【1年体験談】初心者がオンライン英会話で実感できた効果的な使い方

初心者がオンライン英会話を1年続けて実感できた効果的な使い方

ここ10年でオンライン英会話業界が飛躍的に成長しました。そして今や国内には100社を超える英会話スクール業者があります。

しかし、
「オンライン英会話って本当に効果があるの?」
「友達が3ヶ月続けてみたけど成果がなかったって言ってるんだけど...」

というような疑問を抱えてる人も多いはず。

ですので今回は、初心者がオンライン英会話を1年続けて実感できた効果と、成果が出る使い方について詳しくご説明します。

結構詳しく書いたので、この記事さえ読めば、以下のことがわかります。

英語初心者からオンライン英会話を始めた場合のリアルな体験談
オンライン英会話の効果的な使い方
英語が身につく人・つかない人の特徴

それでは一つ一つ見ていきましょう!

【期間別】初心者がオンライン英会話を1年続けて実感できた効果

今回はE.T.web編集部のTくんがオンライン英会話でトップクラスの人気を誇るDMM英会話のスタンダードプラン(毎日1レッスン)で1年学習した体験談をご紹介します。

ちなみに1年前のTくんの英語力は、高校を卒業してから12年間まったく英語に触れてなく、海外旅行もしたことがないという超絶初心者レベル。はたして初心者のTくんが1年でどのくらい英語力を伸ばしたのでしょうか。見ていきましょう。
※体験談はすべてTくんの代筆です

開始1週間で実感できた効果
はじめの1週間が過ぎました。もちろん1週間では成長は期待していなかったのですが、かすかな進歩はありました。1週間でなんとか何も見ずに自己紹介ができるようになりました笑

はじめの2〜3日は自己紹介さえもできずに悪戦苦闘していたのですが、オンライン英会話大手のレアジョブが監修してる以下のフレーズ集を読みながら自己紹介文を作りました。

黒坂 真由子, カリン・シールズ(著), 株式会社レアジョブ(監修)

こちらの本、自己紹介以外にもオンライン英会話でよく使われているフレーズを網羅しているので手元にあると役立ちました。

1週間後の成果
自己紹介ができるようになった!

開始1ヶ月で実感できた効果
ようやく1ヶ月が過ぎました。毎日1レッスン受けてると早く感じるものです。ではでは1ヶ月目の成果をお話します。

1ヶ月目にDMM英会話で使用していた教材は、DMM英会話オリジナル教材の『Grammar 文法』と『Conversation 会話』の2つ。これを半々くらいでやっていました。なぜこれをやり始めたかというと、まずは文法を知らないと文章を組み立てられないからです。

日本人が日本語を話すときは文法は必要ありません。なぜなら物心がついたときから言葉を“音”で覚えてるからです。しかし大人の脳は新しい言語を学ぶとき、子供のように“音”で覚えられません。

なので新言語を勉強するとき、一番はじめにすることは文法の学習なんです。ということで、この1ヶ月は中学レベルの英文法を徹底的に復習しました。使用していた英文法の参考書はこちら。

E.T.webや各種英語サイトでもおすすめのベストセラー英文法本です。ほんと宇宙一わかりやすい。中学校のときに読みたかった...。
Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル

1ヶ月後の成果
中学レベルの文法が理解できるようになった!

開始3ヶ月で実感できた効果
3ヶ月が経ちました。ここまでくると講師がなにを言ってるのか、だいぶん聞き取れるようになりました。もちろんゆっくり話してもらった場合のみです。長いセンテンスを通常スピードでガーと話されるとまだまだ理解できませんでした。

スピーキングに関しては簡単な受け答えができるようになりました。短い文章ですが意思はちゃんと伝わってる気がしました。またレッスンで学んだフレーズを応用して、簡単なセンテンスを作れるようになりました。

【応用例】
Can you teach me this pronunciation?
(この発音を教えてもらえますか?)

If I go to the Philippines, can you guide me?
(もしフィリピンに行ったら、ガイドしてくれますか?)

すいません、ただのナンパですね(笑)
でもこんな感じで文章を作る喜びを感じるのも3ヶ月目です。なのでオンライン英会話で“自分の英語を話せる”という効果が出るまで最低3ヶ月は必要ですね。

あと2〜3ヶ月目は発音やアクセントの学習もしていました。発音も外国人講師に教えてもらおうと思ったのですが、実際に教えてもらうと細かなニュアンスが分かりづらかったので以下の本で学習しました。そもそも彼らは自然に発音できるので細かなアクセントのニュアンスを教えるのは不向きだと思います。

発音系では有名な『英語耳』という本も買ったのですが、そちらより細かなニュアンスがわかりやすかったです。
英語耳 オドロキモモノキ英語発音

3ヶ月後の成果
簡単な文章の聞き取りや会話ができるようになった!

