英語のsomewhereとanywhereのニュアンスの違いと正しい使い方

英語のsomewhereとanywhereのニュアンスの違いと正しい使い方

今回はsomewhereとanywhereのニュアンスの違いと正しい使い方をご紹介します。

基本的に“somewhere“、“anywhere”の根底には「どこか」という意味があります。だけど二つを比べると少しニュアンスが異なってきます。では、どんな場面で使い分けるかさっそく見ていきましょう!

somewhereとanywhereの違い

somewhereのニュアンスと使い方

somewhere「(とある)どこか」という意味です。また下記のようなニュアンスがあります。
・はっきりではないけど、どこかがぼんやりとイメージしている
・何かは特定できないけど、とあるどこかがあることははっきりしている
・「Yes」と答えてくれることを期待または想定している

例文を見てみましょう。

I can find this candy somewhere.
(この絵はどこかで見たことがあります。)
※具体的に覚えていないけど、どこかで見たことをぼんやりイメージできている。

He lives somewhere around the gas station.
(彼はそのガソリンスタンドの辺りに住んでいます。)
※特定できない(しない)けど、この辺りのどこかに確実に住んでいる。

Do you know somewhere I can buy water around here?
(どこか、この辺で水を買える場所を知っていますか?)
※水がこの辺りで売っていることを確信し、「yes」と返ってくることを想定している。

anywhereのニュアンスと使い方

anywhere「どこでも、どこか、どこにも」という意味です。また下記のようなニュアンスがあります。
・特定などこかのイメージではなくて、非常に広範囲を示している
・相手の返事が「Yes」か「No」かわからない
・どこにも〜ない

例文を見てみましょう。

He can go anywhere in the world.
(彼は世界中のどこでも行ける)
※世界中どこでもという広範囲を示している。

Do you know anywhere I can buy water around here?
(どこか、この辺で水を買える場所を知っていますか?)
※水を売っているか知らなくて、相手の返事が不明である。または「きっと聞いても売ってないんだろうね」というニュアンスが込められている。

There is not fish anywhere in this pond
(この池のどこにも魚はいない。)
※否定文ではanywhereは「どこにも」になります。

本日のお役立ち

いかがでしたでしょうか?

somewhereは「具体的ではないけどなにかぼんやりとした“とあるどこか”、anywhereは「広範囲の“どこでも”というイメージで覚えておくと覚えやすいですよ!

ちなみにnowhereは「どこにも…ない」という意味で、everywhereは「どこでも,いたる所に」という意味です。

「some〜」、「any〜」に関する記事はこちらから。
関連記事:英語のsomeとanyのニュアンスの違いと正しい使い方

関連記事:英語のsomebodyとanybody、someoneとanyoneのニュアンスの違いと正しい使い方

関連記事:英語のsomethingとanythingのニュアンスの違いと正しい使い方

関連記事:英語のsometimeとanytimeのニュアンスの違いと正しい使い方


他の教科書では習わない知識はこちらから
関連記事:教科書では習わない知識

英語のsomewhereとanywhereのニュアンスの違いと正しい使い方

コメントを残す