マカオポーカー旅行記2日目「ウェイティングの長さに幻滅編」

シティーオブドリームズ ポーカールーム

マカオ旅行1日目を読んでいない方はこちらから。


マカオポーカー旅行2日目、起床したのは昼の12時頃。
脳が興奮してたのであまり寝れなかったです。

本日はシティー・オブ・ドリームズ(COD)の夕方からデイリートーナメントに出ようと前日に決めていました。夕方までは前日、ウェイティング人数が多すぎてプレイできなかったベネチアンでプレイすることに。

ホテルの部屋の窓から。
真ん前のいびつな建物は2017年オープン予定のMGMコタイカジノホテルです。
MGMコタイカジノホテル

ベネチアンに行くも・・・

シェラトンのカジノ内レストランでご飯を食べてからベネチアンへ。

ウェイティング18人!

事前のネット情報では、ベネチアンはそこまでウェイティングはないと書いてあったけど、2日連続で長蛇の列(笑)

週末だからか!? やはり行ってみないとわからないこともありますね。でも昨日の26人よりマシかってことでウェイティングリストに加えてもらう。

ポーカールームのウェイティングシートで。
ベネチアン ポーカールーム
だけどこれが選択ミス。

まったくウェイティングが減らない(涙) なんでみんなやめないの?
2時間ほど経って残り8人まで進んだけど、そこからまったく進まない。進む気配すらない(笑)

テーブル余ってんだからテーブルオープンしてくれればいいのに。ディーラー足りないのかな。

結局、3時間半でギブアップ。まったくもって時間のムダでした。ベネチアンのウェイティングが10人以上の場合は気をつけましょう。

マカオタワーにバンジージャンプしに行く

CODのトーナメントまで1時間半くらいあったのなぜかマカオタワーまで行ってみる。

マカオタワー、あれが有名なんです。

そう・・・
バンジージャンプ

これやるために来たんですよ。ギネスに認定された233mの高さからのバンジーは世界NO1とのこと。

お値段は52,500円!!
高すぎでしょ(笑)

日本のポーカー仲間と「初日、勝ったらやるよ」と約束してたので背に腹はかえられません。
でも正直やりたくない(笑)

とりあえずカウンターで申し込みをしようとしたら、いま3時間待ちとのこと!
え!そんなに待つの?っておもわず聞き返しました。

後ろを振り返ると待っている人がわんさか。
ここだけじゃなく他の場所にも待っている人がいました。ここでもウェイティングかよ(笑)
マカオタワー バンジージャンプ 待っている人
こんなに人気のアトラクションなんだ。なめてた。

んーバンジー待ってたら、どう考えてもトーナメントには間に合わないな〜ってことで秒で諦めました(笑) 内心、ガッツポーズしたのは言うまでもない!

あとスカイウォークというマカオタワーの周りを歩くアトラクションもありました。
おーこわそー。
マカオタワー スカイウォーク

シティー・オブ・ドリームズへ

マカオタワーを後にし、CODへ。
ちなみにマカオタワーからCODには、無料シャトルバスがタワー入り口から出てるのでバスで向かいました。

ここCODにはPokerStars直営のポーカールームがあります。
ACOPやMacau Poker Cupの会場としても有名ですね。
シティーオブドリームズ ポーカールーム
ポーカールームに行ってみるとトーナメントの開始時間を1時間読み違えていました。もうスタートして1時間以上経っている。。

参加人数も少なそうだしどうしようかと連れと悩んでたら、トーナメントだけはなくリングゲームも2卓オープンしているじゃないですか。それもウェイティング2人。てことで急遽、トーナメントはキャンセルしてリングゲームに参加で。

ポーカールームのウェイティングシートから。
シティーオブドリームズ ウェイティングシート
んですぐに2人とも呼ばれる。隣同士の席。バイイン4,000HKDでプレイスタート。

うまい人が多いしミスプレイはあまり見ない。1時間たって私はバイインくらいで連れは少し削られている。
私もあまり増やせないし連れも調子悪そうなので、結局1時間足らずでウィンに移動しました。