開始6ヶ月で実感できた効果
6ヶ月が経ちました。長かったようで過ぎてしまえば短かったようにも思えます。

オリジナル教材は、文法は『Conversation 会話』のIntermediate(中級)レベル、『Grammar 文法』のAdvance(上級)レベルまで進みました。

この頃になるとリスニングとスピーキングがさらに強化されました。緊張もしなくなってるので、ややゆっくりめで話してもらえると長文でも理解できるようになりました。フリートークでも題材さえあれば、会話が成り立ちました。

また6ヶ月目には初の海外旅行でオーストラリアに行きましたが、ホテルや空港で使う旅行英会話レベルは問題ありませんでした。

ここまでくるともう文法は問題ないので語彙力(単語力)が必要になってきます。単語についてはいかの単語帳で学習しました。

アルク英語出版(著), 阿川 イチロヲ(著), 小石 裕子(著)

この単語帳を選んだ理由は、Vol.1からVol.4まであるシリーズ本で、Vol.4まで到達すると最終的には12000語をマスターできるからです。12000語まではるか先ですが英語学習を続けるという強い意思で購入しました(笑)
究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語

6ヶ月後の成果
ゆっくりめの長文が聞き取れるようになり、フリートークで簡単な会話はできるようになった! また旅行英会話レベルはほぼ問題なし!

開始9ヶ月で実感できた効果
ここまでくると聞き取りと話せる自信がかなり出てきました。といっても映画でネイティブが話すナチュラルスピードの聞き取りは難しかったです。気持ち70%くらいにスピードを落としてもらえれば大丈夫かと思いました。

スピーキングについてはこの頃、たまたま道を歩いてたらカナダからの外国人観光客に道を聞かれたのですが、問題なく返せましたし、その場で5分ほど東京のおすすめグルメについて説明できました。ちなみに仲良くなって今ではFacebook友達です(笑)

あと前から外国のWebサイトを読めたら、いち早く情報を取得できるのになぁという願望があったのでリーディングの勉強もし始めました。手に取った本はこちら。

文法説明とリーディング方法、演習がすべて書かれている、かなり肉厚な参考書です。論理的でちょっと難しめですが、ちゃんと熟読して読めば、英文の構造を徹底的に理解できます。本気でリーディングを勉強したい方はこの1冊だけで大丈夫かと思います。

開始1年で実感できた効果
ようやく1年が経ちました。開始前と比べるともちろん大きく変化しました。

実感できた成果はずばり『もう英語に臆さないこと!』←これ重要。

だいたいの日本人は英語を聞くと目をそむけ、うつむいてしまいます。だけど1年経つと相手の目を見て、自信を持って英語を話す自分がいます。なので今後、外国人の友達を作ったり、海外旅行に行ったりすることで会話力がより上達しそうな予感がすごいします。

学習開始前はこうなるとはみじんも思っていませんでいた。もちろんスピーキングも日常会話なら滞りなく話せると思います。リスニングも早口だと難しいですが、ノーマルスピードなら80%は聞き取れてると思います。残り20%は文章の前後からだいたいの意味合いを補完できるので問題ありません。

ただし、TOEICなど資格試験は受けてないですが、おそらく良い点数は取れないかなと思います。TOEICはちゃんと攻略法があるので、専門で勉強した方が良いでしょう。

TOEICの学習方法についてはこちらを参考に。

 
1年後の成果
なによりも大きな成果は「自信がつき、英語を臆さなくなったこと」。それにより日常会話が自然体でできるレベルに達した!

オンライン英会話の効果的な使い方

オンライン英会話を1年続けてみて気づいた効果的な使い方や活用方法をご紹介します。

目標を決め、スケジュールを立てる
目標や目的がないとやる気が湧きませんし、おそらく続けていくのはむずかしいでしょう。たとえば「外国人の恋人を作る」でもOKです(笑)

そしてその目標を達成するには、いつまでに何をすべきか逆算してスケジュールを立てましょう。できれば、1ヶ月ごとの細かな目標を立ててほしいです。

以下は私がオンライン英会話を始める前に立てた目標です。
2019年オンライン英会話 年間目標

その目標にあったスクールを決める
全国には100社を超える英会話スクール業者があります。目標を決めたら、その中からあなたに合ったスクールを選びましょう。スクールについては以下の記事を参考にしてください。

●初心者の大人向け

●子供向け

●ビジネス英語向け

中学レベルの英文法は必ずマスターする
オンライン英会話と並行して中学校の文法は一通り目を通しておきましょう。大人が英語を学ぶとき英文法は避けられないので地道に覚えるしかありません。

おすすめは以下のテキストです。わかりやすく解説されてあり、かつ1ヶ月で読み切れるように設計されています。

予習・復習は必ずする
レッスン前の予習とレッスン後の復習は絶対しましょう。特に復習をしないと誰でも身につきません。

以下は人が覚えたことをどれくらい記憶してるかを表す『エビングハウスの忘却曲線』という有名なグラフです。赤い線が一般的な成人の記憶量。これを見ると、なんと人は翌日には半分以上も忘れてしまってるんです。なにもしないと6日目にはほぼ覚えていない(涙)

