Googleの対話型AI「Bard」とは?特徴やChatGPTとの違いを解説

Googleの対話型AI「Bard」特徴やChatGPTとの違いは?

この記事は、Googleの対話型AI「Bard」について以下のことを知りたい方に向けた記事です。

・BardってどんなAIなの?
・Bardを使ったらどのようなことができるか知りたい
・ChatGPTとの違いが知りたい

Bardとは、2023年2月にGoogleが発表した対話型AIサービスです。現在AIサービスで世界的に話題となっているChatGPTの対抗サービスとして、Bardは注目を集めています。

とはいえ「BardはどんなことができるAIなの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、Bardの特徴や発表された背景、使用上の注目点などを紹介します。Googleが全力を挙げて開発を進めているBardについて詳しく知りたい方はぜひ最後までお読みください。

AIスクールのご案内
もし、3ヶ月で初心者からAIエンジニアになりたい方オンラインAIプログラミングスクール「Aidemy Premium」がおすすめ! 無料オンライン相談会も開催中!
» アイデミープレミアム公式サイト

Googleの対話型AI「Bard」とは?

Bardのトップページ

Googleの対話型AI「Bard」は、AI技術を利用した最先端のチャットボットです。ユーザーとの自然な会話を通じて、さまざまな質問に答えたり、ユーザーにアドバイスしたりすることができます。

このBardにはGoogleが開発する大規模言語モデル「LaMDA」が使用されています。LaMDAとは「Language Model for Dialogue Applications」の略称です。従来のAIモデルと比較してはるかに自然な会話を実現できます。

そのため、LaMDAが搭載されているBardでは、人間が日常的な会話をするようにAIから情報を得ることが可能です。また、LaMDAは、さまざまなトピックや質問に対応できる柔軟性を持っており、従来のAIとは一線を画す性能を持っているとされています。

Bardは、今後ビジネスや教育、エンターテイメントなど、多岐にわたる分野で活用が期待されています。

・市場調査や競合分析などの情報検索を効率的に行える
・Bardに質問することで学習や研究をスムーズに進められる
・ユーザーの好みにもとづいて映画や音楽をレコメンドする

上記のように、ユーザーの生活やビジネスシーンを大きく拡張することが可能です。

Googleのサービスは現代の生活に欠かせないものとなっていますが、今後はAIサービス「Bard」が人々の生活に根付いていくことが予想されるでしょう。

\今ならスマホで手軽にAIを試せます!/
AIカメラ - AIアバター作成アプリ

AIカメラ - AIアバター作成アプリ

App Factory Inc.無料posted withアプリーチ

Bardが発表された背景

ここでは、Bardが発表された背景を解説します。

ChatGPTのリリース

ChatGPT

Bardが発表されるきっかけの一つは、AIサービス「ChatGPT」のリリースです。

ChatGPTとは、2022年11月にOpenAI社がリリースしたチャット型AIです。大規模な言語モデルを搭載しており、ユーザーがチャット形式で質問した内容に対し、AIが流暢な話し言葉で応答することができます。

ChatGPTはWeb上の大量のテキストデータを学習しており、人間のように文章を生成することが可能です。

例えば、
・質問の回答
・文章の要約
・本の執筆

など、ユーザーに出した指示に従って文章を生成します。

細かな表現に気をつけてアウトプットすることはまだできませんが、ざっくりとした概要をつかめる文章を生成できることから、世界中で注目を集めました。

検索エンジンで覇権を握っていたGoogleは、ユーザーがGoogle検索を使用しなくなることを危惧し、AI市場に参入しています。そこで、かねてより開発を進めていた自社のAI技術を活かしてBardを発表しました。

Bardは、ChatGPTの成功を受けて発表されており、さらに高度な機能やパフォーマンスを提供することを目指しています。今後はChatGPTとBardの開発競争がより加速していくことが予想されます。

AIサービスの需要の高まり

白いAIロボット

白いAIロボット

近年、AIサービスの需要が高まっていることも、Bardが発表された背景にあります。

インターネットやスマートデバイスの普及により、現代では情報収集やコミュニケーションがますます重要になっています。そのため、効率的に情報を得たり、かんたんにコミュニケーションできるAIサービスの需要が高まっている状況です。

