オンライン英会話「産経オンライン英会話」の口コミ・評判と詳細

オンライン英会話「産経オンライン英会話」の口コミ・評判と詳細
産経オンライン英会話 ロゴ
産経オンライン英会話公式サイト

総合評価 (4.0ポイント)

料金
講師の質
教材の質
人気度
レッスンの質
サポートの質

産経オンライン英会話の口コミ・評判

Takashiさん
(30代前半・男性)
日常英会話とビジネス英会話を並列して学習しています。だいたいのスクールは、どちらかだけなので両方学べるんで、すごく助かります。というか、こんな値段でビジネス英会話を本当に受けちゃっていいのかと毎回思います。
Satsukiさん
(20代後半・女性)
デパートで販売をしています。こちらの職業別英会話教材が気になり、申込みをしました。実際レッスンしたところ、教材を元にいろんな設定でロールプレーイングした経験が、実際の外国のお客様への接客で、ものすごく役に立ちました。源氏亜、『小売店編』が終わって『レストラン編』を進めています。接客業の方にはおすすめです。
Kojiさん
(30代前半・男性)
フィリピン人だけとのことで少し心配でしたが、実際レッスンを受けてみたら、ネイティブより発音指導を細かくしてくれます。コストパフォーマンスもいいですし、初心者〜中級者くらいはこちらで全然大丈夫です。
Tadashiさん
(20代後半・男性)
料金が安い。これに尽きます。とくに私は毎日2コマ50分を受けたかったので、こちらの50分プラン9,981円はかなりお得感を感じます。また教材もすべて無料で提供されているので至れり尽くせりです。
Satomiさん
(20代前半・女性)
教材の種類が豊富だと思いました。それに日常会話、TOEIC、ビジネスが一緒のコースで受けられるのは嬉しいですね。他はビジネスコース、TOEICコースと分かれている場合が多いので助かっています。たまにビジネス英会話を気分転換で学ぶといい息抜きになります。
Koichiさん
(30代後半・男性)
産経グループというネームバリューで安心して申し込みしました。実際に使ってみたところ、講師はとても優しく、明るいので気持ちよくレッスンを受講することができました。たとえば話したい言葉が思い浮かばず、詰まったときも辛抱強く待ってくれたりします。特に初心者にとって良いスクールだろうなと思います。

 

産経オンライン英会話の口コミ募集
E.T.web編集部では、産経オンライン英会話をご利用された方の口コミを募集しています。他のユーザーのお役に立ちますので、ぜひご協力お願いいたします。

E.T.web編集部スタッフが実際に使ってみた感想

産経オンライン英会話は、フジテレビを要する産経グループが運営しているオンライン英会話で、豊富なカリキュラムを揃えてるスクールになります。

実際にレッスンを受けてみると、日常英会話はもちろん、TOEICやビジネス英会話のカリキュラムも網羅されており、幅広いユーザーのニーズをカバーしてると思いました。すべてのカリキュラムを合わせると1,000分以上の濃厚なレッスンが受けられる量になります。また教材も初級・初中級・中級・中上級と分かれており、自分に合ったものを選ぶことができます。

料金は税込6,090円/月と毎日レッスンをしてる他大手スクールより安く設定されており、懐にも優しいですね。
※参考→DMM英会話6,480円、ネイティブキャンプ6,480円、レアジョブ6,380円

特におもしろかったのは、職業別英会話があり、外国人がよく来る5つの職業で使う英会話を45レッスン分も学ぶことができます。職業は「小売店」「レストラン」「鉄道」「タクシー」「郵便局」などがあり、これらの職業で働いてる方には特におすすめです。

まとめると産経オンライン英会話は、料金を抑え、多種多様なカリキュラムを受けたい方におすすめのスクールです。


産経オンライン英会話の特徴

大手新聞社グループの産経オンライン英会話は、日常英会話はもちろんビジネスにも特化したオンライン英会話スクールです。

その産経オンライン英会話の大きな特徴は以下になります。

料金が安い
毎日レッスンがある他大手スクールより料金が安く設定されていいます。なんと1レッスンが196円で受けられる安さです。また2コマ50分コースは9,981円と10,000円を切る破格料金で受講できます。

