【要約】ガーシー本「死なばもろとも」の内容・実名暴露も?

【要約】ガーシー本「死なばもろとも」の内容・実名暴露も?

今回は2022年8月2日に販売されたガーシー(東谷義和)氏の処女作「死なばもろとも」を読み終えたので、この本の要約書評をご紹介します。

8月2日の販売日ちょーどに届きました。
ガーシー本 死なばもろとも

目次はこんな感じ。
ガーシー本 死なばもろとも 目次
ガーシー本 死なばもろとも 目次 東谷義和
ガーシー本 死なばもろとも 目次 東谷義和

目次第1章 逃亡者
第2章 しゃべりだけで成り上がる
第3章 芸能界への扉
第4章 アテンダーという裏家業
第5章 酒と女とカネと反社
第6章 死なばもろとも
第7章 社会の不満が生んだ怪物

では、さっそく要約を見てみましょう!

ガーシー(東谷義和)(著), 出版社:幻冬舎, 編集者:箕輪厚介

暴露された芸能人一覧

本書では、ガーシーによって実名暴露されている芸能人・スポーツ選手がかなりの人数載っていました!
ここでは晒されている人を一覧化してみました。

暴露されてるタレント&スポーツ選手 ロンブー田村淳(お笑い芸人)
品川裕(お笑い芸人)
島田紳助(お笑い芸人)
木下隆行(お笑い芸人)
ヒカル(YouTuber)
伊藤英明(俳優)
金子賢(俳優)
三浦翔平(俳優)
山田孝之(俳優)
新田真剣佑(俳優)
綾野剛(俳優)
高岡蒼甫(俳優)
小出恵介(俳優)
観月ありさ(女優)
広瀬アリス(女優)
山下智久(ミュージシャン)
亀梨和也(ミュージシャン)
細川たかし(ミュージシャン)
ミックジャガー(ミュージシャン)
長渕剛(ミュージシャン)
TAKUYA∞(ミュージシャン)
Taka(ミュージシャン)
桑原彰(ミュージシャン)
田中聖(元ミュージシャン)
梨花(タレント、モデル)
DAIGO(タレント、ミュージシャン)
ほしのあき(タレント、グラビアアイドル)
明日花キララ(タレント、元AV女優)
中山エミリ(タレント)
松浦勝人(経営者)
中井英治(経営者)
氏家英行(アテンダー、元サッカー選手)
古山義邦(アテンダー、元サッカー選手)

この一冊だけで、これだけの数の著名人が晒されています。良い内容の暴露もありますが、残念ながら、だいたいが人に聞かれて恥ずかしい暴露でした。個人的には、武勇伝や誰と誰が喧嘩した、シメたなど動画で語られていない部分が多く、読み応えがありました。

ガーシー(東谷義和)(著), 出版社:幻冬舎, 編集者:箕輪厚介

「死なばもろとも」のストーリー要約

ここでは、この本のストーリーの要約をご紹介します。本書のおおまかな内容は、ガーシーの自叙伝的なストーリーで構成され、その中で関係のあった芸能人・著名人を暴露しまくってるといった本でした。

ページ数は219ページなので、1日あれば読み終えることができます。
ガーシー本  死なばもろとも ページ数

ガーシーが暴露系YouTuberになった理由

まず、始まりはガーシーがなぜ暴露系YouTuberになったかが詳しく書かれています。

動画でも語られている通り、裏カジノでのギャンブルからのBTS詐欺、そしてヒカルによる晒し行為へ繋がる導入部が語られていました。

これらの流れがかなり細かく語られており、緊迫した海外逃亡までのストーリーが初めの章に収められていました。

個人的にはギャンブル中毒の恐ろしさを語る部分が一番ハラハラしました。本書の中に出てくる「使ってはいけないお金をギャンブルにつぎ込みだしてからがギャンブラーの始まり」という一文は、ズシンと心に響き、ギャンブル中毒者の破滅的なマインドを見事に描写しています。