また、ビジネス、教育、エンターテイメントなど、さまざまな分野でAIサービスが活用されており、その効果も大きくなっています。

例えば、ビジネスシーンでは、AIサービスを活用して情報検索や意思決定を効率化することが可能です。また、教育や研究の分野では、専門家に質問できない場合でも、AIサービスを使って回答を得ることができます。

このように、AIサービスの需要の高まりは、Bardの発表に大きな影響を与えているといえるでしょう。

ChatGPTのリリース直後、世界的にAIのトレンドが形成されました。すでに多くの企業がAI市場への参入を表明しています。

例えば以下のとおりです。
・Microsoft
・Adobe
・Canva
・Meta

今後もこの流れは加速し、AIが人々の生活の一部になっていくことが予想されます。

BardとChatGPTの違い

ここでは、Googleの発表したAI「Bard」と、すでに世界的に人気のAI「ChatGPT」の違いを解説します。

言語モデル

まず、BardとChatGPTでは搭載している言語モデルが異なります。それぞれ以下のとおりです。

Bard:GPT-3.5(GPT-4)
ChatGPT:LaMDA

それぞれ確認していきます。

GPT-3.5(GPT-4)

GPT-3.5は、文章生成が得意な言語モデルです。ユーザーが投げかけた質問に対して応答したり、かんたんな文章を作ったりできます。さらにはプログラミングコードや小説の執筆といったことも可能で、ChatGPTのリリース時に言語モデルのGPT3.5も注目を集めました。

2023年3月にGPT3.5よりも進化した言語モデルGPT-4が公開されています。

GPT-4では従来のモデルよりも、ベンチマークのスコアが大きく向上しました。GPT-3.5では模擬司法試験において受験者の下位10%前後だったのに対し、GPT-4は上位10%のスコアを獲得しています。

LaMDA

Bardに搭載されているLaMDAは、2021年に公開された言語モデルです。対話アプリケーション用言語モデルとして設計されており、自然な会話の生成が可能となっています。

Googleのエンジニアは「LaMDAは感情や知性をもっている」と主張したことで話題となりました。それほどまでに、LaMDAは人間的な部分を兼ね備えていることがわかります。

また、LaMDAは、GPT-3.5(GPT-4)と同様に大規模な言語データを使用してトレーニングされており、ユーザーの質問に対して応答したりすることが可能です。

多言語への対応やさまざまトピックの内容をアウトプットすることもでき、医療や教育、エンタメなどさまざまシーンで活躍することが期待されています

得意なこと

BardとChatGPTは得意な分野にも違いがあります

Bardの得意分野や特徴は以下のとおりです。
・会話が得意
・文章生成も可能
・多言語に対応

ChatGPTの得意分野や特徴は以下のとおりです。
・文章生成が得意
・プログラミングコードや小説も作成できる
・歌詞の作成も可能

上記のように、それぞれアウトプットするのに得意な分野があります。両者は、それぞれの強みを活かして、情報提供や問題解決に役立てることが可能です。

2023年3月時点ではBardは日本で使用できないため、ChatGPTでまずはAIチャットボットに慣れてみるのをおすすめします。

情報鮮度

BardとChatGPTは、どちらもインターネット上の情報を元にして答えを生成しますが、情報鮮度には違いがあります

2023年3月時点では以下のように情報を提供しています。

・Bard:リアルタイムで最新の情報を提供
・ChatGPT:2021年9月までの情報を提供

最新の情報を求める場合はBardを、一般的な知識や問題解決に関する情報を求める場合はChatGPTを利用することが適切といえます。

とはいえ、ChatGPTを開発するOpenAI社は、公式プラグインの開発を進めており、ChatGPTでも最新の情報を受け取れるようになると発表しています。

そのため今後は、情報鮮度による違いはなくなっていくでしょう。

\今ならスマホで手軽にAIを試せます!/
AIカメラ - AIアバター作成アプリ

AIカメラ - AIアバター作成アプリ

App Factory Inc.無料posted withアプリーチ

Bardの特徴

ここでは、Bardの特徴3つを確認していきましょう。

会話形式で新鮮な情報を回答できる

Bardの最大の特徴は、会話形式で新鮮な情報を回答できることです。

ユーザーが質問を投げかけると、Bardは自然な言葉で情報を提供します。まるで一対一の対話を行っているかのようなイメージです。そのため、ユーザーは専門家に直接質問しているような体験が可能です。

