【英語】”乗る”を表現する「ride、take、get、board、have」のニュアンスの違い

【英語】乗り物に"乗る"を表現する「ride、take、get、board、have」の違い

今回は英語で乗り物に”乗る”という表現方法と使い方をご紹介します。

“乗る”を表す英単語には「ride、take、get、board、have」と多くの表現方法があります。これらは日本語では”乗る”と一言で表せられるので、どういった場合に使えば適切なのか迷う場合があります。

なので今回は、これらのニュアンスの違いと表現方法を詳しく説明します!

ride、take、get、board、have、catchの違い

ride

rideはもともと「馬に乗る」という意味から始まった単語です。
なので、バイクや自転車などのまたがるイメージの乗り物に多く使われます。

それだけではなく“乗る”という動作そのものにも使われます。

例文を見てみましょう。

I’ll ride the subway.
(私は地下鉄に乗ります。)
※地下鉄に乗るという動作を表している。

She don’t ride his bike on rainy days.
(彼女は雨の日は自転車に乗らない。)
※自転車はまたがる乗り物なので一般的に「ride」が使われる。

take

takeは「〜を使って移動する/利用する」というニュアンスになります。なにかの手段のため乗るというイメージです。

例文を見てみましょう。

I always take a taxi to the station.
(いつも駅までタクシーに乗って行く)
※タクシーを利用するというニュアンスが込められている。

I took a train from Osaka to Tokyo.
(大阪から東京まで電車に乗った)
※「電車を利用して東京まで行った」というニュアンスが込められている。

get

getは「乗り込む動作、降りる動作」そのものを表します。
乗り込む動作だと「get on」。降りる動作だと「get off」になります。

例文を見てみましょう。

Please get on the train over there.
(あそこに見える電車に乗ってください。)
※電車に乗る動作を強調している。

Please get off at Tokyo Station.
(東京駅で降りてください。)
※東京駅で降りる動作を強調している。

board

boardはget onと同じで「乗り込む動作」そのものを表します。
ただし飛行機や船、列車など大型の乗り物に使われます。

例文を見てみましょう。

Please be on board by 5 pm.
(午後5時までに乗船/搭乗してください。)
※日本語では乗船、搭乗と訳す場合が多いです。

I boarded a plane for Chicago.
(シカゴ行きの飛行機に搭乗した。)
※「get on」とニュアンスは同じなので飛行機に乗る動作を強調している。

have

haveは、“have a flight”とすることで「フライトを持っている → 飛行機に乗る」になります。

例文を見てみましょう。

I have a flight at 11 am.
(午前11時の飛行機に乗ります。)
※11時のフライトを持っている→11時の飛行機に乗る。

I missed my flight at 11 am.
(午前11時の飛行機に乗り遅れた。)
※「miss a fright」は「飛行機に乗り遅れる」という意味。

catch

最後は乗るという表現はしないけど、乗り物にまつわる表現なんでオマケ!
catchは「捕まえる」という意味ですが、乗り物と一緒に使う際は「乗り物に間に合う」という意味になります。

例文を見てみましょう。

I hurried to catch the bus.
(バスに間に合うように急いだ。)

I caught the plane.
(飛行機に間に合った。)

本日のお役立ち

いかがでしたでしょうか?

“乗る”という表現だけでも英語ではたくさんありますね!

ちなみに現在進行形で「〜乗っている」を表現したい場合は「be on 乗り物」を使います。

I am on the train.
(私は電車にいる→私は電車に乗っている。)

となります!


他の教科書では習わない知識はこちらから
関連記事:教科書では習わない知識

【英語】乗り物に"乗る"を表現する「ride、take、get、board、have」の違い

コメントを残す