ガーシーの大阪時代

次に、ガーシーが大学を卒業してどんな仕事をして稼いできたのかが克明に書かれていました。

特に映画「パッチギ!」、走り屋漫画「ナニワトモアレ」の世界を忠実に生きてきたガーシーが、どのように成り上がり、ギャンブル狂の道に突き進む部分が一番おもしろかったです。

ガーシーが芸能界でアテンダーになった経緯

次に、ガーシーが芸能界でアテンダーになった経緯について書かれていました。
ロンブー淳や島田紳助などいろんな芸能人との出会いがあり、かつコミュ力お化けのガーシーだからこそ築けたコネクション(人脈)について語っています。

毎夜行われる王様ゲームや、芸能人・経営者の喧嘩など、この時代はガーシーもチャラかったんだな〜と人間味を強く感じる章でした。

アテンダーになる方法

次に、ガーシーがいよいよアテンダーとして活動していく場面が書かれていました。

それと同時にアテンダーになる方法が詳細に書かれています。まずは地方都市で地盤を固めて...とまるで選挙活動しているかのような地道さが大切なんだなと思いました。

あと「地方では一番かわいい子は、全員キャバクラにいる」というのは新たな発見でした。

芸能界と関わる反社、半グレの実態

次に芸能界と密接に関係している反社、半グレなどアウトローの話に移っていきます。
ここは描写がリアルで、関東連合など組織名が実名で出てきます。実際にガーシーが湘南やバーで絡まれた話は読んでて恐ろしかったです。

モテる男の条件

本書の終盤らへん、いろんな芸能人を見てきたガーシーだからこそ分かる「モテる男の条件」は男ならだれでも参考になるはず。

その反面、タレントに気に入られようと港区に根城を気づいている「港区女子」の実態と悲しき末路は、読んでいて一つの人間ドラマを見ているようでした。すごい世界です...。

ガーシー(東谷義和)(著), 出版社:幻冬舎, 編集者:箕輪厚介

 

ガーシーの夜遊び&グルメガイド

ガーシー本「死なばもろとも」の内容はタレントの暴露だけではありません。

日本中を渡り歩いたガーシーがおすすめする美味しい店や超優良キャバクラ&クラブ&風俗を、章と章の間にコラム形式で紹介されていました。

その内容は以下になります。

ガーシーのグルメガイド(ガシログ)
夜遊びガイド大阪編
夜遊びガイド札幌すすきの編
夜遊びガイドフーゾク編
夜遊びガイド全国のイイ女編
クラブとキャバクラの違い&口説き方編

正直、男だったらコラム部分だけでも買う価値は十分あります(笑)
これを参考に全国遊び歩くのも楽しいと思います!

ガーシー(東谷義和)(著), 出版社:幻冬舎, 編集者:箕輪厚介

ガーシー本「死なばもろとも」のまとめ

今回はガーシー(東谷義和)作「死なばもろとも」の内容の要約を紹介しました。
動画では語られていない部分も多かったので、ぜひ手に取って、芸能界の闇を垣間見てみましょう!

てか、読んでいて唯一の疑問なんですが、ページ数や章名に取り消し線がなされている理由ってなんだったんですかね?
ガーシー本 死なばもろとも 取り消し線

最後にガーシー(東谷義和)作「死なばもろとも」の特徴をまとめると以下になります。
・ガーシーの生い立ちと成り上がる方法を知れる
・動画で語られている部分を深掘りできる
・芸能人の新たな暴露を知ることができる

ガーシー(東谷義和)(著), 出版社:幻冬舎, 編集者:箕輪厚介
この記事の著者:ETweb編集部
プロフィール
ETwebは、最新テクノロジーを紹介している専門メディアです。発信内容としては、最新テクノロジーの紹介・利用方法・ニュースをETweb編集部が厳選してお届けしています。また、皆さまがが将来、海外で活躍できるように英語についての記事も執筆しています。広告掲載、記事執筆のご依頼も随時募集していますので、お問い合わせよりご連絡ください。ETwebの理念については私たちについてをご覧ください。
» Twitterアカウントはこちら

●こちらも合わせてどうぞ