MacとWindowsでファイル共有する一番簡単な方法

MacとWindowsでファイルを共有する一番簡単な方法

MacとWindowsをお持ちの方が、両方のPCでファイルを共有する方法として一番多いのはDropboxやBoxなどのオンラインストレージを使用することです。

ただ会社の規則などで他社のオンラインストレージのサーバーに重要なファイルをUPするのはちょっと・・・とお考えの方もいると思います。

そういった場合に使える同じネットワーク上にあるMacとWindows同士でファイル共有を行う方法をご紹介します。

※使用しているOSはWindos10macOS Sierraになります。

Windows側で共有フォルダを用意する

1「ウィンドウズ」キー +「X」キー[メニュー]を表示し、[コントロールパネル]をクリックします。
windows メニュー
2[ネットワークとインターネット項目]の中にある[ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。
windows10 コントロールパネル
3[共有の詳細設定の変更]をクリックします。
コントロールパネル 共有の詳細設定の変更
4下記の項目にチェックし、[変更を保存]をクリックします。
・ネットワーク探索を有効にする
・ファイルとプリンターの共有を有効にする
・Windowsでホームグループ接続を管理できるようにする

コントロールパネル 共有の詳細設定の変更
5共有するフォルダーを選び、フォルダの上で右クリックします。そうすればフォルダの右側にメニューが開くので[共有(H)]をクリックし、[特定のユーザー]をクリックします。
※今回はテストフォルダという名前の共有フォルダを作ってみます。
windows10 フォルダ 右クリック
6[追加]の左にあるをクリックして、[Everyone]を選択し、[追加]をクリックします。
windows10 ファイルの共有
7ユーザー毎の[アクセス許可のレベル]を設定し、[共有(H)]をクリックします。アクセス許可レベルは[読み取り][読み取り/書き込み]かを選択できるので用途に応じて選択してください。
windows10 ファイルの共有
8設定したフォルダが表示されているのを確認して[終了]をクリックします。これでWindows側で共有フォルダを用意できました。次はMac側の設定です。
windows10 ファイルの共有 終了

Mac側の設定

1左上の[Appleアイコン]から[システム環境設定]をクリックします。
Appleアイコンのメニュー
2[共有]をクリックします。
Mac システム環境設定
3[ファイル共有]にチェックを入れ、右の[オプション]を押します。
Mac 共有設定
4下記の項目にチェックし、[完了]をクリックします。
・SMBを使用してファイルやフォルダを共有
・WindowsにアクセスするMacのユーザー名

Mac 共有設定 オプション
5[システム環境設定][ネットワーク]をクリックします。
Mac システム環境設定 ネットワーク
6[詳細]をクリックします。
Mac システム環境設定 ネットワーク
7[WINS]タブを選び、Windowsのワークグループ名と同じ名前を選択して[OK]をクリックします。
※Windowsのワークグループ名がわからない場合は、Windowsのコントロールパネル→システムとセキュリティ→システムの中で確認できます。
Mac システム環境設定 ネットワーク WINS
これでMac側の設定も完了です。

MacからWindowsの共有フォルダにアクセス確認

1Windows側からMacに接続されているか確認します。Windowsの[ネットワーク]を開き、[Macのコンピューター名]が表示されているか確認します。
Windows側からMacに接続されているか確認
2Mac側からWindowsに接続されているか確認します。Mac側で[Finder]を開き、左サイドバーの[共有]項目[WindowsのPC名]が表示さているか確認します。
Mac 共有フォルダ 確認
3それでは実際にMac側からアクセスしてみましょう。上の画像の[WindowsのPC名]をクリックし、[別名で接続]をクリックします。
Mac 共有フォルダ 別名で接続
4[登録ユーザ]にチェックを入れて[パスワード]を入力し[接続]をクリックします。
Mac 共有フォルダ 別名で接続
※もし下記のエラーがでて接続できない場合。
サーバ"○○○"でお使いのアカウントへのアクセスが拒否されました。
Windowsのログインパスワードを設定していないのが原因の可能性があります。Windowsのパスワードを設定をしてから改めてパスワードを入力しましょう。

5Windows側で作成した共有フォルダが表示され、アクセスできることを確認できたら、すべての作業が完了です。お疲れ様です。
Mac 共有フォルダ

本日のお役立ち

共有フォルダ、オンラインストレージ、フラッシュメモリーなどいろんな共有方法がありますが、簡単なファイルの受け渡しなどはChatWorkが早くて便利ですよ!

MacとWindowsでファイルを共有する一番簡単な方法

コメントを残す