ですので、記憶に定着させるためには何回も何回も繰り返し覚える必要があるんです。この反復作業が復習というわけです。

習ったフレーズや単語は徹底的に使う
レッスン中に習ったフレーズや単語は記憶に定着させるため、次回以降のレッスンでフル活用します。上記でも説明しましたが、一度覚えただけは人はすぐ忘れてしまいます。

レッスン前に準備をする
準備とはレッスンでする範囲の予習はもちろん、講師への質問事項をまとめたり、前回の範囲の確認なども含みます。これらを事前に準備することでスムーズにレッスンが進みます。

積極的に話す
だいたいのスクールは1レッスン25分しかありません。この25分はかなり短い時間です。なので躊躇してる時間は1秒もありません。気になることはガンガン質問して、聞き取れなかったらすぐに聞き返しましょう。またどうしても聞き取れない場合はチャットボックスもフル活用しましょう。

フリートークも視野にいれる
半年が過ぎたら、フリートークにも挑戦していきましょう。本来このフリートークができるようになりたいがために英会話を始めた人も多いはずです。なら怖がらず挑戦しましょう。ただし語彙力がない初心者の内は控えてくださいね。

フリートークのコツは初めに話すテーマを決めること。テーマを決めずに始めるとどうしても詰まってしまいます。

補足:話が広がりやすいテーマ
・講師の国の文化、観光スポット、グルメについて
・趣味や仕事について
・世界的なニュースについて
・昨日や今日したこと
・将来の夢について
・親や兄弟、友人について

講師選びは慎重にする
講師によってレッスンのクオリティは雲泥の差があります。はじめは生徒からの口コミや自己紹介、経歴、特徴などを見て決めます。

気になる講師を見つけたら実際にレッスンを受けてみて、良質な講師を見つけたらすぐさまお気に入り登録をしましょう。3ヶ月もすれば、お気に入り登録の講師だけでレッスンが回るようになります。

オンライン英会話で英語が身につく人・つかない人の特徴

オンライン英会話を学習して、英語が身につく人・つかない人の特徴をご紹介します。

低価格であるがゆえに気軽に申し込む人も多く、多数の人が英語を身につけずに去っていくという現実もあります。なので、まずはあなたが英語を身につけられる人の特徴に当てはまるか判断することが大事です。

もし、あなたが身につかないタイプの人なら、申し込む前に心構え自体を変えましょう。

英語が身につく人の特徴

明確な目標・目的が決まっている
継続できる人には「外国人の友達を作りたい」「海外で仕事がしたい」「世界一周がしたい」など明確な目標があります。あなたは英語という“武器”を使って何をしたいですか? 申し込む前にじっくり考えてみましょう。

予習・復習ができる
この記事で何回も言っていますが、予習・復習ができないと英語はマスターできません。せめて復習する時間が取れる方ではないと厳しいかと思います。あまりにも仕事などで多忙な方は、落ち着いてから始めることも考えましょう。

英語学習に貪欲
英語学習に貪欲な方は、絶対に英語を覚えようとする気概が態度に表れています。たとえば、講師への質問が尽きなかったり、レッスン外の自習時間をたっぷり取ったり、レッスン前にしっかり準備をしたりなどなど。もし本気で英語をマスターしたければ、貪欲になった方が良い結果が生まれやすいです。

英語が身につかない人の特徴

熱しやすく冷めやすい人
過去、物事に対して一時的に熱くはなったが、一気に冷めた経験のある方は注意が必要。1ヶ月もしたら幽霊会員になってる可能性があります。

それを防止するにはしっかり目標を決め、スケジュールを立てて実行しましょう。目標を達成すると何事にも変えがたい喜びがあるので、ぜひそれを早めに味わってください。そうすることで英語を学ぶ楽しみも湧いてきます。

受け身な方
講師から質問があるまで話さない、レッスン内容はすべて講師次第という受け身体質の方はなかなか成長しづらいタイプです。やはり率先して質問したり、やりたいことを伝えることができたほうが成長してる人は圧倒的に多くいます。

文法力がない
オンライン英会話は話すことが主体なので、どんな初心者でもいきなり会話からスタートします。経験者ならわかりますが、1回目のレッスンでは基礎となる文法を知らないため言葉が出ず、詰まってしまいます。これが原因で体験レッスンで辞める方も多くいらっしゃいます。

でもこれは当たり前なんです。これを乗り越えて、みんな英語が話せるようになってるんです。なのでオンライン英会話と並行して中学レベルの英文法を学習しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、初心者がオンライン英会話を1年続けて実感できた効果と、成果が出る使い方についてご紹介しました。

この記事の内容通りにすれば、ちゃんと結果が伴いますので、ぜひ実践してみてください。

では今回は以上になります。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


P.S. もし、まだオンライン英会話に迷ってる方は、下記の比較記事がおすすめです。


この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 また広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。» 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています





●こちらも合わせてどうぞ