国内三大キャリアの公式SIMロック解除可能なiPhoneリスト

【2017年版】国内三大キャリアの公式SIMロック解除可能なiPhoneリスト

今回は、2017年4月18日時点でSIMロック解除が可能な国内三大キャリアのiPhoneリストをまとめました。
※ちなみに非公式のiPhoneでも裏技を使えばできるのですが、キャリアやAppleからの保証もないので自己責任のやり方になります。

三大キャリアの公式SIMロック解除可能iPhoneリスト

キャリアに関係なく2015年5月以降に発売された機種なら、どこで購入したかに関わらずSIMロック解除が可能になります。
※ただし購入から6カ月(180日)経っていない機種はSIMフリー化できません

三大キャリアの公式SIMロック解除可能iPhoneリスト
iPhone7
iPhone7 Plus
iPhone SE
iPhone 6s
iPhone 6s Plus

SIMロック解除手数料

SIMロック解除の手続きをショップでしてもらうと、各社とも3,000円の事務手数料がかかります。web上から自分で手続きをすれば手数料はかかりません。簡単ですので自分でした方がいいです。

docomo

docomoでは、「My docomo」からSIMロック解除手続きをすると手数料が無料になります。

SoftBank

SoftBankでは、「My Softbank」からSIMロック解除手続きをすると手数料が無料になります。

au

auでは、WEB上の「auお客さまサポート」からSIMロック解除手続きをすると手数料が無料です。

2015年5月以前のiPhoneをどうしてもSIMロック解除したい場合

キャリア非公式ですが、下記の3つの方法が一般的です。

・SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)
・ファクトリーアンロックサービス
・ジェイルブレイク(脱獄)

※繰り返しになりますが、キャリアからの動作保証がないため、どれもリスクがある方法ですので自己責任でお願いします。

本日のお役立ち

SIMロック解除が義務化されてから、いろんな面でユーザーの負担が減りました。では、SIMロック解除して何に使えるか最後に書いてみます。

・mvno(格安SIM)に乗り換え・・・今、mvno乗り換え目的でSIMフリー化される方が一番多いです。義務化されて以降、他社への乗り換えが簡単になりました。
・三大キャリアに乗り換え・・・他の三大キャリアに乗り換えも、もちろん可能です。
・海外旅行のときに現地のプリペイドSIMを使う・・・ポケットwifiを借りるより安い場合が多い。


●iPhoneの詳しい使い方はこちらがおすすめ

松山茂(著), 矢橋司(著), マイナビ出版


この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 また広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。» 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています





●こちらも合わせてどうぞ