カリキュラムが豊富
日常英会話はもちろん、ビジネス英会話、職業別英会話、TOEIC、ニュースディスカッションなど豊富なカリキュラムが揃っており、すべて受講することができます。

採用率1.2%の狭き門
採用率1.2%の5段階の選考をクリアした突破した優秀な外国人講師が揃っています。

2つの教育ISO認証を取得
オンライン業界初、2つの教育ISO認証を取得したスクールになります。取得したISOは、ISO29990:2010(非公式教育・訓練における学習サービス)、ISO29991:2014(公式教育外の語学学習サービス)になります。

自習教材も豊富
1,200種類の教材データ・音声ファイルダウンロードで通学・通勤中もリスニング強化できます。

職業別英会話コースがユニーク
5つの業業別に使える英会話を学ぶことができます。職業は「小売店」「レストラン」「鉄道」「タクシー」「郵便局」。少し希望を言えば、もうちょい業種を増やしてほしいなと思います。

徹底した発音チェック
産経オンライン英会話では発音を厳しくチェックされます。レッスン後に気になった発音についてのフィードバックもあります。またベータ版ですが、AIを活用した英語発音自習サービス「Aispeak」を使うこともできます。

サービス詳細

サービス名産経オンライン英会話
サービス開始日2012年10月
運営会社産経ヒューマンラーニング株式会社
本社所在地東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア
レッスン料金 ●毎日25分プラン
月額6,090円(税込)/毎日25分(1レッスン分)
●毎日50分プラン
月額9,981円(税込)/毎日50分(2レッスン分)
●週末毎日50分プラン
月額6,090円(税込)/金・土・日のみ50分(2レッスン分)
●大学入試外部検定試験対応プラン
月額10,175円(税込)/毎日1〜4レッスン
●プラスチケット(オプションサービス)
・プラス1チケット:712円(税込)
・プラス15チケット:4,379円(税込)
・プラス30チケット:8,046円(税込)
・プラス45チケット:11,000円(税込)
●コーチング型短期集中プログラム(オプションサービス)
・ライト:2ヶ月82,500円(税込)
・スタンダード:3ヶ月107,800円(税込)
●⽇本⼈コンサルタントによるオーダーメイドセッション(オプションサービス)
1コマ/25分:3,300円(税込)
●メールライティング講座(Eラーニング+添削)
1コース:38,500円(税込)
●語学留学(フィリピン)
1週間:50,800円〜(レッスン・宿泊・⾷事込み、航空券別)
※入会金、教材費は無料
講師について ・フィリピン人
・講師の品質管理(ISO取得)
教材費無料
レッスン時間 / 形式25分 / マンツーマン
レッスン受付時間 早朝5:00〜深夜25:00
レッスンの予約・キャンセル ・予約は開始5分前まで可能
・キャンセルは開始60分前まで可能
通信ツール スカイプ
無料体験レッスンあり(25分×2回)
料金の支払い方法 ・クレジットカード決済(VISA、JCB、MasterCard、AMEX、Diners)、PayPal、銀行振込
・その他のオプションプランについては、クレジットカード、コンビニ決済またはPay-easy、銀行振込、携帯キャリア決済が可能
サポート メール
公式サイト https://learning.sankei.co.jp/

料金プラン詳細

産経オンライン英会話の料金プランは、毎日レッスンか週末だけのレッスンかで異なってきます。また特別枠として「法人企業向けプラン」「教育機関向けプラン」も存在します。

