【保存版】Amazonの本読み放題『Kindle Unlimited』の使い方

【保存版】Amazonの本読み放題『Kindle Unlimited』を徹底解説

この記事ではKindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)について以下のことがわかります。

Kindle Unlimitedとはどういったものか
Kindle Unlimitedの使い方
Kindle Unlimitedで自作の本を出版する方法と報酬額

『Kindle Unlimited』とは、2016年8月にAmazonが日本でスタートさせた電子書籍読み放題サービスです。

200万冊ものあらゆるジャンルの本がたった月額980円(税込)で読み放題という太っ腹なサービスが受け、Amazonのサービス内でも一番、会員数を伸ばしています。

読み放題だからといって、しょうもない書籍ばかりではなく、ベストセラーや新刊、人気雑誌などもラインナップに入っています。なので、おそらく読みたい本が見つからないといったことは起きにくいでしょう。

今回はそんなKindle Unlimitedについて世界一わかりやすく解説します。

Amazonの読み放題『Kindle Unlimited』とは

まずは簡単にKindle Unlimitedのサービス内容を表で見てみましょう。

サービス名Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)
サービス開始日2016年8月3日
提供会社Amazon
料金月額980円(税込)
無料お試し期間基本的に30日間
※たまにキャンペーンで無料期間が伸びてることもあり
蔵書数200万冊以上(和書は8〜10万冊くらい)
ジャンル本、雑誌、マンガ
同時レンタル数10冊まで
プライム会員有無プライム会員ではなくても登録可能
対応デバイスKindleアプリをダウンロードできるPC、スマホ、タブレットならなんでも利用可能
公式ページhttps://www.amazon.co.jp/

Kindle Unlimitedの特徴

Kindle Unlimitedの特徴は以下になります。
 

200万冊以上の蔵書数
Kindle Unlimitedページには蔵書数は200万冊以上と記載されていますが、和書に関しては8〜10万冊ほどです。

自動課金システム
一旦、契約すると無料期間の30日間が終了後、自動で毎月980円が課金されるようになります。更新したくなければ、次回更新日までに手動で解約をする必要があります。解約方法は後述の『Kindle Unlimitedの使い方』で説明しています。

また無料期間内で解約すると完全に無料で読むことができます。
※たまにキャンペーンで無料期間が伸びてることもあり

同時レンタル数が10冊まで
同時レンタル数は10冊まで。なので、10冊を超えてレンタルするなら手動でどれか1つを削除する必要があります。

ジャンルが幅広い
小説・ビジネス書・実用書・コミック・雑誌・洋書など幅広いジャンルのタイトルを用意しています。また新刊・旧刊問わず揃っており、なかには紙媒体では廃刊したけど、Kindle Unlimitedで復活しているタイトルもありました。

様々なデバイスに対応
たまにKindleやFireデバイスを持っていないと利用できないと思われている方がいらっしゃいます。

しかし、Kindle Unlimitedを利用するにはKindleアプリをダウンロードするだけでOK。このアプリはiOS版、Android版、Windows版があるので、ほぼすべてのPC・スマホ・タブレットで利用できます。

Prime Readingとの違い
Kindle Unlimitedに似たサービスに、プライム会員特典の一つとして提供されているPrime Reading(プライムリーディング)というものがあります。これも同じ読み放題サービスですが、Kindle Unlimitedとの違いは蔵書数と料金にあります。

Prime Readingの蔵書数は1,000冊と、Kindle Unlimitedの200万冊の1分の2,000しかありません。Prime Readingの料金はプライム会員(年間4,980円)に入れば無料で利用できるのに対し、Kindle Unlimitedはプライム会員ではなくても月額980円を払えば利用できます。

カバー範囲に関してはPrime Reading対象タイトルのほとんどがKindle Unlimitedと重複します。

対象本だけが読み放題
Kindleにあるすべての本が読み放題対象ではありません。Kindle Unlimitedに契約してる本のみになります。料金の下に『kindle unlimited』のロゴが読み放題対象の目印です。
kindle unlimited ロゴ

Kindle Unlimitedのメリット・デメリット

こちらでは私がKindle Unlimitedを実際に使って感じたメリット・デメリットをご紹介します。

【メリット】大幅に節約できる
書籍代を大幅に節約できました。1冊1,000円以上の本なんてザラにあるので読書家にとって、たった月額980円で読み放題はとんでもなく気前のいいサービスなんです。

【メリット】試し読みして選べる
対象本はすべて無料なので気兼ねなくダウンロードして、10ページほど読んでおもしろくなかったら即削除しています。購入して面白くなかったら、お金がムダになることが無くなったので助かっています。