また、Bardは常に最新の情報を取り入れているため、古い情報に基づいた回答をすることがない点も魅力です。世界的に注目度の高いAI「ChatGPT」では2021年までの情報しかアウトプットできません

情報の鮮度の高さで比較すると、Bardに軍配が上がるといえます。

さらに、Bardは様々な分野やトピックに関する情報を素早く取得できるため、ユーザーは時代に適した情報を効率的に得ることも可能です。

新鮮な情報をすばやく取得したい場合には、Bardを使用するのがよいでしょう。

言語モデルにLaMDAが採用されている

Bardは、言語モデルにGoogleが開発したLaMDAが採用されています

LaMDAは、自然言語処理の技術を活用して、より人間らしい会話を実現することが可能です。そのため、Bardは質問に対して適切な回答を提供するだけでなく、ユーザーとスムーズなコミュニケーションを行うことができます。

さらに、LaMDAの採用により、Bardは多様な質問に対応し、幅広い分野の知識を提供することが可能となっています。ユーザーはあらゆるトピックについて質問することができ、一つのシステムで多くの情報を得ることができる点も魅力です。

Google検索と連動して使用できる

Bardは、Google検索と連動して使用できます

Bard独自の知識ベースを持つだけでなく、インターネット上の膨大な情報を活用してユーザーに適切な回答を提供することが可能です。Google検索と連動することにより、Bardはさまざまな分野やトピックに関する最新の情報や専門的な知識を獲得できる仕組みです。

そのため、ユーザーはBardを使って、Google検索の結果を簡単に取得したり、自分が求めている情報に簡単にアクセスしたりできます。

また、BardはGoogle検索の結果を元に、質問に対する回答を生成します。そのため、より正確で信頼性の高い情報を提供できるといえるでしょう。

このように、BardはGoogle検索との連携によって、より効率的で正確な情報提供を実現し、ユーザーの情報収集や学習のサポートを行うことができる点が大きな魅力といえます。

\今ならスマホで手軽にAIを試せます!/
AIカメラ - AIアバター作成アプリ

AIカメラ - AIアバター作成アプリ

App Factory Inc.無料posted withアプリーチ

Bardの導入によって起こりうる変化

ここでは、Googleの発表したBardが導入されることによって起こりうる変化について紹介します。

AI検索時代の到来

虫眼鏡で拡大された英文

虫眼鏡で拡大された英文

Bardの登場により、インターネット検索の方法が大きく変わり、AI検索時代が到来するのではないかと予想されています。

AI検索が主流になれば、これまでのキーワード検索による情報収集から、より直感的で人間らしい会話形式の検索へと移行していくでしょう。

Bardは、ユーザーが質問を投げかけるだけで、適切な情報を提供することができます。そのため、ユーザーが検索結果を一つひとつ確認する必要がなくなり、効率的に情報を得ることが可能になります。

さらに、AI検索時代が到来すれば、従来のSEO戦略にも影響を与えるはずです。BardのようなAIが検索結果を提供することで、検索エンジンのアルゴリズムやキーワード選定などの戦略の効果が薄れていきます。

その結果、より質の高いコンテンツが重要視されるようになることが予想され、ユーザーの検索体験が大きく変化していくでしょう。

Webサイトにアクセスしないユーザーの増加

アナリティクスが表示されたノートPC

アナリティクスが表示されたノートPC

Bardを使用すれば、ユーザーはWebサイトにアクセスせずとも必要な情報を得ることが可能です。

従来のようにWebサイトを訪れることなく、Bardを介して情報を収集するユーザーが増えていくでしょう。その結果、Webサイト運営者や広告主は、新たな戦略を立てる必要が生じることが予想されます。

