これだけ!はじめてのオンライン英会話の事前準備と必要なものとは

オンライン英会話の『事前準備』と揃えておくべき必要なものとは

今回は、オンライン英会話ではじめてレッスンを受ける前にしておくべき事前準備必要なものについて説明します。

事前準備の項目は大きく3つに分かれます。
1つ目は『必要なものを揃える』、2つ目は『精神面を整える』、3つ目は『定番フレーズを準備する』です。

今回はこの3項目を順に説明しますので最後までよろしくお願いします!

【オンライン英会話の準備STEP1】必要なものを揃える

必要なものを揃える
まずオンライン英会話の準備STEP1は、必要なものを揃えることです。
以下のものがないとまずレッスン自体が受けられません。

パソコン

最悪、スマートフォンでもレッスンは受けられますが、スマホだと画面が小さいので継続していくならストレスを感じます。
なのでパソコンで受けられる環境は必須です。

パソコンのスペックは家電量販店で売られてるものならどれでも大丈夫です。OSはWindowsでもMacでも構いません。一番安いものを選びましょう。

ちなみにカメラが内蔵してるノートパソコンだと、後述するwebカメラを別途購入する必要がないのと持ち運びができるので便利です。

個人的にオススメはこちら。

¥34,800 / WEBカメラ / 14.1インチ / SSD64GB / メモリ4GB / Office 2019

現在amazonでもっとも売られているノートPCです。OSは10 pro、SSD対応、office2019など高性能。なのに、3万円台という破格な値段で売られています。またオンライン英会話で必須な内蔵カメラも完備してるので、別でWebカメラを買う必要はありません。

Webカメラ

レッスン中はカメラをオフにしてもいいので必ず必要ではないですが、あるとコミュニケーションが活発になったり、先生が映像からあなたの理解度を知ることができます。

特に初心者の内は、ジェスチャーを使うケースもあるのであった方が便利だと思います。特段、画質にこだわりがなければ、価格が4,000円未満のもので大丈夫です。

また買う前に自分のPCに内蔵カメラが付いているか確認しましょう。あれば買う必要はありません。

Webカメラの簡単な選び方については下記の記事に詳しく書いています。

ヘッドセット

ヘッドセットとは自分の声を相手に届けるためのマイクと、相手の声を聞くためのイヤホンが一緒になったものです。なので話すことも聞くことも1つでできるので大変便利です。

パソコンの内蔵マイクでもレッスンは受けられますが、どうしてもノイズが入りやすいです。また英語の聞き取りは、内蔵スピーカーよりイヤホンをつけた方が圧倒的に聞き取りやすくなります。

価格は1,000〜5,000円程度のもので大丈夫です。
ヘッドセットの簡単な選び方については下記の記事に詳しく書いています。

オンライン辞書・Google翻訳

レッスン前にオンライン辞書とGoogle翻訳のページを別画面で開いておきましょう。本型の辞書や電子辞書よりオンライン辞書の方が早く検索できます。

知らない単語はオンライン辞書で、言いたい文章はGoogle翻訳の日→英を使います。

おすすめのオンライン辞書はWeblio、上級者はロングマン英英辞典です。

※英英辞典とは、英語の英単語を英語の文章で説明したもの。国語辞典の英語版を想像してもらえればOKです。

定番フレーズ集

オンライン英会話でよく使われる『定番フレーズ集』のページを開いておくと便利です。定番フレーズ集については後述しています。

スカイプ(Skype)のダウンロードと設定

だいたいのオンライン英会話はレッスンでスカイプを利用します。
スカイプとは無料で使える音声通話・ビデオ通話サービスのことです。通話以外にも画面共有やチャット機能などの機能も充実しています。

スカイプアプリはパソコン・スマホ・タブレットのすべてで使用できます。レッスンを受ける予定の機器にダウンロードし、コンタクト追加方法などの操作方法を確認しておきましょう。