●毎日25分プラン
月額6,090円(税込)/毎日25分(1レッスン分)
●毎日50分プラン
月額9,981円(税込)/毎日50分(2レッスン分)
●週末毎日50分プラン
月額6,090円(税込)/金・土・日のみ50分(2レッスン分)
●大学入試外部検定試験対応プラン
月額10,175円(税込)/毎日1〜4レッスン
●プラスチケット(オプションサービス)
・プラス1チケット:712円(税込)
・プラス15チケット:4,379円(税込)
・プラス30チケット:8,046円(税込)
・プラス45チケット:11,000円(税込)
●コーチング型短期集中プログラム(オプションサービス)
・ライト:2ヶ月82,500円(税込)
・スタンダード:3ヶ月107,800円(税込)
●⽇本⼈コンサルタントによるオーダーメイドセッション(オプションサービス)
1コマ/25分:3,300円(税込)
●メールライティング講座(Eラーニング+添削)
1コース:38,500円(税込)
●語学留学(フィリピン)
1週間:50,800円〜(レッスン・宿泊・⾷事込み、航空券別)
※入会金、教材費は無料

プラスチケットは受講中プランのレッスンに加えて追加でレッスンを受講できるチケットです。受講期限は購⼊⽇より1ヵ⽉間になります。

『エアライン業界特化型キャビンアテンダント⾯接突破対策プログラム』というコースも以前まであったのですが、2020年6月30日をもって一旦サービスを終了しました。

講師の詳細

現在、産経オンライン英会話には厳選されたフィリピン人講師が在籍しています。それらの講師は講師一覧ページから簡単に予約できます。

産経オンライン英会話 講師

講師に関しては、合格率1.2%たらずの採用基準を突破した者だけが講師になれ、採用後も産経オンライン英会話独自のトレーニングを受け、レッスンの質を高める努力がされています。

教材の種類

産経オンライン英会話ではオリジナル教材が無料で使えます。また教材は公式サイトから中身を見ることができます。
産経オンライン英会話 教材
主な教材は以下になります。

・トライアルA教材【TRIAL A】
・トライアルB教材【TRIAL B】
・日常英会話 初級
・日常英会話 初中級
・日常英会話 中級
・日常英会話 中上級
・ビジネス英会話 初級
・ビジネス英会話 初中級
・ビジネス英会話 中級
・ビジネス英会話 中上級
・小売店【職業別英会話】
・レストラン【職業別英会話】
・鉄道【職業別英会話】
・タクシー【職業別英会話】
・郵便局【職業別英会話】
・大学入試外部検定試験対応
・「学校教科書準拠」英会話テキスト
・Building TOEIC Skills(Beginner)
・Developing TOEIC Skills(Intermediate)
・Mastering TOEIC Skills(Advanced)
・JAPAN Forward(ニュースディスカッション教材)
・News in Levels(ニュースディスカッション教材)


産経オンライン英会話に向いてる人・向いてない人

以下を参考に、あなたが産経オンライン英会話に向いてるか判断できます。

産経オンライン英会話に向いてる人
料金を安く抑えたい方
日常英会話とビジネス英会話の両方学びたい方
職業別英会話を学びたい方
毎日、レッスン時間を作れる方
レッスンをできるだけたくさん受けたい方
法人・教育機関で使いたい方

産経オンライン英会話に向いてない人
週2〜3回くらいしか時間を作れない方
ネイティブ講師から学びたい方
25:00〜5:00の間もレッスンを受けたい方

産経オンライン英会話の効果のある使い方

以下は、産経オンライン英会話の効果が実感できた使い方です。実際に私自身が3ヶ月受けてみて、確実に成長が確認できたことだけをご紹介しています。

産経オンライン英会話の効果的な使い方 中学レベルの英文法と単語は理解しておいた方がいい
産経オンライン英会話と並行して中学レベルの英文法の勉強もしましょう。文法を知ることでレッスン中に詰まったりすることも確実に減ります。わかりやすいテキストなら何でもいいですが、オススメは「Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル」です。

積極的に話す
あなた次第で1時間分の会話が25分でできます。なので、だれよりも話すつもりでレッスンに挑みましょう。文法的に怪しいなと思っても、『とりあえず伝えてみる』を何度も試して、その都度、講師に指摘してもらえば大丈夫です。

聞き取れなかったフレーズはちゃんと聞き返す
わからないことを曖昧にする生徒さんもいらっしゃいます。はじめは聞くのが怖いと思いますが、それだと成長しません。ちゃんと「もう一回言ってくれませんか?」と伝えましょう。それでも分からなければ、チャットボックスに書いてもらってください。

