【英語】翻訳家・翻訳者になるには | 仕事の見つけ方・仕事内容・勉強方法とは

【英語】翻訳家・翻訳者になるには | 仕事の見つけ方・仕事内容・勉強方法とは


翻訳家・翻訳者の仕事は、小説や映画から議事録、論文、契約書、学術書まで幅広く、英文で書かれた文章すべてが対象になってきます。

自宅で仕事ができ、書籍を翻訳すれば本に自分の名前が載りますので目指す方が多い職業の一つです。
しかし周りに翻訳家がいなければ、どうやって勉強するのか、どうやって仕事を見つけるのかよくわからない職業ですよね。

ですので、この記事では
・翻訳家の仕事内容や年収
・なるべくお金を使わずにどのような勉強をすればいいのか
・翻訳の仕事・求人の探し方

をひとつひとつご説明していきます。

今後翻訳者を目指す方や副業で在宅翻訳をしてみたい方にはとっては必読の内容だと思います!

翻訳家・翻訳者の仕事内容

翻訳家とは、外国語で書かれている文章を日本語に訳す仕事のことです。
逆に日本語から外国語に直すこともあります。

また英語だけではなく、韓国語、中国語、フランス語、スペイン語など言語の数だけ、その言語専門の翻訳家はいます。
しかし、需要的には日英翻訳の仕事が圧倒的に多いのが実情です。


翻訳家の仕事は大きくわけて3つあります。

文芸翻訳


文芸翻訳は、小説、詩、戯曲、絵本といった文学作品を対象に翻訳する仕事です。『出版翻訳』と呼ばれることもあります。

文芸翻訳には、ただ単に言葉を翻訳すればいいのではなく、芸術的な文章を崩さず他の言語に置き換える能力が求められます。

翻訳の仕事の中で一番センスとクリエイティブ能力が必要なジャンルになります。

文芸翻訳家を目指すには出版社への登録、翻訳コンテストへの応募が一般的です。

映像翻訳


映像翻訳は、海外映画やドラマからドキュメンタリーまであらゆる映像作品のセリフを翻訳する仕事です。

翻訳されたものが字幕になり、私たち視聴者の目に届きます。

映像翻訳には、字幕を見た瞬間に理解できるわかりやすい文章作り、言葉選びの能力が求められます。

ただし、いくらわかりやすくても機械的な言葉は感情移入できないのでダメですよ。なので特に口語を意識して作られます。

映像翻訳家を目指すには映画の制作会社に就職するか、プロ翻訳者の下で修行するのが一般的です。

実務翻訳


実務翻訳は、ビジネスの契約書、報告書、説明書、学術書などを翻訳する仕事です。『産業翻訳』『ビジネス翻訳』と呼ばれることもあります。

その種類は幅広く、プレスリリースや事業計画書、仕様書、取扱説明書など経済活動で発生する文章すべてが守備範囲です。
なので文芸翻訳や映像翻訳と比べれば、まだプロへの道が開けやすい分野になります。

実務翻訳には、基本的な英語能力の上にその分野ごとの専門用語や言い回しを翻訳する能力が求められます。
なのでITならIT経験者、金融なら金融経験者が翻訳しているパターンもよくお見受けします。

実務翻訳家を目指すには翻訳会社に登録して、翻訳会社経由で仕事をもらうか、実務翻訳を請け負ってる会社に就職するかが一般的です。

翻訳家の年収

翻訳家の年収は、個人の実力、知名度によっても大きく異なります。

翻訳家全体の平均年収は400万円~600万円ほどですが、よく映画のエンドロールで目にする有名翻訳家などは年収1000〜2000万クラスもいます。

その反面、年収100万円にも満たない人もいるので努力が必要な厳しい世界には変わりありません。

翻訳家・翻訳者になるには

翻訳家で一番多いのは大学の英文科や外国語大学で英語を専門に勉強してきた方、翻訳の専門学校で勉強してきた方です。
やはり英語を専門に勉強してることは有利になります。