また自分の姿を見られたくない場合は、自分だけオフにしてレッスンを受けることもできます。その場合はオフにする方法も予習しておきましょう。

ちなみに最近では独自の動画通話システムを用意しているオンライン英会話サービスも増えてきました。

メモ帳

なにか重要なことをメモするメモ帳があれば便利です。パソコン上のアプリでもいいのですが、個人的には紙媒体の方が素早くメモしやすいです。

飲み物

レッスン中はずっと話しているので喉が渇くし、声も枯れてきます。
お好きなドリンクを用意しておきましょう。

【オンライン英会話の準備STEP2】精神面を整える

精神面を整える
オンライン英会話の準備STEP2は、精神面を整えることです。

はじめてのレッスンはだれもが緊張します。なのでここでは緊張せずに受けるためのポイントをお伝えします。

目標を決める

『将来、外資系企業で働きたい』『世界一周したい』など強い目標であればあるほど、緊張よりもやる気が上回ります。

英会話を楽しもう!というマインドを持つ

まずは英語を楽しもう!というマインドを持ってください。
ある程度の緊張感は大切ですが、緊張しすぎてフリーズするのもダメです。

といってもなかなか、はじめてのレッスンで楽しめるような心持ちにはなれませんよね。そこで私がおすすめする方法は『将来あなたが英語をペラペラに話す姿を想像すること』

そうすることで今日のレッスンが未来のあなたに繋がってることを再認識し、心がウキウキしてきますよ!

簡単なフレーズで発声練習しておく

レッスン前に英語を話すことに慣れる練習をしましょう。
ぶっつけ本番だと多くの生徒は緊張で口が固くなります。なので適当な英語フレーズを声に出して、よく口をほぐし、準備運動しておきましょう。

私のおすすめ方法は、YouTubeで英語教育系YouTuberの動画を観て、フレーズを口真似することです。準備運動としてもいいし、観るだけで普通に勉強にもなります。

こちらのYouTuberがわかりやすくおすすめです。
バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika
AK in カナダ|AK-English
Hapa 英会話

鏡でみだしなみをチェック

はじめてのレッスンでは相手から見て、自分がどのように映ってるのか気になるもの。しかし、あまり気にしすぎるとレッスンに集中できません。

見た目はレッスン前に鏡で整えておきましょう。寝グセや無精ヒゲはないか、服がよれてないか、女性なら化粧はバッチシか、などを確認することにより、文字通り身を引きしめてレッスンを受けることができます。

恥ずかしいというマインドを捨てる

英語を話すことが恥ずかしいと思ってる日本人を多く見受けられます。それは日本人が英語を話すときに無意識で「完璧でなくてはならない」と考えてしまうからです。

なので『間違ったらどうしよ』『笑われたらどうしよ』と思ってしまい、それが恥ずかしさに繋がります。

でもいいことをお教えします。
海外には『話すことが恥ずかしい』という文化はありません。むしろ文法が間違ってても自分の主張をちゃんと話すことが重要だと考えられています。

なので『間違えてもいい、間違えても当然』なんです。それに講師は日本人の英語力を理解しています。なので、まずは堂々と話すことからはじめましょう。

【オンライン英会話の準備STEP3】定番フレーズを準備する

定番フレーズを準備する
オンライン英会話の準備STEP3は定番フレーズです。
定番フレーズとは、挨拶や自己紹介はもちろん『もう少しゆっくり話して』などのよく使われるフレーズのことです。

特に自己紹介は新しい講師ごとにする必要があるので、はじめの内に定型化しましょう。

定番フレーズがスッと言えることで滞りなくレッスンがスムーズに進みます。いわば潤滑油ですね。
量も多くないのでこの機会に覚えておきましょう。

最初と最後の挨拶

定番フレーズ 主な英訳
はじめまして!How do you do?
※かなりフォーマルな表現
※返答も『How do you do?』でOK
お元気ですか?How are you? / How are you doing? / How’s it going?
元気です。あなたはいかがですか?I'm good, and you? / how about you?
あまり調子が良くありません。I'm not feeling well.
もう時間ですね。It's already time.
今日はどうでしたか?How was your day?
レッスン楽しかったです。I really enjoy your lesson!
また会いましょうSee you again. / See you next time.
よい一日を!Have a nice day!
さようならBye.

