【超簡単】ココナラで英語を活かせる求人の探し方

ココナラで英語系のテレワーク&リモートワークの仕事を探し方


「コロナの時期だから英語を活かしたテレワークで働きたい。でも私の実力では英語の仕事は無理かな...」

と思うのはまだ早い!

本格的な通訳や翻訳などはかなり難易度が高いですが・・・しかし! 英語を勉強してる人なら全然できる仕事は山ほどあるんです。

なので今回はココナラで、英語を活かせる求人の探し方をご紹介します。
※この記事は在宅勤務、つまり「家でのみ」の仕事の内容になります

ココナラで英語で英語の求人の探し方

それでは、さっそくどういった仕事があるのか見ていきましょう。

まずココナラとは自分の得意なことやスキルを出品することができるオンラインマーケットサイトのことです。
現在、会員数100万人突破し、取引件数300万件以上とノリにノッてるサイトですね。

今回はそのココナラで英語の求人を探していきましょう!

自分で仕事を出品する

ココナラでは2つの仕事の探し方ができます。
まず1つ目の探し方は「自分で仕事を出品」です。

ココナラでは自分で「こういう仕事ができますよ〜」って出品することができる機能があります。

たとえば「YouTubeの字幕しますよ〜」「英字新聞○文字まで1000円でしますよ〜」的な感じですね。

では出品のやり方をお伝えします。

まずサイト右上にある「出品する」をポチってください。



そうすると「通常サービスを出品する」「電話相談サービスを出品する」「ビデオチャットサービス(β版)を出品する」の3つを選ぶことができるので、普通の出品なら「通常サービスを出品する」を選びます。



そうすると下記の出品ページにたどりけますので、あなたが英語でできるサービスの詳細を書いて投稿するだけです。


たったこれだけで簡単に出品できます。

注意点

ただし出品前にご自分のプロフィールは作り込んでくださいね!
依頼する人はほぼ必ずプロフィールを見ますから。
できることなど嘘ではなければ、多少脚色しても大丈夫だと思います。

他の出品者のプロフィールを自由に見ることができますので参考にしてみてください。

サイト上部のナビの中にある「出品者を探す」→「翻訳/通訳者」→「英語翻訳・英文翻訳・通訳」でズラーと出品者一覧が出るので目ぼしいものを見ていくって感じです。

» ココナラの無料出品登録はこちら

依頼をしてる人を探す

次は2つ目の探し方は「依頼をしてる人」を探すことです。

では依頼人の探し方をお伝えします。

まずサイト上部のナビの一番右にある「仕事・相談を探す」を選択します。



これで仕事を依頼してる人のみページになりました。
もし英語以外にも得意なカテゴリーがあればそちらも見ればより仕事が見つかりやすいですね!

次に英語関係の仕事を探したい場合は、左にあるカテゴリーの中から「翻訳・語学」を選択します。



その次に「翻訳・語学」のサブカテゴリーがあらわれます。
英語関係の依頼は下記の赤かっこで囲ってるカテゴリーになります。


・英語翻訳・英文翻訳
・映像・メディア・出版の翻訳
・英文その他言語の校正・添削
・英語・その他言語の学習相談
・オンライン語学レッスン

上記の5種類が英語の仕事があるカテゴリーになります。
なのでここから自分にできる仕事はないか探します。

試しに英語系の依頼がいくつあるか数えたところ軽く1000件はありました。
探すのが大変なほどですよね汗

なので探せば英語を学習してる人ならできる仕事は多くあると思います!

「仕事・相談を探す」が攻めとしてら、「出品する」は受け身になります。
まずは出品して、依頼がくるまでは自分で探すのがおすすめですね!

» ココナラで仕事を探してみる

ココナラにはどういった仕事があるの?

では次にどういった仕事があるのか見ていきましょう。

翻訳系


まず一番多いのは翻訳系ですね。

翻訳の範囲は、動画内容、契約書、料理レシピ、歌詞など英語の文章はほぼ対象になっています。

自由に翻訳していいと思いきや、中には上記の画像にあるセンテンスを日本語の四字熟語やことわざに変えてほしいなどもありました。

もちろんプロレベルのクオリティーは必要ありませんし、文法さえわかっていれば辞書を引きながらでもできます。

それにクオリティーを本気で求める人はプロに頼んでますしね。

校正・添削系


校正・添削系もいくつかありました。

校正・添削の範囲は、大学のレポート、ブログ記事、日記、試験内容など依頼者が用意した英語の文章はほぼ対象になっています。

校正とは誤字脱字や文法の誤りを正すこと。添削とは文章の構成や表現を含めて書き加えたり削ったり改めたりすることです。

もともとある英文を綺麗に直すわけですから、翻訳以上に文法力は必要になってきますね。
ぜひ文法には自信あるという方は挑戦してみてください!

オンラインレッスン系


あまり数はなかったですが、オンラインレッスン系もありました。
レッスンのような、かしこまった感じというより英語での話し相手的な意味合いの方が強いですね。

パッと見た感じ、ある程度、英語を話せる方であればできる内容でした。


» ココナラの無料出品はこちら

勉強方法を教える系


勉強を教えてほしいではなくて、勉強方法を教えてほしいといった依頼も多く見受けられました。

もし自分自身の経験に合うものがあったら、それを説明するだけで稼げてしまいます。

電話代行系


グローバル社会になったからでしょうか。
海外サービスのアプリやサイトへの電話お問い合わせを代行する依頼も見受けられました。

ナレーション系


英語でナレーションや朗読してくださいといった依頼も数は少なかったですがありました。

YouTube界隈が盛り上がってきてますので、海外進出したいYouTuberからの依頼も増えるかもですね!

» ココナラの無料出品はこちら

他のクラウドソーシングでも探してみましょう

クラウドソーシングはココナラだけではありません。
下記記事のサイトでも多くの案件を取り扱っているので一緒に登録してしまいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

上記はパッと調べて目立ったものだけをピックアップしてみたもです。
その他、下記に変わった依頼を載せておきます!

・あとは発音チェックしてほしい
・英語のホテル予約サイトから希望にあうホテルを教えてほしい
・英会話教材を作ってほしい
・あなたの英語の悩みを教えてほしい

また自分ではできないことは格安で依頼することもできるので登録しておいて損はないと思います。

このコロナの時期だからこそ、新しい働き方を見つけてみてもいいのではないでしょうか?

関連ページ

ココナラ 公式サイト:https://coconala.com/



ほかの英語の仕事情報関しては「英語の仕事情報まとめページ」をご覧ください。

この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 また広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。» 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています





●こちらも合わせてどうぞ