ここでは+400HKDです。

CODはウィンよりレベル高めでした。わざわざPokerStarsのポーカールームに来てるってことは、やっぱポーカー玄人が集まるのかな。

結局、ウィン・マカオへ

またまたタクシーに乗ってウィンへ。
ウィン・マカオ 入り口
やっぱり落ち着く! ほんと居心地のいいルームです。
ウィン・マカオ ポーカー テーブル
30分くらい待ってから、バイイン5,000HKDでプレイスタート。ウィンは回転率がいいし、ウェイティングが増えるとテーブルをオープンしてくれる場合もあります。

早々に自分より弱そうな相手を見つけ、じょじょにチップを増やす。たいてい中国人のおじさん、おばさんですが(笑) 日本人の若者は基本強いのであまり相手しません。

ダブルアップくらいのところで、連れが「疲れた」とまた言ってきたのでAM3時くらいに終了しました。

ここでは+4,890HKDです。

やっぱルームが自分に合っていると、なんか調子がよくなってきますね。

本日のお役立ち

この日は日本円で約77,000円勝ち。ウィンでプレイスタート直後は下振れたんですが、弱い相手のクセを見つけてからはじょじょに増やすことができました。

よくテーブルに合わせて自分のプレイスタイルを変えろと言われています。例えば、ルーズなテーブルならタイトに、タイトなテーブルならルーズに。

でも、もっと突きつめるなら対峙する相手やポジションに合わせてプレイスタイルを変えるべきです。「強い人か弱い人か」「タイトな人かルーズな人か」「相手よりインポジションかアウトポジションか」「今のポジションで参加すべきハンドか否か」は最低限考えてもいいんじゃないでしょうか。

私はまずテーブルの現状が「穏やかか荒れてるか」を見極めたあと、プレイヤーを一人ずつ分析していきます。その上で誰とどのハンドでどのポジションでいつ勝負するかを決めます。

【シティー・オブ・ドリームズでの収支】
レート:25-50HKD NLH
参加バイイン:4,000HKD
収支:+400HKD

【ウィン・マカオでの収支】
レート:25-50HKD NLH
参加バイイン:5,000HKD
収支:+4,890HKD

【2日目トータル収支】
収支:+5,290HKD

●訪問したカジノの情報
店名:ザ・ベネチアン・マカオ・カジノ(澳門威尼斯人娛樂場)
住所:澳門[乙水]仔金光大道望徳聖母湾大馬路
電話番号:853-2882-8888
営業時間:24時間
定休日:年中無休
行き方:マカオ空港よりタクシーで5分、フェリーターミナルよりタクシーで15分

●訪問したカジノの情報
店名:シティー・オブ・ドリームズ・カジノ(新濠天地娛樂場)
住所:澳門路氹連貫公路
電話番号:853-8868-6688
営業時間:24時間
定休日:年中無休
行き方:マカオ空港よりタクシーで5分、フェリーターミナルよりタクシーで15分

●訪問したカジノの情報
店名:ウィン・カジノ(永利娛樂場)
住所:澳門外港填海区仙徳麗街
電話番号:853-8986-9966
営業時間:24時間
定休日:年中無休
行き方:マカオ空港よりタクシーで20分、フェリーターミナルよりタクシーで約10分

●訪問した観光名所
スポット名:マカオタワー(澳門旅遊塔)
住所:澳門觀光塔前地
電話番号:853-2893-3339(アクティビティ予約)、853-8988-8656
営業時間:10:00-21:00(土日祝日は9:00ー21:00)
定休日:年中無休
行き方:マカオ空港よりタクシーで20分、フェリーターミナルよりタクシーで約10分


以下では私が初心者のときから世界で勝負するまでに読んで役に立った本を厳選してご紹介しています。世界で勝負したい方にとっては必読書もあるので合わせてどうぞ。

   


この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 また広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。» 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています





●こちらも合わせてどうぞ