【搭乗レポート】AirAsia(エアアジア航空)【マニラ→ボラカイ島】

【搭乗レポート】AirAsia(エアアジア航空)【マニラ→ボラカイ島】

先日、マニラからボラカイ島へ行くのに、LCC航空会社のエアアジア航空を利用したので搭乗レポートを書いてみます。

アジアの各都市間の路線を多く持っており、サイトも日本語対応しているので日本人ツーリストの利用も多い航空会社です。

今回、私が利用したボラカイ島への便は、珍しくエアアジアが一番安かったので利用しました。

フィリピン旅行記についてはこちらから。


AirAsia(エアアジア航空)とは

エアアジアは2001年に設立されたマレーシアのLCC(格安航空会社)です。就航数などの規模としてはアジア最大のLCCになります。

積極的な経営戦略でLCC業界をリードし続け、今では、エアアジアX、タイ・エアアジア、インドネシア・エアアジア、フィリピン・エアアジアなどグループ会社すべてを合わせるとアジア太平洋地域の24カ国120都市以上の都市に就航し、東南アジア・オーストラリア最大のLCCネットワークを誇っています。

エアアジアの基本戦略は機内サービスなどを簡素化し、限られた機材で運行する「低価格運賃」です。最近では、2016年にエアアジアXがLCCでは初となる日本からハワイ(関西国際空港-ホノルル間)の就航便をスタートさせ、従来の航空会社の半分以下という価格帯で大きな話題を呼びました。

ネットで航空券を購入

航空券を取るにはAirAsiaのサイトで予約します。

サイトが日本語対応してるので簡単に購入できます。

搭乗レポート

今回、搭乗したのはマニラのニノイ・アキノ空港(NAIA)からゴドフレド・P・ラモス空港(旧名:カティクラン空港)への便です。余裕を持って搭乗2時間前に着きました。

セブパシフィック航空のカウンターはニノイ・アキノ国際空港のターミナル4です。ターミナル4は成田空港のターミナル3よりも簡素な作りで平屋建てです。
ニノイ・アキノ空港(NAIA) ターミナル4
ターミナル4の内部。チェックインカウンターが並んでいるだけの簡素な作りです。
ニノイ・アキノ空港(NAIA) ターミナル4 内部
カティクラン行きのチェックインカウンターでチェックイン。予約番号を伝えて身分証(パスポート)を見せるだけで大丈夫です。
ニノイ・アキノ空港(NAIA) ターミナル4 チェックインカウンター
ターミナル4の待合室。フィリピンでは飛行機のディレイがよく発生しますので、電光掲示板や放送はチェックした方がいいです。また待合室、機内ともにすごく寒いので長袖シャツは必須です。
ニノイ・アキノ空港(NAIA) ターミナル4 待合室
搭乗ゲート。今回は20分遅れで搭乗開始。前回は機内で離陸まで1時間待たされました。
ニノイ・アキノ空港(NAIA) ターミナル4 搭乗ゲート
搭乗した飛行機。機材はAIRBUS A320-200。定員は150名程度の近・中距離向け小型旅客機です。
AirAsia(エアアジア航空) AIRBUS A320-200
タラップから搭乗。
AirAsia(エアアジア航空) AIRBUS A320-200 搭乗
後ろからも搭乗できます。
AirAsia(エアアジア航空) AIRBUS A320-200 搭乗
タラップから見たコクピット。
AirAsia(エアアジア航空) AIRBUS A320-200 コクピット
内部は3席×3席の単通路。
AirAsia(エアアジア航空) AIRBUS A320-200 内部
座席幅は他のLCCと変わらない狭さ。
AirAsia(エアアジア航空) AIRBUS A320-200 座席幅
座席ポケットにはフードメニュー、安全のしおり、機内誌の「Travel 3SIXTY°」。
AirAsia(エアアジア航空) AIRBUS A320-200 フードメニュー
AirAsia(エアアジア航空) AIRBUS A320-200 安全のしおり
AirAsia(エアアジア航空) AIRBUS A320-200 Travel 3SIXTY°
離陸してから約1時間10分でゴドフレド・P・ラモス空港(旧名:カティクラン空港)に到着。周りは森です。
ゴドフレド・P・ラモス空港(旧名:カティクラン空港) 滑走路
滑走路で降ろされますのでバスで空港ターミナルへ向かいます。
ゴドフレド・P・ラモス空港(旧名:カティクラン空港) バス
空港ターミナル。「Bracay Airport」とも書かれていますね。
ゴドフレド・P・ラモス空港(旧名:カティクラン空港)

本日のお役立ち

セブパシとあまりサポートは変わらないですね。

ボラカイ行きはセブパシ、エアアジア、SKY JETの3つの中からその時、安い会社の飛行機に乗ればいいと思います。

それと離陸したあとエアコンがガンガン効いて寒かったですね。なので長袖のシャツなど羽織れるものは絶対に必須!!





●フィリピン旅行するならこの一冊で十分です

地球の歩き方編集室, ダイヤモンド・ビッグ社
この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 また広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。» 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています





●こちらも合わせてどうぞ