【オンライン英会話スクール】と【通学型英会話】はどう違うの?

【オンライン英会話】と【通学型英会話スクール】の違いを徹底比較

「オンライン英会話と通学型英会話だとどっちが私に合ってるの?」
「両方はどう違うか知りたい!」

この記事は上記のような疑問を持つ方に向けて書いてます。

世の中には2種類の形態の英会話スクールがあります。

一つはインターネットを通して授業を受けるオンライン英会話。もう一つは街中にある通学型の英会話スクール。通学型に関しては駅前に大きな看板が掲げられてるのを見たことある人も多いでしょう。

では、この2つのスクール、本当にあなたに合ってるのはどちらでしょうか?
これは実際に両者の特徴や得意分野をじっくり見比べてみないとわからないと思います。

なので今回は、あなたに合っている形態がすぐに分かるようにオンライン英会話と通学型英会話スクールの違いを徹底的に比べてみました。

それでは一つ一つ見ていきましょう!

オンライン英会話と通学型英会話の比較表

いくら先生
いくら先生
まずはオンライン英会話と通学型英会話がどう違うか比較表を見て整理しておきましょう!

オンライン英会話通学型英会話
料金月額5,000〜10,000円
※毎日1レッスン受けられる場合の平均
1レッスンで4,000~7,000円
※マンツーマンの場合
講師の国籍フィリピン人講師がメインネイティブ講師がメイン
講師の選択毎回、講師を選べる基本的に担当講師がつく
レッスン形式マンツーマンがメイン
※グループレッスンのスクールもあり
マンツーマンとグループレッスンがあり
※マンツーマンだと料金が高く設定されている
レッスン時間基本的に1レッスン25分基本的に1レッスン40〜50分
レッスン可能時間帯平均6:00〜25:00
※24時間のスクールもあり
平均7:00〜23:00
その他の特徴 ・PCの知識が必要
・質の低い講師もいる
・孤独を感じる場合もある
・好きな時間に受講可能
・通信環境さえあればどこでも受講可能
・通信環境が悪いとフリーズすることも
・サボってしまいやすい
・通学が必要(交通費がかかる)
・スケジュールが決まってる
・臨場感がある
・集中しやすい
・講師の質が高め
・仲間と切磋琢磨できる
・やらなければという使命感ができる

それでは一つ一つ説明していきます!

料金の違い

まず料金は、オンライン英会話は月額5,000〜10,000円に対し、通学型英会話は1レッスンだけで4,000~7,000円と圧倒的な価格差があります。また通学型はプラス交通費もかかります。

これは日本の人件費が高すぎるという問題があります。日本でネイティブ講師を雇う通学型英会話に対し、オンライン英会話は発展途上国で非ネイティブ講師を雇ってるので料金を抑えることができてるんです。

発展途上国の非ネイティブ講師といっても、たとえばフィリピンは英語を公用語にしてるほどなので、アジアで一番英語が話せる国です。実際に行ってみたら、タクシードライバーや警備員も簡単な英語を話せていました。その中でも多くのスクールでは大学卒業者を雇ってるのでクオリティーは高めです。

いくら先生
いくら先生
料金を一番優先するならオンライン英会話一択でいいと思います。ちゃんとした講師を選べば質も担保できますし。またビジネス向けオンライン英会話は少し料金が上がります。

講師の国籍の違い

オンライン英会話の講師の国籍の大半はフィリピン人が占めています。もちろんフィリピン以外の国籍以外やネイティブ講師もいますが、7割はフィリピン人講師という肌感。

一方、通学型英会話スクールのほとんどがネイティブ講師で構成されています。あとは日本人講師の場合もあります。

なので生の英語に触れたければ通学型英会話なのですが、最近ではオンライン英会話に在籍するネイティブ講師も増えつつあります。ただしオンラインだと、どのスクールもネイティブ講師だと料金を高く設定してるので注意が必要です。

いくら先生
いくら先生
総合的に講師の質がいいのは通学型英会話です。

講師の選択の違い

オンライン英会話は毎回のレッスンごとに講師を自由に選べます。メリット・デメリットは下記になります。

自由選択制のメリット・デメリット●メリット
ハズレ講師を固定にしなくてすむ
いろんな国の講師と話せる
外国人ごとの英語のクセを学べる

●デメリット
毎回、自己紹介が必要
講師によってレッスンスタイルが違うので毎回合わせる必要がある

ハズレ講師も一定数いるのでオンライン英会話では良い講師を見つけた場合は、すぐにお気に入り登録してください。3ヶ月もすれば、お気に入り登録してある講師で回るようになるでしょう。

逆に通学型英会話は、担任制を採用してるスクールが多く、一人の講師がずっと担当してくれます。メリット・デメリットは以下になります。

担任制のメリット・デメリット●メリット
生徒の実力が分かってるのでレッスンを円滑に進めることができる
講師と仲良くなりやすい

●デメリット
相性が悪い講師に当たった場合は変更しづらい
他の外国人の英語のクセを学べない

しかしスクールによっては講師・クラスの変更は可能なので、どうしても相性が合わない場合は受付スタッフにこっそり伝えましょう。

いくら先生
いくら先生
オンライン英会話では、基本、講師とは一期一会の関係になります。

レッスン形式の違い

オンライン英会話がマンツーマンレッスン主体なのに対して、通学型英会話はグループレッスンが主体です。両方メリット・デメリットがあるので見ていきましょう。

マンツーマンのメリット・デメリット●メリット
会話量が多い
生徒一人ひとりにあったレッスン内容

●デメリット
孤独を感じるときがある
マンツーマンなのでプレッシャーがある
通学型のマンツーマンは料金が高くなる

グループレッスンのメリット・デメリット●メリット
勉強仲間ができ、共に切磋琢磨できる
プレッシャーが少ない

●デメリット
講師1の生徒複数なのでどうしても会話量が少なくなる
個人ではなくクラスのレベルに合わせてレッスンをする

いくら先生
いくら先生
初心者なら特にマンツーマンがおすすめです。初心者がグループレッスンに参加すると、みんなの足を引っ張ってると感じて質問できなかったり、クラスについていけなくなる恐れもありますので。