わたしの外大時代にも、翻訳家や通訳者を目指す方はたくさんいらっしゃいました。

が、これは絶対ではありません。

中には独学で翻訳家になった人もいますし、理系から翻訳家になった方もいます。

それよりも重要なのは、海外の文化や風習に詳しいか、リサーチ能力はあるか、英語以外のバックグラウンドはあるかの方が重要視されます。

たとえば知り合いの翻訳家の方は、大学は理系で、大学卒業後はIT系の研究機関で働いていました。

彼は英語力はもちろん高かったのですが、それよりもこれら理系のバックグラウンドをPRし、今では売れっ子の技術書などの実務翻訳家として活躍しています。

なので『英語系の学校を卒業しなければいけない』『英検1級やTOEIC900点以上が必要』というわけではありません。

なのでおすすめするのは今の仕事の能力を伸ばしつつ、独学でもいいので英語の勉強をしていくことです。

お金をかけずに独学での勉強方法

ここでは具体的に独学でまず何を勉強すればいいのかお話します。
もしあなたが中学レベルの英語能力ならば、下記の順序で学習することをおすすめします。

  1. 中学英語の文法と英単語を復習する
  2. 高校英語の文法と英単語を復習する
  3. 原文と和訳された本を比較して読みあさる
  4. 英作文、英文和訳を実際に書いて練習する

単純ですね。
これらを時間を作ってやるだけです。

あと注意点としてやってはいけない学習もあります。

翻訳家になるまで禁止すべき学習項目・TOEICの勉強
・英検の勉強
・英会話
・通訳の学習

上記のものは翻訳の仕事では必要ないので無理にする必要はありません。
もしやるなら翻訳家として仕事がもらえるようになってからでも遅くありません。

翻訳家になるための観点だけで見れば、はっきりいって時間の無駄になってしまいます。

ですのでまずは翻訳の仕事に関係ある英語学習だけしましょう。

翻訳の仕事・求人の探し方

最後にここでは翻訳の仕事・求人の探し方について説明します。
※こちらはプロではない翻訳家を対象にしています

クラウドソーシングで探す

単価は安いですが、クラウドソーシングのサイトで探す方法もあります。

クラウドソーシングサイトとはインターネットを通して仕事を仲介してくれるWebサイトのことです。
自分が特化したスキル・知識や生活スタイルに合わせて気軽に働けるというメリットがあります。

特に翻訳の仕事は数多く扱っていますので、やる気されあればかなりの練習量を積むことができます。

上記学習方法4番の『英作文、英文和訳を実際に書いて練習』はクラウドソーシングサイトを使えば、お金にもなり一石二鳥ですね。


下記の記事で、ココナラランサーズというクラウドソーシングサイトで英語の仕事を探す方法を書いていますので参考にしてみてください。
特にココナラの方が案件は多いです。

翻訳専門の会員制サイトで探す


翻訳専門の会員制サイトで見つける方法もあります。

特に翻訳専門サイトとして有名なアメリアは、翻訳者を必要とする企業や団体のマッチングを行ってくれるサイトになります。

翻訳関連の求人を常時約300件掲載しており、約3割は未経験でも応募可能な求人なので勉強中の方にうってつけの練習にもなります。
アメリアを利用してる企業は600社以上、年間の求人件数は1,500件以上とのことです。

登録は有料ですが、案件数は多いので今後継続して翻訳の仕事をしたい方におすすめです。

特に『未経験でもできる仕事がある』『スキルアップできる知識が手に入る』の2点のメリットは初期の学習者には大きいと思います。

関連ページ

・アメリア 公式サイトhttps://www.amelia.ne.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

翻訳家・翻訳者の仕事は、近年グローバル化やテレワーク化が叫ばれてる中、これからもっと需要が増す仕事だと予想しています。

もしあなたがサラリーマンであれば、本業でのバックグラウンドを活かして実務翻訳家からやってるみるのが一番近道だと思います。

努力が必要な業界ですが、その分やりがいもありますのでぜひ頑張ってくださいね!



●すべての英語記事まとめはこちら



この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 » 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています




コメントを残す