外国人観光客にオススメの北海道の穴場観光スポット10選

【外国人が喜ぶ】いま人気の北海道の穴場観光スポット10選

ここ3年ほどで急激に外国人観光客が増えている都道府県があります。それは北海道

2013年に外国人観光客数100万人を突破し、2015年には200万人を突破しました。そして2016年は230万人もの外国人が北海道の地を訪れました。グルメ、温泉、景色、雪など雄大な自然を活かしたスポットは、多くの外国人を魅力しています。

今回は定番の観光スポットはガイドブックに任せて、外国人観光客にオススメの北海道の穴場観光スポットを10ヶ所ご紹介したいと思います!

星野リゾート トマム 雲海テラス – 勇払郡占冠村中トマム

星野リゾート トマム 雲海テラス
雲がまるで海のように眼下に広がる雲海が見られるスポット。ある気象条件が重なったときしか見られないけど多くの人が集まります。

標高1,088メートルの高さから雲海と日高・十勝の山々を眺めながら飲むコーヒーは贅沢の極み!

美瑛の青い池 – 上川郡美瑛町

美瑛の青い池
別名「ブルーリバー」と呼ばれている美瑛川は滝の下周辺から色を変え始め、青い池のように深く青い川を見ることができます。

また四季折々で見せる顔も違い、冬の青い池はアップル社のMacBook Proの壁紙に採用されたことでも有名です。

ニセコ – 虻田郡ニセコ町

ニセコ
標高1100m級の山々が連なるニセコ連峰の麓に広がるニセコは、道内屈指のスキーリゾートとして国内外から多くの人が訪れます。

スキー以外にも、ゴンドラ、カヌー、ラフティング、パークゴルフ、パラグライダー、熱気球、乗馬などアクティビティが豊富です。

登別伊達時代村 – 登別市中登別町

登別伊達時代村
登別伊達時代村は、江戸の村を再現したテーマパークです。

弓矢、手裏剣の体験や忍者屋敷、舞台で演劇を観覧することができます。お殿様やお姫様、忍者の衣装貸出もしているので、ぜひ記念撮影してみましょう。

小樽オルゴール堂 – 小樽市住吉町

小樽オルゴール堂
小樽オルゴール堂は、明治期建築のレンガ造りの建物を利用したオルゴール専門店です。

入船地区にある「手作り体験 遊工房」ではオルゴールの手づくり体験ができます。

サホロリゾート ベアマウンテン – 上川郡新得町

サホロリゾート ベアマウンテン
サホロリゾート ベアマウンテンでは、広大な敷地内にヒグマたちが野生に近い状態で生活しています。

敷地内にある高台の遊歩道やベアウォッチングバスから大迫力のヒグマを観察することができます。

ふるさと銀河線りくべつ鉄道 - 足寄郡陸別町

ふるさと銀河線りくべつ鉄道
平成18年に廃止された「ふるさと銀河線」の駅をそのまま使い、気動車の乗車体験および運転体験、トロッコの乗車体験をすることができる施設です。

4月下旬から10月下旬までの期間限定で予約制になります。

ふるさと銀河線りくべつ鉄道の予約はこちらから
関連サイト:ふるさと銀河線りくべつ鉄道の予約ページ

サロマ湖展望台 – 常呂郡佐呂間町

サロマ湖展望台
サロマ湖展望台は、サロマ湖一帯を眺望できる唯一の場所です。

湖と海を隔てる砂州、遠くはオホーツク海、天気がよければ知床連山まで見渡すことができる大人気の絶景スポット。ここでしか見ることができない大パノラマがあります。

礼文島 – 礼文郡礼文町

礼文島
北海道北端にある礼文島は、毎年夏になると約300種類もの高山植物が咲き乱れる風光明媚な花の島です。

お花畑や絶景ポイントを訪れながら歩くトレッキングがオススメ。

釧路湿原 – 釧路市 釧路町・標茶町・鶴居村

釧路湿原
釧路湿原は、北海道・釧路平野に位置する日本最大の湿原です。北海道の自然風景のスケールの大きさを体感し、感動したい人にオススメです。

ここでは、広大な湿原の風景を眺めたり、カヌーツアーに参加したり、ノロッコ号という観光列車に乗ったりと多様な遊び方があります。

本日のお役立ち

いかがでしたでしょうか?

やはり北海道は大自然を活かした観光スポットや遊び方が多いですよね。

今回は定番観光スポットを外し、北海道に何度も来ている外国の方にもきっと喜んでいただけるスポットを厳選してみました!

その他の観光スポットはこちらから
関連記事:【都道府県別】外国人が喜ぶ観光スポット

【外国人が喜ぶ】いま人気の北海道の穴場観光スポット10選

コメントを残す