レッスン時間の違い

オンライン英会話のレッスン時間が平均25分に対して、通学型英会話は平均40〜50分あります。

25分は適度だと思いますが、「あれ、もう終わった?」と物足りなく思ってしまうことも多々あります。しかし毎日受けられるので25分が適度なのかもしれません。毎日1時間近くはさすがにしんどいと思いますので。

いくら先生
いくら先生
オンライン英会話だと、忙しい方は15分だけレッスンを受けれるなど融通がききます。ただしレッスン前に早上がりすることを講師に伝えてください。

レッスン可能時間帯の違い

オンライン英会話のレッスン時間が平均6:00から25:00までなのに対して、通学型英会話は平均7:00〜23:00が主体です。

レッスン時間に関しては、どうしても通学型英会話は実店舗なので終電までに終わってしまいます。それに対してオンライン英会話は特に時間制限はなく、中には24時間営業してるスクールもあります。

いくら先生
いくら先生
24時間の英会話スクールができるなんて20年前なら想像すらできませんでした。便利な世の中になりましたね。

その他の特徴の違い

上記以外のその他の特徴はどちらも一長一短。あなたが重視してるメリット・デメリットを優先して選んで頂きたい。

オンライン英会話の特徴通学型英会話の特徴
・PCの知識が必要
・質の低い講師もいる
・孤独を感じる場合もある
・好きな時間に受講可能
・通信環境さえあればどこでも受講可能
・通信環境が悪いとフリーズすることも
・サボってしまいやすい
・通学が必要(交通費がかかる)
・スケジュールが決まってる
・臨場感がある
・集中しやすい
・講師の質が高め
・仲間と切磋琢磨できる
・やらなければという使命感ができる
いくら先生
いくら先生
特に注目したいのが『臨場感』。実際に会うことにより、相手の所作(目の動き、表情、ジェスチャー)から微妙なニュアンスを理解しあうことにより、より濃密なコミュニケーションが生まれます。これはオンラインにはない通学型英会話の一番の強みです。

結果、あなたがどちらに向いてるか

結果、どちらが向いてるか確認してみましょう。ここではオンライン英会話に向いてる人、通学型英会話に向いてる人に分けてみました。

オンライン英会話に向いてる人通学型英会話に向いてる人
料金をできるかぎり抑えたい人
時間や場所を制限されたくない人
仕事が忙しい人
出張や旅行が多い人
気軽にはじめたい人(料金が安いため)
たくさんトークしたい人
対面学習が大事だと感じてる人
家ではサボってしまう人
講師の質を重視する人
ネイティブ講師からレッスンを受けたい人
勉強仲間を作りたい人
PCの使い方が苦手な人

上記を見比べて本当にあなたに合ったスクールを選んでみてください。

よくある質問(Q&A)

さとる
さとる
オンライン英会話でビジネス英語を学びたいのですが同じ料金ですか?
オンライン英会話でもビジネス英語専門コースだと、だいたいのスクールは少し料金が上がります。月額5,000〜10,000円の幅を見ておいてください。それでも通学型より安くなります。ビジネス向け英会話については『ビジネス英会話の徹底比較』をお読みください。
いくら先生
いくら先生

みさえ
みさえ
スカイプだと通信が切れちゃうこともあるって聞いたのですが本当ですか?
スカイプというより、自分や講師の通信環境によって変わります。どちらかの通信環境が悪ければフリーズしたり、切れたりします。講師の環境に原因がある場合は、カスタマーサポートに連絡して、もう一度受けられるよう遠慮なく伝えてください。
いくら先生
いくら先生

さとる
さとる
家だと毎日できるか心配。。。なにか方法はないですか?
これは毎日、決まった時間にレッスンを受けると固い意思を持つことが大事です。オンライン英会話だと何時でも受けられるので、どうしても優先順位を後ろにもっていき、結局やらないというパターンになってしまいがちです。どうしても難しい場合は、スケジュール管理のある通学制を選んでください。
いくら先生
いくら先生

みさえ
みさえ
学校というと若い生徒ばかりじゃないですか? 私みたいなおばさんが行っても大丈夫ですか?
場所にもよりますが意外と中年層が多かったりします。特に郊外だと昼間の時間帯は、生徒の多くを主婦が占めてるスクールをよく見かけますのでご安心ください。
いくら先生
いくら先生

さとる
さとる
どちらもやめたくなったらすぐにやめられますか?
オンライン英会話は基本的に24時間いつでも解約処理できます。しかし通学型英会話は通常、契約したプランが終わり次第、解約になります。また退会ではなく月謝を払わなくてもいい休会扱いにしてくれるスクールもあります。
いくら先生
いくら先生

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最近では密になる環境は控えようと生活スタイルの変化も起きてるので、オンライン英会話の需要がさらに上がってきています。しかし通学型英会話にもメリットがあるから存在してるわけです。

この記事で本当にあなたに見合ったスクール形態が見つかることを心から願っています。

では今回は以上になります。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


P.S. もし、まだオンライン英会話に迷ってる方は、下記の比較記事がおすすめです。


この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 また広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。» 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています





●こちらも合わせてどうぞ