【知らないと失敗】ビジネス向けオンライン英会話スクールの選び方【英語】

【知らないと失敗】ビジネス英語オンライン英会話スクールの選び方


日々グローバル化が進んでいく現代、ネットでも簡単に外国の企業や人と繋がる機会も増え、本格的にビジネス英語を学習したいと思う方が増えてきました。

学習の選択肢としては独学、英会話教室、オンライン英会話スクールとありますが、
独学は時間がかかる・・・
街の英会話教室はコロナの影響で・・・

ならオンライン英会話スクールなら家で手軽にできるしいいんじゃない! ということでビジネス英語をオンライン英会話で学ぶ方が増えてきています。

しかしビジネス英語の分野は厄介な部分がありまして...
先日こういうツイートをしました。

はい、そうなんです。
ビジネス英語の分野のオンラインスクールは玉石混淆で、本当にちゃんとしたビジネス英語を教えてるスクールは意外と少ないんです。

中にはテキストに沿っただけの説明だけしかせず、実務で本当に役立つか疑問が残るスクールもあります。

その理由は講師自体がビジネス経験がなかったり、経験が乏しかったりするところが大きいですかね。

たとえばですが、ビジネス英会話の基本カリキュラムはこちらになります。

「挨拶と名刺交換」「電話対応」「Eメール」「チャット」「来客・接客対応」「会社案内」「会議」「海外出張」「書類の書き方」「商談」「プレゼンテーション」

こういった項目を網羅したビジネス向けコースのあるオンラインスクールを選んで学ばないと本当に金をドブに捨てる事になってしまします。

なので今回はE.T.web編集部の判断のもとビジネス英語向けオンライン英会話スクールのちゃんとした選び方のポイントを作成しました。

私自身も実際に体験してこの記事を書いています^ ^

ビジネス英語向けオンライン英会話の選び方

さとる
さとる
ビジネス英語を学べるオンラインスクールってたくさんあるんですが、どれがいいですか?
ビジネス英会話スクールの選び方にはコツがあるので、一つ一つポイントを見て決めましょう!
いくら先生
いくら先生

選び方のポイント10選



選び方のポイントは下記になります。

選び方ポイント

  1. 料金
  2. 受講回数
  3. ビジネス向けコースはあるか
  4. 教える範囲は広いか
  5. 講師の経験
  6. カスタマーサポートは充実してるか
  7. 予約がしやすいか
  8. システムがわかりやすいか
  9. 営業時間
  10. 無料体験レッスンの回数・期間

では一つ一つ詳しく見ていきましょう。

① 料金

オンライン英会話は、基本的に入会金や教材費は基本かかりません。

しかし普通なら月額3,000〜5,000円くらいと低料金なオンライン英会話でも、ビジネス英会話だと月額5,000〜10,000円くらいと値上がりしてしまいます。

専門的なことなのでしょうがありませんが、これでも街の英会話教室よりは安く設定されています。

安いにこしたことはないですが、安さだけで選ぶとクオリティが低かったりと後悔する可能性がでてきます。
なのでこれから説明するポイントである程度、絞ってから最終的に料金で比較していきましょう。

また料金の支払い方法は、一括払い、月単位、年単位などいくつかありますので、はじめに確認しましょう。

② 受講回数

受講回数は、毎日レッスンを受けられるスクールから週に何回、月に何回と回数が制限されているスクールもあります。

数が多ければいいというものではないですが、より成長したければ多い方を選びましょう。
本業と平行してどのくらいなら継続できそうか考えて選ぶといいでしょう。

③ ビジネス向けコースはあるか

スクールのジャンルが日常英会話だとビジネスで役立つ英語は身につきません。

ビジネス英語専門スクールではなくてもいいので最低限、「ビジネス英語に対応したコース」があるスクールを選びましょう。

④ 教える範囲は広いか

冒頭でも話したとおり、ビジネス英語には、「挨拶と名刺交換」「電話対応」「Eメール」「チャット」「来客・接客対応」「会社案内」「会議」「海外出張」「書類の書き方」「商談」「プレゼンテーション」などのジャンルがあります。

