビティ
どうやらいくつか組み合わせも可能らしい。

てことで、パラセーリング、スキューバダイビング、ATV、ジップライン、ケーブルカー、セーリングボートを欲張りチョイス!!
料金は交渉して3人で4,200ペソ。日本円で1人あたり約3,000円ちょっと。激安〜!

てか1日でこんなにできるのかな。できたとしても旅行5日目で疲れてるから体力がもつか心配(笑)

その後、夜食のパンを食べてから帰って寝ました。
フィリピン パン
パンは日本円で20〜50円くらいで買えます。すべてあま〜い菓子パンしかありませんが。

本日のお役立ち

私たちみないなヘマはしないと思いますが、アイランドホッピングツアーはミネラルウォーター必須です!
あとは500〜1,000ペソくらい持っていけばなんとかなります。

ボラカイ島はフィリピンにも関わらず、物価が高いのでariaのようなオシャレで小綺麗なレストランに関しては、ほとんど日本と料金が変わらないです。

まーカップルだと必ず行くとは思いますが(笑)

●訪問した店舗の情報
店名:アリア・クチーナ・イタリアーナ(aria cucina italiana)
住所:Beachfront, D'mall of Boracay, Boracay Island, Malay Aklan
電話番号:+63-36-288-6223
営業時間:AM11:00〜AM0:00
定休日:不明
行き方:トライシクルでステーション1まで。
その他:店内と浜辺の席が選べるイタリアンのお店。



以下では私が初心者のときから世界で勝負するまでに読んで役に立った本を厳選してご紹介しています。世界で勝負したい方にとっては必読書もあるので合わせてどうぞ。

   
フィリピン旅行記まとめ
フィリピンポーカー旅行記1日目「成田からマニラへ移動編」
フィリピンポーカー旅行記2日目「スラムツアー参加からのカジノ編」
フィリピンポーカー旅行記3日目「やることないのでショットガンを撃ってきた編」
フィリピンポーカー旅行記4日目「マニラからボラカイ島への行き方編」
フィリピンポーカー旅行記5日目「ボラカイ島アイランドホッピング編」
フィリピンポーカー旅行記6日目「ボラカイ島いろんなアクティビティに挑戦編」
フィリピンポーカー旅行記7日目「アンへレスでポーカー編」
フィリピンポーカー旅行記8日目「海外初のポーカー惨敗編」
フィリピン マニラのポーカールーム情報
フィリピン旅行でのお役立ち情報と注意点まとめ
フィリピン・ボラカイ島で圧倒的オススメのレストラン5選
フィリピンで大人気!「INASAL(イナサル)」のバーベキューチキンを食べてみた!
フィリピン最大の海洋水族館マニラ・オーシャンパークに行ってきた!
フィリピンにベネチア出現!? ベニスグランドキャナルモールに行ってきた!
1日で周れるマニラの絶対行くべき3大教会
世界遺産サン・アグスチン教会はマニラNO1の観光スポットだった
マニラにあるキアポマーケット、キアポ教会を散策してきた
イントラムロスのシンボル「マニラ大聖堂」に行ってきた
パサイにあるシーサイドマーケットDampa(ダンパ)に行ってきた
どこよりも詳しいマニラからパグサンハンへの行き方の説明
パグサンハン川急流下りを体験しに日帰り旅行に行ってきた


この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 また広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。» 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています





●こちらも合わせてどうぞ