【乗車レポート】京成高速バス「東京シャトル」【東京駅→成田空港】

【東京駅〜成田空港】京成高速バス「東京シャトル」乗車レポート

先日、マカオ旅行の際にバスタ新宿〜成田空港行きのエアポートリムジンバスを利用しようと、ネットを見たら片道3,100円とのこと。

た、高いな。。

てことでネットで行き方を調べてみると東京から片道900円の京成高速バス「東京シャトル」があるじゃないですか!しかし、よく見ると東京駅から出発。最寄駅の新宿からだとわざわざ東京駅に出なければならない。

うん、時間かかりそうだ(笑)

まーでもこんな格安のバスも面白そうだし乗ってみることにしました。
そのときの乗車レポートです。

ネットでチケットを購入

まずはネットから片道乗車券の予約です。発車オ〜ライネット楽天トラベルから購入できます。発車オ〜ライネットの方はAM3:00~AM5:00の間、購入できなかったので、私は楽天トラベルで購入しました。

注意点として1点、900円は予約した場合の料金であって予約しなかった場合は1,000円になります。未予約の人は直接、東京シャトルのバス停で購入できます。
満席の可能性もなきにしもあらずなのでネットであらかじめ買っておくことをオススメします。

乗車

まずは新宿駅から東京駅まで地下鉄丸ノ内線で向かいました。
キャリーバック
東京駅八重洲北口から徒歩5分ほどのところに東京シャトルのバス停があります。
バス停はちょっとわかりづらい。下記はバス停の住所です。

東京都中央区八重洲1-4-21

大きな地図で見る

バス停に着くと行列が。。
バスを並んでるのかなと思ったら未予約のお客さんが乗車券を買うための列でした。
乗車券を予約している人は、列に並ばず列より先に乗れます。

そうこうしている内にバスが。
東京シャトルバス バス亭
一番先に乗れたので最前列の席に座りました。
東京シャトルバス 前の席
席ごとにコンセントがあったのでiphoneを充電。コンセントなしの便もあるようです。
東京シャトルバス コンセント
1時間ほどで成田空港第2ターミナルに到着しました。
深夜便や早朝便だと道路もすいているのでもっと早く着くと思います。
東京シャトルバス 成田空港

本日のお役立ち

今回初めて乗ってみた感想としては、予想してたより車内はなかなか快適でした。900円のバスということもあり、めちゃくちゃ狭くてキツキツのバスかなと思っていましたが、900円なら全然許せる範囲です。

それに所用時間1時間なので車内で旅行先での予定を再確認したりしていたらあっという間に着きます。

乗車券については予約した方が未予約のお客さんより優先的に乗れるし、乗車券を購入する行列に並ばなくていいのでオススメします。
あと早朝便・深夜便の本数も多いですし、人によっては使えるバスなのではないでしょうか。

ちなみに時間を第一優先とするなら新宿からだと電車が一番早く着きます。

新宿から成田空港までの電車のルート
※上から順に成田空港に早く着きます
1. JR山手線で日暮里駅 → 京成スカイライナーに乗り換えて成田空港まで:2,670円
2. JR中央線で東京駅 → 成田エクスプレスに乗り換えて成田空港まで:3,390円
3. 都営新宿線で本八幡駅 → 徒歩 → 京成八幡から京成本線で成田空港まで:1,230円
4. JR山手線で日暮里駅 → 京成本線で成田空港まで:1,230円

東京シャトルの乗車レポートはこちらから。
関連記事:【乗車レポート】格安高速バス「THEアクセス成田」【東京駅→成田空港】

【東京駅〜成田空港】京成高速バス「東京シャトル」乗車レポート

コメントを残す