【メリット】読書の習慣が身につく
せっかく読み放題なんだから読まないと損という感情が芽生えます。なので、なんだかんだ毎日、読書しています。

【メリット】手軽にレンタルできる
図書館でも読み放題で借りることができますが、図書館まで行かないといけないというデメリットがあります。Kindleならアプリからボタン一つで借りて、すぐに読むことができます。

【メリット】普段読まない本を読む
読み放題なので、せっかくなら普段読まない本を読んだりしています。意外とおもしろい本も発見でき、価値観の幅が広がりました。最近ではレシピ本をレンタルしていろんな料理に挑戦しています。

【メリット】趣味を見つけられる
読み放題には幅広いジャンルの実用書も対象に入っています。たとえば、料理、語学、芸術、音楽、華道などなど。私は料理と語学の本を特に読んでいます。

【メリット】雑誌が読める
数は少ないですが雑誌も読み放題です。ファッション誌、ITガジェット誌の他に『山と溪谷』や『将棋世界』などマニアックなタイトルもあります。

【メリット】複数端末で読むことができる
私はスマホを2台持ちしており、両方にKindleアプリをダウンロードしているので、どちらでも読むことができます。

【メリット】仕事で使える
たとえば仕事で自分の知らない業界を調べる必要が出てきた場合、その業界に関しての本をレンタルして簡単に知ることができます。

【デメリット】検索方法が慣れないとむずかしい
Kindle Unlimited対象作品だけ検索したいのに慣れてないと意図していないページに遷移したりと慣れるまで面倒でした。検索方法は後述の『Kindle Unlimitedの使い方』で説明しています。

【デメリット】自動課金される
無料期間だけ試したい方は30日以内に手動で解約手続きをしないと自動課金されます。解約方法は後述の『Kindle Unlimitedの使い方』で説明しています。

【デメリット】興味のある本が絶対あるわけではない
読み放題対象本は著者がKindle Unlimitedに登録している本のみとなります。そのため、あなたが読みたい本が必ず対象になっているわけではありません。まずは読みたいジャンルの本が対象になっているかを検索し、申し込むかを決めるのをおすすめします。

【デメリット】どっちつかずになってしまう
読み放題だからこそ、いろんな本を手当たり次第にレンタルしてしまい、すべて中途半端にしか読まない可能性があります。わかりやすく言うと本のありがたみがマヒして雑になります。

Kindle Unlimitedに向いてる人・向いてない人

以下を参考に、あなたがKindle Unlimitedに向いてるか判断できます。

Kindle Unlimitedに向いてる人
料金を安く抑えたい方
普段から読書をする方
普段から調べ物をよくする方
仕事などでアイデアやヒントを得たい方
趣味を見つけたい方

Kindle Unlimitedに向いてない人
読み放題対象に読みたい本がない方
月に1冊読むか怪しい方
月額課金がどうしても嫌な方

Amazonの読み放題『Kindle Unlimited』の使い方

こちらではKindle Unlimitedの登録方法、解約方法、検索方法、返却方法について解説します。

Kindle Unlimitedの登録方法

1.まずは以下のKindle Unlimited公式ページへアクセスしてログインします。
» Kindle Unlimited公式ページ

2.次に『30日間の無料体験を始める』をクリックします。
※キャンペーンで違う文言になっているときもあります
kindle unlimited 登録

スマホの場合は以下の画面。
kindle unlimited 登録 スマホ

3.次に支払い方法を登録していない人は支払い方法を入力し、『続行』をクリックします。支払い方法はクレジットカード、デビッドカード、携帯決済(docomo、au、softbank)から選べます。
amazon 支払い方法

これですぐに30日間の無料お試しがスタートします。

4.あとはKindleアプリをダウンロードするだけでKindle Unlimitedを楽しむことができます。
kindle アプリ

Kindle Unlimitedの解約(退会)方法

1.まずは以下のAmazon公式サイトへアクセスしてログインします。
» Amazon公式サイト

2.次に画面右上にある『アカウント&リスト』→『お客様のKindle Unlimited』を順にクリックします。
お客様のKindle Unlimited

2.次に『Kindle Unlimited会員登録をキャンセル』をクリックします。
Kindle Unlimited会員登録をキャンセル

2.次に『メンバーシップを終了する』をクリックすると解約完了です。
メンバーシップを終了する

Kindle Unlimitedの本の検索方法

本の検索はKindleアプリ上で行った方がわかりやすいです。こちらではアプリとブラウザでの検索方法を解説しています。
 

Kindleアプリでの検索方法

1.Kindleアプリを開いて一番下にある『カタログ』をクリックします。
Kindleアプリ カタログ

2.次に希望の検索キーワードを入力して『虫眼鏡マーク』をクリックします。
kindleアプリ 検索ボックス

3.次に『フィルタ』→『Kindle Unlimited』を順にクリックすると、キーワードにヒットしたKindle Unlimited対象の書籍のみが表示されます。
kindleアプリ フィルタ

