3ヶ月休まずに毎日、記事を更新するためのブログネタの見つけ方

3ヶ月休まずに毎日、記事を更新するためのブログネタの見つけ方

今日でブログを運営して3ヶ月が経ちました\(^o^)/

なんとか3ヶ月、毎日記事を更新し続けることができ、ちょっと嬉しく思っています。いろいろと苦労もありましたが、3ヶ月経ってみれば、ほんとあっという間でした。

ブログを開始する前は1ヶ月ネタが続けばいい方と思っていたのですが、意外とネタはあるもんなんですね。

ということで今回は私が、いつもどのようにブログネタを見つけているかについてお話しします。

ネタ元をいかに効率的に見つけるかが大切

日々更新している中で、私がいつも思うことはいかに多くの記事をストックをするかです。特に私みたいに毎日更新する派のブロガーはおそらくほとんどの方がそうだと思うんですが、常時、予約設定している記事がいくつかあります。

ストックすることにより、急な用事、旅行中、気分的に更新したくない場合でも予約投稿してある記事が順々に自動投稿されます。

そのため日頃は1記事以上の記事を毎日、書かなければいけません。そうなるといつも頭を悩ませるのはブログネタ。記事の質を落とさず、毎日更新し続けるだけのネタも常時用意しておかなくてはなりません。

10日くらいなら簡単です。だけど1ヶ月、2ヶ月と伸びるにしたがい、どんどんと苦しくなってきます。人間そこまで何でも知っていたり、何でも経験していたりするもんじゃないですから。

でも、それでも更新し続けるにはどうすればいいのでしょうか?

そこで私が考えたのは“ネタを1から考える”のではなくて“ネタ元を見つけてそこからネタを考える”という方法です。

例えば、ネットニュースで「新しいAndroidの新OSが開発されてバッテリー持続時間が大幅にUPした」というネタ元を見つけたのなら、そこから「OSやアプリが及ぼすバッテリー消費の実態」や「今までのAndroid OSとの比較でどのくらいよくなったのか」などの“自ら考えたネタ”をいくつも派生させることが可能です。

その”自ら考えたネタ”を一つの記事にするか、いくつもの記事にわけて書くかはブロガー次第というわけです。そのためネタ元をいかに効率的に見つけてストックしていくかが私の生命線になっています。

そういうことで今回は私がどこで”ネタ元”を仕入れているか、いくつかご紹介しようと思います。

ネタは近いところにある

街中

普段歩いているとき、周りをよく意識してみると街中は意外とネタ元が多いことに気づきます。

例えば、こちらの記事は街中でネタ元を見つけて作った記事です。昭和生まれの方が懐かしく思ってくれるかなと思って作成しました。
関連記事:【食レポ】ソフトスパゲティ ナポリタン味&甘辛カレー味 by 宮本産業

注意深く周りを意識して歩けば街中はネタ元の宝庫です。

トラブル

例えば、パソコンで作業中にシステム的なトラブルが起こり、それをなんとかして解決したとします。もうそれだけで、その解決法がそのまま記事にできます。そして自分が苦しんで対処したことは、少なからず世の中のだれかが同じようなトラブルを抱えているので有益な記事になると思います。

特にパソコン・スマホ関連はユーザー数が多いので、なにかしらのトラブルの対処法は、だれかの役に立つケースが多いです。

こちらの記事は私がトラブルに遭遇し、自力で解決したことがキッカケで記事になりました。
関連記事:Macの2ファクタ認証で同じ数字しか入力できないときの解決方法

本屋

たまに何かを買うわけでもなく本屋に行くことがあります。

本屋では私は、各ジャンルの新刊コーナーを巡って世の中の人々の興味がどこにあるかを見つけるようにしています。ジャンルにもよりますが、新刊コーナーにある本は、今一番、世の中の人々が関心のあることを題材に扱っている可能性が高いからです。

また本を買って読み終えたら、その本の書評が書けます。

こちらの記事のネタ元は本屋のダイエット・美容コーナーで数多く見かけた糖質制限ダイエットの本です。
関連記事:糖質制限ダイエットに挑戦してみて感じたメリット・デメリット

ニュース

現代はテレビだけではなくネットでも簡単にニュースが見れますし、スマホアプリにも多くの便利なニュースアプリがあります。こういったニュースは常に人々の関心度が高いので関連した記事を書くことで多くの人に読まれる可能性が高いです。

こちらはニュースでも話題になった渋谷の年越しイベントに参加したときの記事です。
関連記事:【2016-2017】ホコ天の渋谷年越しカウントダウンに参加してみて思った「今年の大晦日行く人」へのアドバイス

ストックフォトサイト

これは自分だけかもしれませんが、私はよくストックフォトサイトという呼ばれる写真素材を販売しているサイトからネタ元を見つけます。

例えば、下記の記事もそう。
関連記事:明るい性格の人の特徴とパターンから見る成功術

ただ単純に、この記事のトップ画に写っているファンキーなおっさんのような明るい性格になるにはどうすればいいのかなと思ったので記事にしました(笑)

ストックフォトサイトはニュースサイトと違って、ボーと見てるだけでも楽しいのでオススメですよ、たぶん(笑)

体験する

何かを“体験する”ことが一番、説得力のある記事が書けます。

といっても”体験する”と一言で言っても、いろいろなジャンルに分かれます。例えば、旅行に行ったり、博物館に行ったり、便利そうなアプリを使ったり、何かのイベントに参加したり・・・ほんと数多くあります。

そして何かを体験することで、あまり深く考えこまずに記事にできてしまいます。アプリを使ったなら使い方や感想だけ、博物館に行ったのなら行き方や感想だけ、旅行に行ったのなら旅行記など、自分の感じたことをそのまま記事にするだけで完成してしまいます。

なのでめんどくさがらずに、いろんなイベントに参加することをオススメします。

こちらは築地市場で食べ歩きを体験したことがキッカケで作成した記事です。
関連記事:【食べ歩き】築地場外市場グルメの楽しみ方

本日のお役立ち

いくらネタがないと言っている人でもネタ元は身近なところにたくさんあります。なのでネタがなくて悩むことは、ほとんどの人はないと思っています。

たぶん更新ができない人は、ネタから記事にする作業時間がないか面倒なためにおろそかになっているだけだと思います。実際に記事に起こす作業って画像作ったり、長い文章を書くので毎日やると結構大変なんですよね。

ただ3ヶ月も続ければ習慣化されて朝起きて記事を書かないとソワソワしてきます(笑)
なので、なかなか続けられない人は、毎日意識せずともキーボードを叩いているほど日課になるまでの辛抱だと思います!

あとオススメは毎日一つの記事を書いたあと、次の日の記事タイトルだけ記入した記事を新規作成して下書き保存しておくことです。そうすることで次の日、スムーズにスタートしやすくなります。

3ヶ月休まずに毎日、記事を更新するためのブログネタの見つけ方

コメントを残す