その他の定番フレーズについて

自己紹介や問題があったときなど、他の定番フレーズについては下記にまとめています。

【特別編】第1回レッスンから第2回までの間に用意すること

定番フレーズを準備する
第1回レッスンが終えた方、おめでとうございます!パチパチ!
最初の関門を無事に乗り越えられましたね!

だけどこれで準備が終わったわけではありません!
これで第2回レッスンまでに準備しておくことが新しくできました。

えぇ〜また準備かよ!と思った方、新しくやることが増えるということは成長してる証でもあるんで喜ばしいことなんですよ!

ではなにが必要か見ていきましょう。ちなみに以下の項目は第1回と第2回間だけではなく、すべてのレッスン間で必要です。

疑問をまとめておく

レッスンで気になったこと、理解しきれなかったこと、レッスン間に出た疑問を、次回質問できるようにメモしておきましょう。

英語に関することなら基本的になんでも大丈夫です。

復習・予習

その日に受けたレッスンの復習はなるべく、その日中にしましょう。そして次レッスンの前に必ずその日やる予定の範囲を予習しましょう。

復習と予習をすることで理解度が格段に上がります。むしろどちらもしないならオンライン英会話を受講しても、身につきにくいと思います。

レッスンの反省点をメモする

レッスンでできなかったことをメモします。
たとえば『自己紹介で詰まった』『うまく質問できなかった』『関係代名詞を使った文章を作れなかった』などです。

次レッスンの目標を決める

『講師のプライベートを1つ聞き出す』『自己紹介をスムーズに行う』などレッスンごとに目標を立てるとやる気も出てきます。

立て方は前述の反省点をもとにすると決めやすいです。たとえば『先生の自己紹介が聞き取れなかった』なら『聞き取れない場合はちゃんと質問する』を目標にするといった感じです。

次回の予約

次回のレッスン予約をしましょう。基本的に講師プロフィールを見て決めます。

前回の講師と相性がピッタリの場合は、枠が空いてればリピートするのもいいでしょう。リピートすると自己紹介の時間を省略できるので、より濃いレッスンが受けられます。

準備についてよくある質問

最後によくある質問にお答えします。

さとる
さとる
通信速度はどのくらい必要ですか?
ビデオ通話を使ったオンライン英会話では最低限、1Mbpsの通信速度が必要とされています。1Mbpsは格安simでもレッスンが受けられる速さです。ご自身の環境の通信速度を計りたい場合は、『通信速度 計測』と検索すれば、たくさん計測サイトが出てきます
いくら先生
いくら先生

みさえママ
みさえママ
ちゃんとスカイプ設定したので、いざレッスンで音声や動画がとぎれます...
音声の途切れは、こちらの通信環境か、講師側の通信環境が悪い場合に起こります。どうしても改善しない場合は、原因のある方のビデオ機能をオフにしましょう。それでも改善しない場合は、一旦切ってサポートに連絡しましょう。また通信環境の良いレッスン用オフィスを設置しているスクールに申し込むのも手です
いくら先生
いくら先生


さとる
さとる
家以外でも受けることができますか?
周りに迷惑がかからなくて通信環境がしっかりしていれば、どこでも受けられます。それがオンライン英会話の大きなメリットの1つでもあります
いくら先生
いくら先生

みさえママ
みさえママ
オンライン英会話のスクールがいっぱいあってどれを選べばいいの?
今やオンライン英会話スクールは100校以上あると言われています。こちらでスクールごとに比較しているので参考にしてみてください
いくら先生
いくら先生

まとめ

いかがでしたでしょうか?

はじめてのレッスンだと緊張のあまりフリーズして言葉がでてこない人もいますが、ここで紹介した事前準備をしっかりすることで、緊張はだいぶマシになると思います。

しっかり準備して、これからはじまる英語ライフを充実したものにしましょう!


P.S. もし、まだオンライン英会話に迷ってる方は、下記の比較記事がおすすめです。


この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 また広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。» 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています





●こちらも合わせてどうぞ