例えば、以下のとおりです。

・Bardと連携してコンテンツを提供する
・Bardを活用したマーケティング戦略を実行する

また、これまでメディア規模の指標として重視されてきた「PV数」の価値が、薄まる可能性もあります。

コンテンツの価値が直接的なPV数ではなく、Bardを通じた情報提供の質で評価されるようになることも考えられるでしょう。

AIを活用した開発者の支援

プログラミングコードを書くエンジニア

プログラミングコードを書くエンジニア

Bardを活用すれば、開発者の支援にもつながります

Bardはプログラミングコードを生成することも可能です。そのため、開発支援ツールとして使用されることで、開発者の作業効率が大幅に向上する可能性があります。

例えば、エラーやバグに対して、Bardは適切な修正方法や改善策を提案することができます。そのため、開発者はより短時間で高品質なソフトウェアを開発することが可能となるでしょう。

また、教育分野においても大きなインパクトを与えることが予想されます。学校教育でプログラミングを学ぶ学生がBardを使用することで、学習の効率を高めることが可能です。

さらに、Bardは多言語に対応しているため、世界中の開発者や学習者が、言語の壁を越えて技術情報を共有し合うことができるようになります。

Bardが開発者のサポートを細かく行うことで、イノベーションの加速につながっていくことが予想されるでしょう。

\今ならスマホで手軽にAIを試せます!/
AIカメラ - AIアバター作成アプリ

AIカメラ - AIアバター作成アプリ

App Factory Inc.無料posted withアプリーチ

Bardを使用する上での注意点

ここでは、Bardを使用する上での注意点を3つ確認していきましょう

すべての情報が正確ではない

フェイクニュースが表示されたノートPC

フェイクニュースが表示されたノートPC

BardはChatGPTと同様に多くの情報を提供できますが、すべての情報が正確であるとは限りません

言語モデルは大量のデータから学習しているため、間違った情報や古い情報が混ざり、そのままユーザーに提供する可能性があります。

そのため、重要な意思決定をする際や専門的な知識が必要な場合は、Bardから得られた情報を鵜呑みにせず、必ず他の情報源や専門家の意見を確認するようにしましょう。複数の情報源を確認して、情報の信頼性を確認することが重要といえます。

Bardが提供する情報については、常に批判的な目で見て、信頼性について確認することをおすすめします。自分自身で情報の正確性を確認するスキルを磨くことも、Bardを効果的に活用する上で欠かせません。

AIが提示した情報の正誤をユーザーが判断できなければ、AIを使うメリットは大きく半減します。ユーザーも一定の知識を身につけることが必要といえます。

機密情報を入力しない

虫眼鏡とメモ帳

虫眼鏡とメモ帳

Bardには、機密情報や個人情報を入力しないように注意しましょう

なぜなら、Bardはインターネット上でアクセス可能なサーバーに接続されており、第三者に情報が漏れるリスクがあるからです。

例えば、個人情報や企業の機密情報などの重要な情報をBardに入力することは避けた方がよいでしょう。

実際に、アマゾンやマイクロソフトでは、「ChatGPT」に機密情報の書き込みを行わないことを社内に通達しました。マイクロソフトのエンジニアは、AIが社内の機密情報を今後の学習モデルに使ってしまう恐れがあると説明しています。

このようにAIで取り扱う情報には、十分に注意する必要があります。

また、Bardを利用する際は、個人情報保護に関する法律や規則に従い、適切な情報管理を行うことが重要です。不要なトラブルや法的な問題を避けるためにも、プライバシーポリシーやガイドラインをチェックして利用していくのがよいでしょう。

エラーや不具合が起きる可能性がある

ERRORの文字が表示されているスマートフォン

ERRORの文字が表示されているスマートフォン

Bardでは、エラーや不具合が起こる可能性があり、注意が必要です。

AIシステムは複雑であり、さまざまな要因で問題が発生することがあります。例えば、サーバーのトラブルや通信障害などが起これば、適切なアウトプットができなくなったり、AIからの応答がなくなったりします。

実際にChatGPTは、リリース直後の急激なユーザーの増加に対応しきれず、エラーが多発しました。月間アクティブユーザーが1億人に達したことで、ネットワークが混雑し、正常に動作しない不具合が起きています。

また、ネットワークの混雑以外にも、原因不明のエラーが複数のAIで確認されています。エラーが発生した際は、再度ページを読み込んだり、ユーザーの少ない時間帯に利用したりすると解決する場合もあり、使用する環境や状況を再度確認してみるとよいでしょう。