 
ブラウザでの検索方法

1.まずは以下のAmazon公式サイトへアクセスしてログインします。
» Amazon公式サイト

2.次に画面左上の『≡』をクリックします。
amazon ハンバーガーメニュー

3.そうすると左端にメニューが開くので『Kindle本&電子書籍リーダー』→『Kindle Unlimited』を順にクリックします。
Kindle本&電子書籍リーダー
↓↓↓
amazon Kindle Unlimited

4.そうするとKindle Unlimited専用ページが開くので『Kindle Unlimitedの全タイトルを閲覧』をクリックします。
Kindle Unlimitedの全タイトルを閲覧

5.そうすると左にKindle Unlimited対象本のみのカテゴリーが表示されるので、ここから好きなジャンルの本が探せます。
Kindle Unlimited対象本のみのカテゴリー

キーワードで検索したい場合は...

1.画面上部の検索ボックスの『すべて』をクリックします。
amazon すべてを検索

2.そうするとカテゴリーメニューが開くので『Kindleストア』をクリックします。
amazon kindleストアで検索

3.次に希望の検索キーワードを入力して『虫眼鏡マーク』をクリックします。
amazon 検索ボックス

そうすると検索結果が表示されます。このままでUnlimited対象と対象外の本がごっちゃ混ぜな状態です。

4.次に左サイドバーにある『読み放題対象タイトル』をチェックすると、キーワードにヒットしたKindle Unlimited対象の書籍のみが表示されます。
kindle unlimited 読み放題対象タイトル

Kindle Unlimitedの本の返却方法

1.まずは以下のAmazon公式サイトへアクセスしてログインします。
» Amazon公式サイト

2.次に『アカウント&リスト』→『お客様のKindle Unlimited』を順にクリックします。
お客様のKindle Unlimited

3.次に『利用中の本』にある返却したい本の『利用を終了する』をクリックします。
kindleアプリ 利用を終了する

これで本の返却が完了しました。
 

 

Kindle Unlimitedで自作の本を出版する方法と報酬額

Kindle Unlimitedで自作の本を出版する方法
Kindle Unlimitedで読むだけではなく、あなたになにか得意分野があれば、本を書いて簡単にセルフ出版することができます。それも出版は無料なので得意分野がある方は副業に試してみてはいかがでしょうか。

出版する方法は以下になります。

1.Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)に登録する。

2.出版する本を書く。

3.本の表紙画像を作成する。

4.KDPで出版申請をする。
※『KDPセレクト』に登録することでKindle Unlimited対象本になる

5.審査が通ると無事、販売スタート!

上記の通り、出版自体は原稿さえあれば誰でもすぐにできます。

では、気になるKindle Unlimitedの報酬については、自分の本がダウンロードされて1ページ読まれるごとに収益が増えていきます。
※普通の電子書籍販売の場合は値段が決まっているので、印税率を35%と70%から選ぶことができます。ただし、70%を選ぶとKindle Unlimited対象本になってしまいます

1ページ読まれるごとに貰える額は毎月、変動します。支払額は、毎月Amazon側で決められた総支払い額(KDPセレクト グローバル基金)を、読まれたページ数に応じて世界中の著者で分配する仕組みになっています。

計算式は以下になります。

たとえば、今月のKDPセレクト グローバル基金が100万円だとして、あなたの100ページの電子書籍が100回借り出されて完読されたとします。

その場合、100万円 × その本の既読ページ数(1万ページ) ÷ 世界全体の既読ページ数(1億ページ)という計算をした結果、あなたの報酬額は1,000円になります。

まとめ

今回はAmazonの本読み放題サービス『Kindle Unlimited』についてご紹介しました。

普段から本を読む方にとってはありがたいサービスであることがわかりましたね。
ぜひ、この記事がキッカケでよりよい読書ライフを送ってもらえれば幸いです。

P.S.
Amazonの多くサービスでは無料期間が設定されてあり、だいたいは無料期間で契約を終了させると完全に無料で使うことができます。
 

関連ページ

・Kindle Unlimited 公式ページhttps://www.amazon.co.jp/

 
この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 また広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。» 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています





●こちらも合わせてどうぞ