このようにビジネス英語と一口に言っても扱う範囲はかなり広く、これらすべて網羅できているかが重要な選ぶポイントです。

たとえ全部対応していなくても自分の業務に必須なジャンルくらいは学べるスクールを選びましょう。

そのスクールがどのくらいの範囲を扱ってるか調べるには、無料体験レッスンを受けて聞くか、カスタマーサポートに連絡するのがベストです。

⑤ 講師の経験

なるべくならサラリーマンとしてビジネス経験のある講師が在籍しているスクールを選びましょう。

経験なくても教えることはできますが、プレゼンテーションや商談など実際にビジネス経験を有してないと語れないジャンルもあります。

なのでビジネス経験者の講師が揃ってる、かつビジネス経験の長い講師がいるスクールは安心できます。

⑥ カスタマーサポートは充実してるか

外国人講師とのトラブル、システムのトラブルなどが起きたとき、すぐに対応してるかがかなり重要です。

問い合わせる内容は何でもいいので、実際に問い合わせしてみて返信時間を測ってみましょう。

返信が24時間超える場合は黄色信号です。

また「授業はどんな感じか、ちゃんと学べてるか」などを一定期間ずつ確認するカウンセリングサポートがあるスクールもあります。

⑦ 予約がしやすいか

いざレッスンを受けようと思っても講師が少なくて予約できないなんてこともスクールによってはあります。
これではやる気も削がれてしましますね。

サイト講師の数が十分か、もしサイトに載っていなければカスタマーサポートで確認しましょう。
その上で無料体験レッスンを受けてみて大丈夫そうか確認してください。

⑧ システムがわかりやすいか

「料金システムがわかりやすいか」「通信システムはスカイプか独自システムか」「サイトが使いやすいか」などは無料体験レッスンのときに必ず確認しましょう。

特に通信システムがスクールの独自システムの場合、接続しにくさを感じる場合もあります。

⑨ 営業時間

営業時間とは1日の内、レッスンを受けつけてる時間帯のことです。

たとえば24時間対応のスクールもあれば、営業時間がしっかり決まっているスクールもあります。

あなたの生活スタイルと照らし合わせて、ちゃんと空いてる時間に学習できるか確認しましょう。

⑩ 無料体験レッスンの回数

スクールによって申し込み前の無料体験レッスンの回数が決まっています。
基本的には1回や2回などの回数制ですが、1週間毎日レッスン無料というケースもあります。

1回だけだと講師の引きで決まってしまうので、なるべくなら2回以上の無料体験レッスンがあるスクールを選びましょう。

ただこれは絶対ではありません。
良いスクールでも1回しか実施していないところもありますので。

さとる
さとる
この選び方ポイントを見て絞っていけばいいんですね!
はい、その通りです! ただし、すべて希望通りのスクールは見つかりませんので、ご自分の優先順位の高い順に並べて、その中で希望に沿うスクールから無料体験していけば大丈夫です!
いくら先生
いくら先生

これで以上になります。
下記では忙しいあなたでもできるビジネス向けオンライン英会話をご紹介してるので合わせてどうぞ。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

もしよろしければ仕事で英語が話せるようになったご自分を想像してみてください。
おそらく多くの方は仕事の幅も広がり、友達も増やすことができます!

ですので第一歩として今回ご紹介した選び方のポイントを踏まえた上で、無料ですので一度体験レッスンを受けてみることをオススメします。

最後に選び方のポイントをもう一度おさらいです。

選び方ポイント

  1. 料金
    →料金は最終判断で
  2. 受講回数
    →多く受けられた方が無難
  3. ビジネス向けコースはあるか
    →絶対必須
  4. 教える範囲は広いか
    →ご自分の業務範囲と比べてみる
  5. 講師の経験
    →ビジネス経験あった方がいい
  6. カスタマーサポートは充実してるか
    →24時間返信で見極める
  7. 予約がしやすいか
    →予約したいときにできるか
  8. システムがわかりやすいか
    →ユーザー目線に立って設計できてるか
  9. 営業時間
    →ご自分の生活スタイルに合ってるか
  10. 無料体験レッスンの回数・期間
    →回数は2回以上がいい



●すべての英語記事まとめはこちら



この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 » 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています




コメントを残す