Bardを使用する際には、エラーや不具合に遭遇した場合に備えて、適切な対処方法を知っておくことが重要です。重要なタスクや緊急時には、Bardだけに頼らず、他の情報源や手段も用意しておくことが望ましいといえます。

\今ならスマホで手軽にAIを試せます!/
AIカメラ - AIアバター作成アプリ

AIカメラ - AIアバター作成アプリ

App Factory Inc.無料posted withアプリーチ

Bardの今後や将来性

ここでは、Bardの今後の予定と将来性について確認していきます

今後リリース予定

Bardはまだ全ての国でリリースされておらず、2023年3月時点ではアメリカとイギリスにて一般公開されています。

日本ではまだ未公開ですが、Googleは「今後より多くの国と言語に拡大する」と予告しています。Bardが公開されれば、AI技術と高度な検索機能によって、今後もユーザーにより便利なサービスを提供していくはずです。

AI領域でのライバルであるChatGPTはすでに日本でもサービスを開始しているため、Bardもすみやかに対応することが予想されます。

今後リリース予定の機能やアップデートには、より精度の高い検索結果の提供や、多言語への対応が含まれています。これによって、世界中のユーザーが言語の壁を越えて情報を得ることができ、より広い知識を得ることが可能になるでしょう。

Google検索とBardは共存する

BardはGoogle検索と連動して稼働することが発表されているため、両者は共存してサービス提供されていくことが予想されます。

そもそもGoogle検索とBardは、それぞれ異なる特長を持っています。

・Google検索:Webページへのリンクを提示することで情報を提供
・Bard:質問に対して直接的な回答を提供

そのため、Google検索とBardはそれぞれの特長を活かし、共存しながら情報検索の方法を広げていく可能性が高いです。ユーザーは、自分にとって最適な検索方法を選択し、効率的に情報収集を行うことができるといえます。

開発者向けにAPIの公開予定

Bardは、開発者向けにAPIの公開が予定されています。

これにより、ユーザーはBardの機能を自身のアプリケーションや、Webサービスに組み込むことができるようになります。例えば、開発者はBardの検索機能を利用して、ユーザーが簡単に情報を得られるアプリケーションを開発可能です。

また、BardのAPIを活用した開発者支援ツールが登場することで、開発者の作業効率が大幅に向上する可能性もあるでしょう。

BardのAPIの公開により、開発者はBardを活用して新たなサービスやアプリを開発し、イノベーションを促進することができます。情報検索の方法が多様化し、開発者の支援が強化されることが期待されます。

AIスクールのご案内
もし、3ヶ月で初心者からAIエンジニアになりたい方オンラインAIプログラミングスクール「Aidemy Premium」がおすすめ! 無料オンライン相談会も開催中!
» アイデミープレミアム公式サイト

Googleの対話型AI「Bard」のまとめ

今回は、Googleの発表した対話型AI「Bard」について紹介しました。

AI領域は2023年の一大トレンドであり、人々の生活様式を大きく変化させることが予想されています。実際にAIを使って仕事を始める人も増えており、AIと人間が共同で過ごす世界が到来しています。

またGoogleだけでなく、MicrosoftやMetaなどの大企業もすでに参入しているため、今後のAI市場の動向に目が離せません。ぜひ本記事でAIについて学んでいきましょう。

最後に本記事の要点をおさらいします。

本記事の要点
・Bardは、AI技術を利用した最先端のチャットボット
・会話形式で新鮮な情報を回答できる
・大規模言語モデル「LaMDA」が使用されている
・ChatGPTのリリースを受けてBardを発表した
・Google検索と連動して使用でき
・すべての情報が正確ではないことに注意する

なお、AIについてより理解を深めたい方は以下の記事もご覧ください。



この記事の著者:ETweb編集部
プロフィール
ETwebは、最新テクノロジーを紹介している専門メディアです。発信内容としては、最新テクノロジーの紹介・利用方法・ニュースをETweb編集部が厳選してお届けしています。また、皆さまがが将来、海外で活躍できるように英語についての記事も執筆しています。広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。ETwebの理念については私たちについてをご覧ください。
» Twitterアカウントはこちら

●こちらも合わせてどうぞ