外国人観光客にオススメの千葉県の穴場観光スポット10選

【外国人が喜ぶ】いま人気の千葉の穴場観光スポット10選

今回は都道府県別の訪日外国人観光客数が全国トップクラスの千葉県を特集します。

千葉県を訪れる外国人観光客が多い秘密は、成田国際空港とディズニーランド・シーがあるからです。だけど千葉にはそれ以外にもたくさんの観光スポットがあります。

今回は定番の観光スポットはガイドブックに任せて、外国人観光客にオススメの千葉県の穴場観光スポットを10ヶ所ご紹介したいと思います!

大江戸温泉物語 浦安万華郷 - 浦安市日の出

大江戸温泉物語 浦安万華郷
大江戸温泉物語 浦安万華郷は、浦安駅から送迎バスで10分ほどのところにある温泉施設です。

ディズニーリゾートで遊んだあと汗を流しに訪れる外国人観光客が増えています。

成田山新勝寺 - 成田市成田

成田山新勝寺
成田山新勝寺は成田空港がある成田市にあります。成田空港の駅から1駅または2駅という近さもあって、外国人観光客が集まるスポットになっています。

また正月3が日には約300万人、年間約1000万人以上の参拝客が訪れます。

ふなばしアンデルセン公園 - 船橋市金堀町

ふなばしアンデルセン公園
ふなばしアンデルセン公園は、姉妹都市オーデンセをイメージしたメルヘンの丘、フィールドアスレチックや広々とした芝生広場、小動物とふれあえるふれあい広場などを有した船橋市にある複合レジャー施設です。

こちらのスポット、トリップアドバイザーで紹介されたこともあり、近年、外国人観光客が増えてきています。

千葉県立房総のむら - 印旛郡栄町

千葉県立房総のむら
房総のむらは、房総の伝統的な生活様式や技術を来館者が直接体験するとともに、県内各地から出土した考古遺物や、武家・商家・農家などの展示を通して歴史を学ぶことを目的とする博物館です。

商家の街並みや武家屋敷などが忠実に再現されているので、歩いているだけでサムライ気分を味わえます。

鋸山 - 安房郡鋸南町、富津市

鋸山
鋸山はハイキングにちょうどいい標高約330mの山です。山麓から山頂まで地道に歩く以外に、ロープウェーで山頂までショートカットすることも可能。

なかでも断崖が垂直に切り立つ「地獄のぞき」は房総半島を一望できる景勝地になっています。

犬吠埼灯台 - 銚子市犬吠埼

犬吠埼灯台
犬吠埼灯台は、「世界灯台100選」にも選ばれた犬吠崎の最先端に立つ灯台です。

1874年に建てられた白亜の建物は日本で初めて国内で生産されたレンガが使用されています。

東京ドイツ村 - 袖ケ浦市永吉

東京ドイツ村
東京ドイツ村は、広大な敷地に、ゆったり遊べる芝生広場、関東一の規模を誇るパターゴルフや芝そりゲレンデ、キッズコースターやこども動物園などを有する家族で遊べる施設です。

冬は「関東三大イルミネーション」に選出されたイルミネーションが有名です。

樹の上の冒険王国 ターザニア - 長生郡長柄町

樹の上の冒険王国 ターザニア
ターザニアは、木登りでもない、フィールドアスレチックでもない、まったく新しい樹の上の森林冒険施設です。

いろいろなコースがあり小学生でも楽しく遊べるので家族づれにもオススメ。

養老渓谷 - 市原市大多喜町

養老渓谷
養老渓谷は千葉県有数の温泉地で、渓谷内にはいくつもの滝が点在し、パワースポットとしても有名です。

なかでも「滝めぐりコース」は素晴らしい景色を堪能できる大人気ハイキングコースになっています。

谷津バラ園 - 習志野市谷津

谷津バラ園
谷津バラ園は1957年にオープンした関東を代表するバラ園です。

約12,600平方メートルの敷地内には800種、7,500株のバラが噴水を中心に整然と咲き誇り、5月中旬~6月下旬頃と10月中旬~11月中旬頃が見頃です。

本日のお役立ち

いかがでしたでしょうか?

今回はあまり知られていない千葉県の穴場スポットを中心に紹介しました。その中でも外国人観光客でも遊べる場所は結構あるので、今回の記事がガイドをされる方の参考になれば幸いです。


外国人が喜ぶ観光スポット記事まとめ
北海道宮城県千葉県東京都神奈川県山梨県静岡県石川県愛知県京都府大阪府兵庫県福岡県沖縄県本島沖縄県離島


●千葉旅行するならこの一冊で十分です

この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 また広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。» 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています





●こちらも合わせてどうぞ