英語のsomeとanyのニュアンスの違いと正しい使い方

英語の“some“と“any“のニュアンスの違いと正しい使い方

今回はsome、anyのニュアンスの違いと正しい使い方をご紹介します。

基本的に”some”、”any”の根底には「いくつ」という数を表す意味があります。中学校時代にsomeは肯定文に、疑問文や否定文ではanyに置きかえてくださいと習いましたよね。でも実はsomeとanyはともに肯定文、疑問文、否定文に使えるんです。

ただちょっとだけニュアンスが違うだけ。では、どんなニュアンスでどう使い分けるかさっそく見ていきましょう!

someの使い方とニュアンス

someを肯定文で使う場合

肯定文で使われる「some」は、下記の場合に使用します。
・「いくつか」
・「いくらか」
・「少しの」
・「何人か」

例文を見てみましょう。

I have some questions.
質問がいくつかあります。

I have some money.
いくらかのお金を持っています。

I will call some men.
何人かの男性を呼ぶつもりです。

someを疑問文で使う場合

疑問文で使われる「some」は、下記の3つのニュアンスが込められています。
・質問した物・事があると漠然とわかっている
・「Yes」と返事することをススメている
・「Yes」と答えてくれることを期待または想定している

例文を見てみましょう。

・Could I have some medicine for stomachache ?
(胃痛薬いただけますか?)
※薬屋には胃痛薬があることを前提に質問している。

・Could I have some coffee?
(コーヒーをいただけますか?)
※カフェにはコーヒーがあることを前提に質問している。

・Would you like some more tea?
(紅茶もう少しいかがですか?)
※相手に「Yes」を期待して質問している。

someを否定文で使う場合

否定文で使われる「some」は、下記の場合に使用します。
・一部のものだけを否定するとき

例文を見てみましょう。

I don’t like some co-workers in my campany.
(会社の数人の同僚は好きではない)
※嫌いな同僚が一部いるという状況。ちなみに「any」を使うと完全否定になり、「どの同僚も好きではない」となる。

I don’t have some electric tool in this shop.
(この店にあるいくつかの電気工具は持っていない)
※店を訪ねて、店にあるで電気工具のいくつかは持っていないという状況。

someを条件文で使う場合

条件文で使われる「some」は、下記のニュアンスが込められています。
・条件文の中の物・事があることが漠然とわかっている

例文を見てみましょう。

If you have some questions, let me know.
(質問があれば、知らせてください)
※おそらく質問されるだろうとわかっていて述べている。

anyの使い方とニュアンス

anyを肯定文で使う場合

肯定文で使われる「any」は、下記の場合に使用します。
・「いくらでも」
・「いくつでも」
・「何人でも」

ニュアンス的には「どんな~でも」という意味合いが含まれています。

例文を見てみましょう。

You may come any time you like.
(いつでも好きなときに来ていいよ。)

He arrived in Kobe without any trouble.
(まったくトラブルもなく、神戸に到着しました。)

I like any Japanese music.
(どんな日本の音楽でも好きです。)

anyを疑問文で使う場合

疑問文で使われる「any」は、下記の3つのニュアンスが込められています。
・相手の返事が「Yes」か「No」かわからない
・なんでもいいからほしい
・質問した物・事があるかないかわからない

例文を見てみましょう。

Do you have any coke?
(コーラはありますか?)
※友人宅にコーラがあるかはわからないことを前提に質問している。

Do you have any money?
(お金を持っていますか?)
※友人がお金を持っているかはわからないことを前提に質問している。

Is there any cherry trees in the park?
(公園に桜の木はありますか?)
※公園に桜の木があるかはわからないことを前提に質問している。

anyを否定文で使う場合

否定文で使われる「any」は、少しもないという完全に否定するときに使用します。

例文を見てみましょう。

I don’t have any experience.
私は経験が少しもありません。
※経験が少しもないというニュアンスが込められている。

They doesn’t know any American songs.
私はアメリカの歌をまったく知りません。
※いかなるアメリカも知らないというニュアンスが込められている。

anyを条件文で使う場合

条件文で使われる「any」は、下記のニュアンスが込められています。
・条件文の中の物・事があるかないかわからない

例文を見てみましょう。

If you have any questions, let me know.
(質問があれば、知らせてください)
※質問されるかは不明、またおそらくないと思って述べている。

本日のお役立ち

いかかでしたか?

「some」も「any」も肯定文、疑問文、否定文で使われていると知って驚いた方もいるんじゃないでしょうか。
でも迷ったときは肯定文ではsome、否定文ではanyを使えばいいと思います。そのような使われ方が多いですし、だいたい相手にも伝わりますので!

「some〜」、「any〜」に関する記事はこちらから。
関連記事:英語のsomebodyとanybody、someoneとanyoneのニュアンスの違いと正しい使い方

関連記事:英語のsomethingとanythingのニュアンスの違いと正しい使い方

関連記事:英語のsomewhereとanywhereのニュアンスの違いと正しい使い方

関連記事:英語のsometimeとanytimeのニュアンスの違いと正しい使い方


他の教科書では習わない知識はこちらから
関連記事:教科書では習わない知識

英語の“some“と“any“のニュアンスの違いと正しい使い方

コメントを残す