定番フレーズについては『オンライン英会話のレッスンで使える定番フレーズ集』をご覧ください。

予習・復習は必ずする
予習・復習しないと半分も記憶に定着しません。最低限、習った範囲の見直しくらいはしましょう。

初心者はフリートークレッスンは控える
初心者がフリートークレッスンを選ぶと黙り込んでしまうケースがよくあります。だってトークの引き出しがないから当たり前。フリートークは、3ヶ月ほど教材ベースのレッスンをして基礎力を高めからにしましょう。

また、やみくもにフリートークを始めるのではなく、なにかしらの「テーマ」を決めてスタートしましょう。

補足:フリートークのテーマを決めるコツ
・テーマを決めてそれについて
・世界的なニュースについて
・講師の国の文化・観光スポットについて
・趣味や仕事について
・将来の夢について

講師の選び方
初心者のうちはなるべく「講師歴」「日本語レベル」「対応レベル」「専攻科目」の4つの軸で判断しましょう。詳しい選び方については後述します。

毎日やる
何事も継続。これが一番大事。なので、「最低3ヶ月は毎日受ける!」と心に決めましょう。たった1ヶ月では話せるわけがありません。

産経オンライン英会話の無料体験レッスンまでの登録方法

パソコンでの登録方法

こちらではパソコンでの無料会員登録から無料体験レッスン申込みまでの手順をご説明します。

1.まずは無料会員登録からスタートです。下記の公式サイトへアクセスしてください。
» 産経オンライン英会話 公式サイト

2.次に画面右上にある『無料体験レッスン』をクリックします。
産経オンライン英会話 無料体験申込み

3.次に『氏名』『メールアドレス』『パスワード』を入力して、『確認画面へ進む』をクリックします。
※利用規約、プライバシーポリシーも読んでおきましょう
産経オンライン英会話 会員登録フォーム

4.次に入力内容を確認して正しければ、『送信する』をクリックします。
産経オンライン英会話 確認画面

5.以下の画面が表示されたら、指定したメールアドレスに産経オンライン英会話からメールが届いているか確認してください。
産経オンライン英会話 確認メール送信完了

ちゃんと届いていますね。
産経オンライン英会話 確認メール受信

6.メール内にある『URL』をクリックします。注意点としては、メールが届いてから24時間以内にURLをクリックしてください。
※もし24時間を超えたら、認証に失敗するので登録し直してください
産経オンライン英会話 メール url

7.以下の画面が表示されたら、会員登録作業が終わりです。『会員ログイン』をクリックします。
産経オンライン英会話 ログイン

8.次に『メールアドレス』『パスワード』を入力し、『ログイン』をクリックします。
産経オンライン英会話 会員ログイン画面

ここまでできたら、『失敗しない講師の選び方』までジャンプし、講師を選んでレッスン予約してみましょう。

スマホでの登録方法

こちらではスマホでの無料会員登録から無料体験レッスン申込みまでの手順をご説明します。産経オンライン英会話の場合はパソコン版と手順はほぼ同じです。


1.まずは無料会員登録からスタートです。下記の公式サイトへアクセスしてください。
» 産経オンライン英会話 公式サイト

2.次に画面右上にある『無料体験レッスンお申し込み』をクリックします。
産経オンライン英会話 スマホ 無料体験申込み

3.次に『氏名』『メールアドレス』『パスワード』を入力して、『確認画面へ進む』をクリックします。
※利用規約、プライバシーポリシーも読んでおきましょう
産経オンライン英会話 スマホ 会員登録フォーム

4.次に入力内容を確認して正しければ、『送信する』をクリックします。
産経オンライン英会話 スマホ 確認画面

5.以下の画面が表示されたら、指定したメールアドレスに産経オンライン英会話からメールが届いているか確認してください。
産経オンライン英会話 スマホ 確認メール送信完了

ちゃんと届いていますね。
産経オンライン英会話 スマホ 確認メール受信

6.メール内にある『URL』をクリックします。注意点としては、メールが届いてから24時間以内にURLをクリックしてください。
※もし24時間を超えたら、認証に失敗するので登録し直してください
"産経オンライン英会話 スマホ メール url

