【食レポ】神楽坂の名店「龍朋」で名物チャーハンを食べてきた!

【食レポ】神楽坂の名店『龍朋』で名物チャーハンを食べてきた!

先日、神楽坂で用事があった際、ランチタイムにチャーハンの名店、龍朋(りゅうほう)を訪問しました。

友達が絶品って言うから前々からここのチャーハンが気になってたんですよね。チャーハンのために神楽坂まで行くのもなぁという感じで二の足を踏んでいましたけど・・(^_^;)

だけど今回ようやく行けましたので、さっそくレポートしてみたいと思います。

龍朋へのアクセス

お店の場所は東京メトロ東西線の神楽坂駅から徒歩1分。都営地下鉄大江戸線の牛込神楽坂駅からだと8分ほど歩きますが、神楽坂商店街を見ながらなので結構楽しめます。

神楽坂商店街はこんな感じ。
神楽坂商店街
龍朋の外観はこちら。
【食レポ】神楽坂の名店『龍朋』で名物チャーハンを食べてきた!

店内の様子

店内は、テーブル席10席、カウンター席なしの標準的なサイズ。昼時は行列ができるほど混むので相席もあります。
神楽坂 龍朋 店内

チャーハンの内容

オーダーしてから3分も経たずにチャーハンが到着しました。激混みしてるのに驚くべき早さ(笑)
神楽坂 龍朋 チャーハン
いつも通り、料理補正アプリのFoodie(フーディー)でも撮ってみました。
神楽坂 龍朋 チャーハン 補正版
テーブルの上にはコショウ、ラー油、酢、からしがありました。
神楽坂 龍朋 調味料
今回オーダーしたチャーハンの値段は770円。大盛りは+100円になります。

いざ、実食

さっそく食べてみました。

具材はチャーシューとネギ、卵だけのシンプルなチャーハン。しかし一口食べて、その旨さがわかりました。

パラパラとシットリのちょーど中間くらいのいい塩梅で炒められたライスはもちろんですが、醤油の香ばしさがより旨さを増幅させている!

昔、知り合いの料理人に美味いチャーハンは炒めるときの火力と最後の醤油が決め手と教わったことがあります。こちらのチャーハンはその模範となるようなチャーハンでした。

またチャーシューもおそらく煮ているのか、柔らかく旨味が強い。チャーシュー単品で食べたいぐらい美味しい。そのチャーシューがこれでもかというぐらいゴロゴロ入っている。

このチャーハンにこのチャーシュー・・・マズイはずがない(笑)

あと普通盛りでも普通のお店より多めなので、大盛りはよっぽど食べれる人ではないと厳しいと思いますー!

本日のお役立ち

チャーハンの有名店だから、他のお客さんもチャーハンばかりかなと思っていたら結構バラバラ(笑)

焼きそば、中華丼、つけ麺・・・やっぱ中華料理屋なのね! その中で私がウマそうと思ったのが、冷やし中華。きしめんのような太い錦糸卵、棒状のチャーシューがのっていてド迫力!

隣席の方が食べていて、絶対今度食べようと思いました!

●訪問した店舗の情報
店名:龍朋
住所:東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル B1
電話番号:03-3267-6917
営業時間:
・月~金 11:00~23:00
・土 11:00~22:00
定休日:日曜日
行き方:
・東京メトロ東西線の神楽坂駅から徒歩1分
・都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅 徒歩8分
・東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅 徒歩9分
その他:チャーハン以外も美味しいそう。

食べ歩きに関する他の記事はこちらから。
関連記事:食べ歩き

【食レポ】神楽坂の名店『龍朋』で名物チャーハンを食べてきた!

コメントを残す