7.以下の画面が表示されたら、会員登録作業が終わりです。『会員ログイン』をクリックします。
産経オンライン英会話 スマホ 確認メール送信完了

8.次に『メールアドレス』『パスワード』を入力し、『ログイン』をクリックします。

それでは実際に体験レッスンの予約をしてみましょう。

失敗しない講師の選び方

1.産経オンライン英会話にログインした状態で、上部にある『レッスン予約』をクリックします。
産経オンライン英会話 ホーム ナビ

2.次に初回だけアンケートに答えます。
産経オンライン英会話 アンケート

3.次に入力したアンケート内容を確認して正しければ、『送信する』をクリックします。
産経オンライン英会話 アンケート確認

4.レッスン予約ページが開きますので、日本語レベル『簡単な会話は可能』講師歴『3年以上』を選択し、『もっと詳しい検索条件を表示』をクリックします。
産経オンライン英会話 レッスン予約

4.次に、対応レベル『初心者・初心者向け』『初中級向け』専攻科目『英語学』『外国語学・言語学』は必ず選択して、『この条件で検索する』をクリックします。
産経オンライン英会話 予約詳細

5.そうすることで初心者向けの講師だけを絞り込めます。あとは講師一覧が表示されるので、あなたの希望する時間にあった講師を選びましょう。
産経オンライン英会話 講師一覧

気になる講師を見つけたら、その講師ページに移動して、『得意教科』『音声メッセージ』『先生からのメッセージ』『おすすめポイント』を確認して良さげな講師を選びましょう。慣れてきたら、音声メッセージを聴いて英語力や発音をチェックしてみるのもいいでしょう。また講師ページを見すぎると悩むので、3ページ以内に決めるようにしましょう。

補足
良い講師に巡り会えたら、必ずお気に入りに登録しておきましょう。

レッスンの予約方法

では、実際に講師を選んでレッスンを予約しましょう。



1.まずは下記の公式サイトへアクセスして、Skypeをインストールし、設定してください。スマホ・タブレットの場合はSkypeアプリをダウンロードしてください。
Skype公式サイト

2.次に講師を選んだら、その講師がレッスン予約できる時間にあなたの都合があえば、その時間帯の『予約する』をクリックします。都合があわなければ、別の講師を探しましょう。
産経オンライン英会話 講師予約

3.次に『ニックネーム』『Skype名』を入力して、『登録』をクリックします。
産経オンライン英会話 ニックネーム、Skype名入力

4.次に、レッスンスタイル『テキストレッスン』希望のカリキュラム『トライアルA教材(TRIAL A)』を選択して、『確認画面へ進む』をクリックします。
※トライアル教材は体験レッスン用の教材です。2回目の体験レッスンではトライアルB教材を選びましょう。
産経オンライン英会話 レッスン内容入力

5.次に日時とレッスン内容が正しければ、『上記の内容で予約する』をクリックします。
産経オンライン英会話 レッスン内容確認

6.以下のポップアップが出たら無事、予約完了です。レッスン日時まで『トライアルA教材(TRIAL A)』をよく読んで予習しておきましょう。
※トライアル教材はトップページ→『カリキュラム教材』→『体験レッスン』からダウンロードできます。
産経オンライン英会話 予約完了画面

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は産経オンライン英会話の口コミ・評判と詳細でした。無料体験レッスンの申込みは5分もかかりませんので、お手すきのときにでもお試しください。

では今回は以上になります。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

関連ページ

・産経オンライン英会話 公式サイトhttps://learning.sankei.co.jp/

この記事を書いた人:岩本ミナイ
プロフィール
外国語大学卒業後、プログラマになる。英語を活かし、社内では数多くの英文システム仕様書の翻訳業務に携わる。今までのTOEIC最高点は960点。現在はフリーランスエンジニアとしてwebシステムの開発をしながら旅をしています。当サイトではみなさまに有益な英語学習と最新テクノロジー情報を発信しています。 また広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。» 詳しいプロフィールはこちらを

Twitter
←最新情報を更新しています





●こちらも合わせてどうぞ